ズレを抱えたままの存在が、愛おしいー『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公開記念トーク(後編)

ズレを抱えたままの存在が、愛おしいー『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公開記念トーク(後編)のタイトル画像

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公開記念トーク、後編。

「普通」に話せないのなら、「普通」でないやり方で、誰かとつながることができる。映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』には、そんな小さな奇跡があちこちに散りばめられています。

原作者の押見修造さん、主演の南沙良さんと、LITALICO発達ナビ鈴木編集長が、自分を表現し、伝えることについてそれぞれの思いを語りました。

132987d1 9f5f 4f00 b7bb 59f3ad30d2e4 s
柳瀬徹
13183 View
「喋れないんなら 紙に書けばいいじゃん」

閉ざされていた志乃の毎日に風穴を開けたのは、加代のぶっきらぼうな一言でしたーー。

漫画家・押見修造さん原作の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公開記念トーク、後編。
ちぐはぐな自分を、受け止めてくれたからーー映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公開記念トークのタイトル画像
関連記事
ちぐはぐな自分を、受け止めてくれたからーー映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公開記念トーク
主演の南さんも原作者の押見さんも、「喋れない」けど「伝えたい」ことを、演技やペンで伝えようとしています。「普通」とは何なのか。「普通」にならなくても、伝えられることがあるー。トークの後半では、映画のクライマックスシーンを振り返りながら、伝えること、表現することに対するそれぞれの思いを語りました。

ズレがあるから愛おしい

ズレを抱えたままの存在が、愛おしいー『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公開記念トーク(後編)の画像
「僕はズレがないとその人を愛おしいと思えないです」(押見氏)
Upload By 柳瀬徹
鈴木 吃音に限らずコミュニケーションの困難は、誰かがサポートすることで緩和されることもあるんですけど、まったくなくなるわけではありません。ゼロが100になったり、100がゼロになるわけではないし、そもそも誰もがコミュニケーションにズレを感じているんだと思うんです。

加代は音楽が好きだけど、自分で歌おうとすると世間の「いい歌」の基準からズレてしまう。志乃はスムーズな日常会話はできないけど、加代のギターで歌うとそのズレから解放される。菊地はしゃべりまくってみんなの注目を集めようとすればするほど、周囲から浮いて孤立していく。でも本当は、全員がポンポンと会話をする必要なんてないですよね。

押見 僕はズレがないとその人を愛おしいと思えないです。コミュニケーションがつるっとスムーズにできる人よりも、どこかにズレを抱えているほうが、人間の振れ幅が大きいんじゃないかな、って。マンガでもそういう人物のほうがキャラが立ちますね。

鈴木 女優は自分と違う人間を演じながら、振れ幅を意図的につくるお仕事でもありますよね。役を演じることで、ふだんの自分自身の振れ幅が大きくなることもありますか?

 ありますね。私は、プチ反抗期はあっても大きな反抗期がぜんぜんなかったんですが、ある作品で親にすごく反抗する子を演じていた時期は、両親に対するあたりが強かったです。

鈴木 ご両親はイヤだったでしょうね(笑)。

 イヤがってましたね(笑)。ふだんはチャンネル争いなんてしないのに、勝手に変えられるとイラッときて、ケンカになったりとか。

押見 撮影が終わって変わりましたか?

 少し優しくなりました(笑)。

「魔法」はいらないのだと思う

ズレを抱えたままの存在が、愛おしいー『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公開記念トーク(後編)の画像
「2人が初めて街に出て歌うシーンもよかった。あそこから泣いてました」(鈴木)
Upload By 柳瀬徹
鈴木 映画の『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』ではどのシーンがいちばん印象に残っていますか?

 やっぱりクライマックスの、体育館のシーンです。どうやって演じるか、監督さんとすごく話しあったんですけど、最後に「思ったことをそのまま表現してください」と言われました。

鈴木 押見さんはその撮影現場にいらっしゃったんですよね。

押見 南さんの後ろのほうで、スケッチしながら見ていました。肩にすごく力が入って背中が丸くなってて、本気で泣きながら、絞り出すようにして叫んでいましたよね。ああ、本当に志乃になってくれたんだなと思って、嬉しかったです。映画のはじまりから、志乃はずっとうつむいていましたよね。

 うつむいてましたね。

押見 最後もうつむきながら叫ぶところがすごくよかった。

鈴木 そのあとに来るラストは明かせませんけど、志乃の日常が少しだけ新しいものになったことを予感させるシーンでしたね。

 志乃にもこんなことが起こるんだって、私も嬉しかったです。

押見 ラストシーンでも、志乃はちゃんとどもってるんですよね。

鈴木 そういえば映画のなかで加代が歌う「魔法」は押見さんの作詞ですよね。

押見 マンガで加代が歌っていた詞に曲をつけていただいたんですが、この「魔法」は「普通」に置き換えても意味は同じだと思うんです。

鈴木 普通にならなくても、伝えること、つながることはできるんだって、加代から志乃へのメッセージのような歌でしたね。

「魔法」作詞:押見修造 作曲:まつきあゆむ

魔法をください 魔法をください
みんなと同じに喋れる魔法
みんなと同じに歌える魔法

それさえあれば
それさえあれば
私は外へ出かけてゆくよ

でもどこへ行こう
でもどこへ行こう

私は今すぐ帰りたい
私は今すぐ帰りたい
みんなの知らない秘密の場所に
あのコの座る校舎の裏に

魔法はいらない 魔法はいらない
みんなと同じに喋れる魔法
みんなと同じに歌える魔法

魔法はいらない 魔法はいらない
みんなと同じに喋れる魔法
みんなと同じに歌える魔法

魔法はいらない 魔法はいらない
みんなと同じに喋れる魔法
みんなと同じに歌える魔法

つばを吐き捨ててバスに乗ろう
私は遠くに出かけていくから

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』より

出典:http://www.bitters.co.jp/shinochan/
押見 これは加代が初めて作った曲なんですが、蒔田さんの歌い方にもメロディにも、初めて作った稚拙な感じがほどよくあって、すごくよかったですね。

鈴木 映画の中盤で、志乃と加代が初めて街に出て歌うシーンもよかったですね。僕はあそこから泣いてしまいました。

押見 2人で歌う、そのキラキラ感がすごい。

 歌うのは好きなんですけど、人前で歌うのは緊張します。むちゃくちゃ練習しました。

押見 志乃が歌うとしたらこんな感じだろうな、と思いましたね。

濁っているものを「返す場所」

ズレを抱えたままの存在が、愛おしいー『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公開記念トーク(後編)の画像
「濁っているものを返す場所があるんだ、って思いました」(南さん)
Upload By 柳瀬徹
押見 僕は吃音について親にまったく相談しませんでしたし、誰にも相談しませんでした。でもちょっとした糸口、閉じた世界にちょっとした穴が開けば、考え方が変わるチャンスはあると思うんです。僕自身は学校なんて行きたくなければ行かなくていいと思っている親なんで、あまり参考にはならないかもしれませんが。

僕には小4の娘がいるので、同級生のお母さんたちと接する機会が多いんですけど、子どもについての認識が自分自身にくっつきすぎているんじゃないか、そう映る人が少なくないんです。

子どものつまずきはあくまでも子どものものであって、自分自身の人生のつまずきではないと思うんです。気持ちはわかるんですけど、自分と違う人間として、もう少し切り離したほうがいいんじゃないかな、と。自分とは違う人間なんだから、お互いの違いは否定しないほうがいいんじゃないですか。14歳に戻ったら、自分の親にそう伝えたいですね(笑)。

 『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』をはじめて読んだときに、もちろん考え方が変わったんですけど、これは誰にでもあることだな、自分の中にもあることだな、ってすごく思いました。

自分の中にある白くないものとか、濁っているものとか、真っ黒なものとか。志乃を演じてみて、濁っているものを返す場所があるんだ、って思いました。どこに戻せばいいかわからなくなるときもあると思うんですけど、自分の濁っている部分も、きっと元のままでいられる場所が、あるんじゃないかって。

押見 「返す場所」って、すごい表現ですね。そうか、返してあげればいいんだ。今、すごく腑に落ちました。

映画の志乃は、はたして「返す場所」を見つけることができたのでしょうか。その答えはぜひ劇場で確かめてください。

(完)

文: 柳瀬徹
写真: 鈴木江実子
スタイリング(南さん担当): 道券芳恵
ヘア&メイク(南さん担当): 藤尾明日香(kichi inc.)

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

ズレを抱えたままの存在が、愛おしいー『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公開記念トーク(後編)の画像
Upload By 柳瀬徹
2018年7月14日(土)より、「新宿武蔵野館」ほか全国順次ロードショー。

押見修造氏の人気コミック、待望の映画化。高校1年生の志乃は、喋ろうとするたびに言葉に詰まり、名前すらうまく言うことができない。同級生の加代は、ギターが生きがいだけれど音痴。コンプレックスから目を背け、人との関わりを避けてきた志乃と加代が出会い、小さな一歩を踏み出すけれど…。青春時代にだれもが抱いた苦悩や葛藤を、みずみずしく描いた作品。

出演: 南沙良、蒔田彩珠、萩原利久 他
原作: 押見修造『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(太田出版)
監督: 湯浅弘章
脚本: 足立紳
音楽: まつきあゆむ

原作『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

志乃ちゃんは自分の名前が言えない
押見 修造
太田出版
映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』7/14公開!悩みも葛藤もすべてを包み込む高校生たちの物語のタイトル画像
関連記事
映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』7/14公開!悩みも葛藤もすべてを包み込む高校生たちの物語
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Question history

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
39862 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4391771 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2122843 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
18853 view
2018/09/06 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。