発達障害者支援法から10年、現場の教師たちはどう変わってきたのか。スクールカウンセラーが見た風景

発達障害者支援法から10年、現場の教師たちはどう変わってきたのか。スクールカウンセラーが見た風景のタイトル画像

発達障害に対する教師の理解も年々深まりつつあります。 私は文部科学省が特別支援教育の制度を開始した当初から、大学教授の立場で小中高の先生方に向け研修会を開くなど、発達障害の理解を促す立場でもありました。この10年程、粉骨砕身する現場の声を知る度、知識とスキルを発展させている先生が増えていると感じています。先生たちとの奮闘記を交えお伝えします。

64e2e4978a70f1d0d20c585d56da7d03b6106ff6 l
25660 View

多忙な学校現場に投じられた「個別の支援」というミッション

10年以上も前のことですが、日本にも発達障害の概念が広まり、学校で個別の支援についての研修がさかんに行われだした頃、大学教員である私も、研修会の講師として各地へ頻繁に出かけていました。

子どもの状態を正しく評価し、その子に応じた支援計画を立て、学内外と連携し、たとえ障害があっても活き活きと生きられるように支援するのだと、学校の先生に向けて話して回っていたのです。

そんな中、受講した教師の言葉が風の便りに聞こえてきました。

「大学教員は新しいことをやれやれと言うが、実際に行うのは自分たち教師だ。日常業務で多忙な中、評価だ、個別の支援計画だと次々に言われたらパンクする。無責任にあれやれこれやれと言わないで欲しい」

表立って口には出す人は少ないけれど、多くの現場の教員は心の中で叫んでいたことだと思います。

今思えば、発達障害についてよく理解していない上に誰も助けてくれない中で、個の特性に応じた教育をと言われても、ただただ難題を突きつけられただけだったのかもしれません。

現場の教員への負担の軽減や、育成体制の充実などは、今も残る課題の一つです。

しかし、子どもたちのための新たな教育を開発するためには、やはり多少のストレッチというか、現場の先生たちの自己変革がなければ前進しないと思います。そして実際に、心ある教師はこの10年間にその知識とスキルを目覚ましく発展させてきています。

先生たちがフランクに話せる場所が生まれると…

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

成求 さん
2016/12/18 00:23
10年前で、発達障害者への教育に難儀する時代。成人するまで、発達障害に気付かず、何の援助も得られぬまま現在に至る。

そんな悲劇を、もう繰り返してはならない。

今後、数年後には、教育の現場での発達障害への理解が、さらに深まる事を祈ります。

コップ さん
2016/12/16 23:40
うちの息子もまさに同じです。暴れてしまうと頭が真っ白になり、泣き出し、近くにあるものを投げてしまいます。それはいつも相手による叱責や暴言などによる反応です。

そうなる前に何度も納得いかないと本人が訴えているにも関わらず、それは聞かず、やってしまったことを教師はまず、謝れ!と何時間も
個別に指導をします。一度でも暴れてしまえば
問題児扱いで本人の話は全てウソとみなし、
流して謝罪を要求します。
教育委員会が入った今も対応が変わらない教師には本人が反応し、暴言をいってしまいます。

うちの息子が通う中学校はこの記事に何も成果もない中学校です。表向きはやっていますがやったつもりなだけです。しかし、諦めません。
おかしいことはおかしいと言っていいです。
泣き寝入りはしません。変えていきます。

Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

通級指導教室とは?対象は?通級による指導の内容や通い方、ほかの特別支援教育との違いを紹介しますのタイトル画像

通級指導教室とは?対象は?通級による指導の内容や通い方、ほかの特別支援教育との違いを紹介します

通級による指導は小・中学校の通常学級に在籍する障害のある児童の特性に合わせた個別の指導です。保護者にとって、子どもの就学先選びは非常に大き...
進学・学校生活
17353view
2017/04/29 更新
「すべての子どものための教育」インクルーシブ教育って?背景、具体的な取組み、課題点についてのタイトル画像

「すべての子どものための教育」インクルーシブ教育って?背景、具体的な取組み、課題点について

インクルーシブとは、「包括的な」「包み込む」という意味です。インクルーシブ教育の導入により、就学先決定の仕組みや、通常学級で障害のある子ど...
進学・学校生活
43271view
2016/09/20 更新
特別支援教室とは?どんな制度?通級との違いは?特別支援教室を徹底解説します!のタイトル画像

特別支援教室とは?どんな制度?通級との違いは?特別支援教室を徹底解説します!

特別支援教室は、インクルーシブ教育を推進するために今後導入される制度で、おおむね通級による指導を置き換える制度です。2017年現在、東京都...
進学・学校生活
17800view
2017/03/30 更新
子どもの精神薬服用をどう考える?揺れる親心に寄り添うスクールカウンセラーのタイトル画像

子どもの精神薬服用をどう考える?揺れる親心に寄り添うスクールカウンセラー

スクールカウンセラーが解決の糸口を探る時、現場教師に何度もヒアリングを重ね様々なアプローチから提案を行います。場合によっては薬物療法の提案...
進学・学校生活
13369view
2017/01/18 更新
「発達障害」と呼ばないで。学校に馴染めず苦しむ子どもたちに眠る”スペシャルタレント”を育もうのタイトル画像

「発達障害」と呼ばないで。学校に馴染めず苦しむ子どもたちに眠る”スペシャルタレント”を育もう

かつて東京都内の中学校で、心障学級・通級情緒障害児学級などを受け持っていた森薫(もりかおる)先生。2012年には学びリンク総合研究所所長に...
発達障害のこと
34475view
2017/01/26 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。