コミュニケーション障害とは?俗称と医学的定義の違いは?症状の種類や原因、治療方法まとめ

コミュニケーション障害とは?俗称と医学的定義の違いは?症状の種類や原因、治療方法まとめのタイトル画像

コミュニケーション障害とはことばを扱うことに対して障害が発生する疾患です。インターネットなどでは「コミュ障」として認識されている場合もありますが、実際の疾患の特徴はこれらの認識とは少し異なります。そこで本記事では医学的観点からコミュニケーション障害について詳しく説明します。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 l
127794 View
目次 コミュニケーション障害とは コミュニケーション障害の種類

コミュニケーション障害とは

医学上のコミュニケーション障害と、俗語の「コミュ障」の違い

近年コミュニケーション障害は“コミュ障”として一般的に知られるようになりました。いわゆる“コミュ障”という言葉は、2ちゃんねるなどのBBS(掲示板)やSNS(ソーシャル・ネットワーク)で作られたネット用語です。

この“コミュ障”の特徴としては、重度の人見知りで人とまともに話すことができない、緊張して異性と話すことをむずかしいと感じる、同じ言葉を連呼する、どもってしまう、他人に興味がなく自分の意見を押しつけてしまう、などの傾向にある人のことを指すことが多いようです。

しかし医学的な観点から見たコミュニケーション障害は、この“コミュ障”とは少し異なります。

アメリカ精神医学会による診断基準である『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)においてコミュニケーション障害とは、ことばを扱うことに対して障害が発生する複数の疾患が一つにまとめられた、コミュニケーション症群/コミュニケーション障害群(Communication Disorders)という総称として認識されているのです。

コミュニケーション症群/コミュニケーション障害群とは?

コミュニケーション症群/コミュニケーション障害群とはことばを扱って他者とコミュニケーションをとることに困難が生じる疾患群です。具体的には、

・言葉を相手に伝わるように発声することが困難である
・すらすら、止まらずに話すことが困難である
・他の人と円滑に会話することが困難である
・相手の話していることを上手くくみ取ることが困難である
・正しい言葉の使い方をすることが困難である


といった症状が挙げられます。

人は認知や発声など多くの機能・能力をつかって他者とコミュニケーションを図ります。そのためコミュニケーションに何かしらの障害が生じている場合は、特定された一つの原因が作用している訳ではありません。

その上、発症する症状は疾患によってさまざまです。そこで症状に合わせた5つの疾患が定められ、コミュニケーション症群/コミュニケーション障害群としてまとめられているのです。

5つの疾患とは言語症、語音症、小児期発症流暢症(吃音)、社会的(語用論的)コミュニケーション症、および特定不能のコミュニケーション症群です。

これらの疾患は主に幼児期、小児期、青年期に発症する傾向があり、成人になった後にいきなり発症することはあまり認められていません。

本コラムではコミュニケーション症群/コミュニケーション障害群を、以下コミュニケーション障害と表記します。

コミュニケーション障害の種類

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

ナギ さん
2017/01/17 06:58
私はPDD ではなく、ADHD と診断されました。家族や親しい人とは話せる、とありましたが、その家族にさかえ、上手く自分の気持ちを伝えられません。対人関係が苦手で、家族に対しても、それが出てきてしまっているのでしょうか。心理士さんから、自分の感情や想いを言葉にする事が苦手な様です、自分の気持ちを抑制しているから余計に。とありました。周りや友人にはカミングアウトはしてません。発達障害は様々なので難しいと思います。隠すつもりはないので、言った事ありますが、知らない人が多いからです。私は地方在住だから余計に。家族会も特定のしかありません。

高萩きずな さん
2016/12/29 14:03
よく最近はコミュ障聞きますね。
私も個人的に書いてるエッセイで、コミュ障の説明をしたことがありますが、個人的な理解力ではなかなか難しいですね。
ここでは医学的にも説明してくださってるのて、詳しく分かりました(^-^)
私もコミュ障(ネットスラング的に)あるので、正しく使い分けしたいです。

Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

カナー症候群(カナー型自閉症)とは?アスペルガーとの違い、症状、年齢別の特徴、子育て・療育法を紹介!のタイトル画像

カナー症候群(カナー型自閉症)とは?アスペルガーとの違い、症状、年齢別の特徴、子育て・療育法を紹介!

「カナー症候群」とは知能や言葉の発達の遅れ(知的障害)を伴う自閉症の通称です。現在の医学的な診断名としては「自閉症スペクトラム」と呼ばれる...
発達障害のこと
25601view
2017/06/21 更新
臨床発達心理士とは?臨床心理士との違いは?役割や資格取得の流れ、支援・サービスまとめのタイトル画像

臨床発達心理士とは?臨床心理士との違いは?役割や資格取得の流れ、支援・サービスまとめ

臨床発達心理士とは、人々の発達・成長・加齢に寄り添って「人の健やかな育ち」を支援する専門家の資格です。子どもからお年寄り、子育て中の保護者...
発達障害のこと
9239view
2017/07/12 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害とは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害です。自閉症やアスペルガー症候群な...
発達障害のこと
693137view
2016/09/29 更新
素行障害(CD)とは?症状や原因、ADHDとの関わり、周囲の対応法などを詳しく解説しますのタイトル画像

素行障害(CD)とは?症状や原因、ADHDとの関わり、周囲の対応法などを詳しく解説します

素行障害とは社会で決められたルールを守らず、反社会的な行動を起こし続けてしまう疾患です。素行症や行為障害と呼ばれることもあります。ADHD...
身のまわりのこと
32834view
2016/12/27 更新
臨床心理士とは?役割と資格、支援を受けられる場所、発達障害・不安障害の相談・療法・検査まとめのタイトル画像

臨床心理士とは?役割と資格、支援を受けられる場所、発達障害・不安障害の相談・療法・検査まとめ

臨床心理士は人のこころにアプローチしていく専門家で、国家資格ではなく民間資格ですが知名度の高い資格です。今回は発達障害や不安障害で悩んでい...
発達障害のこと
16451view
2017/03/10 更新

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

熱性けいれんとは?対処方法やてんかんとの違い、危険なけいれん状態などについて詳しく解説しますのタイトル画像

熱性けいれんとは?対処方法やてんかんとの違い、危険なけいれん状態などについて詳しく解説します

熱性けいれんとは発熱時に起こる意識障害を伴う全身けいれんのことです。ひきつけとも呼ばれ、乳幼児期によく発症します。けいれんは自分の意志とは...
発達障害のこと
18973view
2017/08/17 更新
てんかんとは?原因や発作の種類、発達障害との合併や支援制度について紹介します!のタイトル画像

てんかんとは?原因や発作の種類、発達障害との合併や支援制度について紹介します!

てんかんは慢性的な脳の疾患で、けいれんなどの発作が起こります。100人に1人の割合で老若男女誰にでも発症する疾患です。てんかんの発作にはい...
発達障害のこと
91787view
2017/08/17 更新
夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介のタイトル画像

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介

夏休みの宿題、うまくいかずに悩んでいる親子も多いのではないでしょうか?一人ひとりの特性ごとに、その困りごともいろいろ。フォローする親のスト...
学習・運動
629view
2017/08/16 更新
国家資格の「公認心理師」誕生!臨床心理士との違いは?受験資格や経過措置をわかりやすく解説します!のタイトル画像

国家資格の「公認心理師」誕生!臨床心理士との違いは?受験資格や経過措置をわかりやすく解説します!

2017年9月に公認心理師法が施行されると、心理職初の国家資格「公認心理師資格」が誕生します!これまで、日本国内の心理職は「臨床心理士」と...
将来のこと
20081view
2017/08/09 更新
発達障害の子どもとの夏休みはどう過ごす?よくあるお悩みと対処法5選!のタイトル画像

発達障害の子どもとの夏休みはどう過ごす?よくあるお悩みと対処法5選!

いよいよ8月、子どもの夏休みにちょっとお疲れの保護者の方も多いのではないのでしょうか?子どもにとってはワクワクの夏休みも、「宿題が計画的に...
自分と家族のこと
13463view
2017/08/07 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。