嫌なことからは脱走!そんな息子を成長させた「音楽療法」とは?

嫌なことからは脱走!そんな息子を成長させた「音楽療法」とは?のタイトル画像

「音楽療法」と聞くと、ホスピス緩和ケアや老人ホームで行われているイメージが強いですが、実は発達障害の子どもたちの療育としても取り入れられています。今回は息子を通じて知った音楽療法の奥深さについてご紹介したいと思います。

45aa4582 4461 48a9 95b7 a72f7c4c6368 s
林真紀
64432 View

欧米では当たり前?障害児向けの音楽療法

「発達障害児の療育」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?

手先のトレーニングをする作業療法、言葉の理解や発語の訓練をする言語療法でしょうか。多くの病院で発達障害児向けに用意があるのはこの2つかなと思います。かく言う私の息子も、4歳から病院の言語療法に通っています。

欧米ではこれらの療育に加えて「音楽療法」という療育方法が盛んに研究・実践されており、病院・社会福祉・障害児の療育等の現場に広く普及しています。

興味本意で通い始めてみた

息子は3歳のときに音楽療法に出会いました。私自身が翻訳の仕事をしているため、欧米の文献を日常的に目にします。その中で、発達障害児に関する欧米の研究成果を読んでいるとき、音楽療法に行き当たったのです。

幸い、自宅から車で40分ほどの隣町に、スペシャルニーズの子どもたちに向けて音楽療法を行っている場所がありました。重度知的障害のある子どもから軽度の発達障害児まで、様々な子どもたちがセッションを受けているようでした。

保険診療の対象ではないので、普通のお稽古事と同じぐらいのお月謝が必要ですが、ちょっとした好奇心で体験レッスンを申し込んでみたのです。

えっ!音楽療法を勘違いしていた私

それまで私は音楽療法について大きな誤解をしていました。

「音楽を聴いて脳を活性化させるのかな?」「クラシックを聴いて多動や興奮を抑える?」「歌を歌えるようにする?」

こんな風に音楽療法は音楽を学ぶ療育だと勘違いしていたのでした。しかし、それは全く違うということに気づきました。

音楽療法とは、子どもたちがソーシャルスキルを学ぶことを目的としており、その合図や道具として音楽を使っていたのです。これは、目から鱗でした。

セッションでは毎回息子の行動に関する目標を立て、それを達成するために音楽療法士の先生方がセッションをアレンジしてくださっています。

その目標はさまざまで、例えば「気持ちの切り替えができるようにする」「先生の真似をしてみる」「順番を待てるようにする」「アイコンタクトをしてみる」などです。

「話すときは顔を見なさい!」と頭ごなしに叱ったところでパニックを起こしてしまうだけ。
音楽療法のセッションの間は、音楽を演奏したりゲームをしたりする中で、ふっと子どもが音楽療法士の顔を見る瞬間を作るのです。その瞬間を療法士は見逃しません。すぐに褒めてくれるのです。

こういったセッションを繰り返すことで、息子は自然にアイコンタクトが出来るようになりました。
しばらくして息子は同年齢の子どもたちとのグループレッスンになりましたが、ここで3か月間ほどつまづくことになります。
大人は子どもに合わせてくれるけれど、同年齢の子ども同士では自分自身も妥協してお友達と協力しなければなりません。そんな場面では「嫌だ、帰る」と叫んでいました。

そんな時期が3か月ほど続いていましたが、療法士の先生方は根気よく付き合ってくださいました。そしてある日、息子がグループレッスンで、ふとした拍子にお友達を協力することができたのです。

お友達と協力してみたら意外に楽しかったことを知り、上手に協力できたことで息子にとって集団参加への大きな自信となっていきました。

このセッションで大切なことを学んだ息子

音楽療法を始める前の息子は、少しでも難しそうだなと思う事があると「嫌だ、帰る」と吐き捨てるように叫んで脱走してしまう子どもでした。
当然「順番を待つ」「模倣をする」などは大嫌い。嫌なことがある度に脱走していると集団の中では「協調性のない子」になってしまいます。

ですが、息子は音楽療法のセッションを通して大切なことを学びました。

「嫌だなと思っても、ちょっと頑張れば楽しくなる」ということ。音楽療法士の方々は、息子がそう実感できるような流れをセッションの中で作り続けて下さったのでした。

音楽療法に通い始めて2年。
今では順番を待つことも模倣をすることも、難なくできるようになりました。「僕、順番待てたよ~!」とニッコリ笑う姿があります。それは、小さな1つひとつを音楽療法士の先生方がたくさん、たくさん、褒めてくださったからだと感じています。

日本ではまだまだ発展途上の音楽療法。療育にはさまざまな方法がありますが、音楽療法も療育の一つとして多くの人に知ってもらえたら、と思っています。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Question history

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
41747 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4393895 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2124953 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
20491 view
2018/09/06 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。