Loading
TOPへ
みんなに教えたいことをシェアしよう!
Avatar11
昨日、めずらしく、帰ったら塾の宿題を粛々とやっていた。そして、日曜日に買ったばかりの服を着て、意気揚々と塾に行った…。

制服おニューにしたら学校行くかな…っと不埒なことを考えてしまった…。
懇談会資料の「次学年に向けて」という項目に

・当たり前のことを当たり前にできるように

と書いてあった。
はて?「当たり前」とは何ぞや?(笑)
ちょっと嬉しいこと
ちょっと困ったこと
ちょっと笑える話を…


最近放課後、家で1人で過ごすことが多かった長男がお友達とゲームをしたいと家に招いた。
1人で遊ぶのもキライじゃないけど、やっぱりお友達と遊べると嬉しそう。
なんだか嬉しい

困ったこと。
床がスナック菓子だらけだったこと。笑


そして
男の子と遊んでる最中に一年生の妹に
「○○ちゃん今日も一緒に寝よー。」
と何故か約束。娘も失笑…

お友達はなにもいわなかったけど、母は空気の読めない息子に笑い…。

それ今、言う必要あるぅーーー??
ってか毎日一緒に寝てるよね。笑
甘えかたが独特(笑)

甘える時
なぜかにおいをかぐ
次男坊…

ツンデレ具合から
ねこちゃんだと思ってたけど

よくにおいをかぐのをみると
わんちゃんかだったのかと思う(笑)
園児のうちから不登校宣言(゚ω゚;)ノ

我が家の発達のんびり次女(年中)、
「ランドセルいらない!学校行かないもん!」
と、今朝宣言されました。
「○○、字、書けないし、おべんきょうイヤ!!」
だそうです…。

家ではゆっくりで良いんだよ~、と言ってはいるけど、お友達はお手紙書ける子もいるから出来ない自分がツラいようです。

最近、自分と他人を意識するようになって「周りと比べて自分は」と感じる場面が多いみたい。

大丈夫、と声を掛けても本人が納得出来ないんじゃどうすれば??と思っていたら、

「○○は洗濯物を畳むのが上手い!!
何か一つ取り柄があれば大丈夫!」

って旦那が褒めてました。

学校と洗濯物はあんまり関係ないけど、「これは得意!」な何かがあると気持ちが折れそうな時の支えになるかなぁ…。

旦那、たまには良いこと言う。

↓次女が自分で畳んだパジャマです。
はじめまして。20歳になる長女が、ずっと場面緘黙症で、現在は何とか日常生活に支障がない程度に話せるようにはなりましたが、社会不安症のようで、仕事が長続きしません。いろいろ勉強させて下さい。よろしくお願いします。
何度言われても悪いところを直せない。忘れてしまったり違うことに意識がいってしまったり、長続きしなかったりする

どうしたら直せるのか本人ですらわからない。

方法を思いつかない。苦手なことだ。

注意して意識すると頑張ってみても、またできなくて怒られるばかり。

僕だってちゃんとしたいのにできない。

気持ちはしっかりあるのに、うまくいかない。

トラブルなんて起こしたくない。

人に迷惑かけてるのはその時はわかるよ。自分が悪いと思ったり自分を責めるよ。でも気持ちも持続しない。

発達障害の辛さをもっとわかってもらいたい

生活するレベルで考えたら、うまくできないことなんて山のようにある。

ちゃんとしてないように見えるんだろうなあ、理解できないと思われるんだろうなあ。

発達障害は子供の癇癪とか重度の障害だけじゃないから。

普段の生活がうまくできない。不快な思いをさせる

本人もそばにいる人も本当に辛いから。

解決策も全然見つからないし。










gdgd悩んで
ストレス抱えてるくらいなら

そうだ!職安に行こう!

今まで仕事長続きしたことはないので
職種多用多数
面接も場数が違う
ポジティブポジティブ
悩んだ末にクリスマスプレゼントに選んだレゴデュプロ

朝少しお手本を見せながら遊んでみたのだけれど、夕飯の途中からやりたいやりたいと指差ししてくるので、後片付けした後また遊ぶことに


今まで積み木も上に積み重ねるばかりだったのが、少し何やら作ったり、フィギュアでごっこらしきこともしていて、初日にしては興味を持った様子

どれほど長続きするかは分からないけど、明日も誘ってみよう。ところで、レゴって出しっぱなしにしておいた方がいいのかな?
なぜ自分が「限界を超えて頑張ろう」とするのか考えてみた。

私、自分が嫌いなんです。
だから、何か越えなければならない事に出会うと、
「今ここで頑張れば自分を好きになれる!」って思ってしまいます。

頑張れなかったらもっと自分を嫌いになる。
嫌いになりすぎると、自分をどうにかしちゃいそう。
それはたぶん困るからもっと頑張る。

だから頑張り続けるのだなぁと。

ネットで見かけた「自分を好きになる方法」のひとつ、
寝るまえに自分を褒めてあげる(でしたっけ?)もやってみたんですが、長続きせず。

たぶん生きていたい気持ちが多少はあるから、働き蜂のように働き続けるのです。
そうすれば少しは好きになれて、ちょっと長く生きていられるから。


夜はいろいろ考えてしまってイヤだなぁ。