世界中で翻訳された自閉症啓発アニメ『Amazing things happen』「僕らはみんな違う。それは素晴らしいことなんだ」制作者の想いを取材

2018/09/25 更新
世界中で翻訳された自閉症啓発アニメ『Amazing things happen』「僕らはみんな違う。それは素晴らしいことなんだ」制作者の想いを取材のタイトル画像

2017年に公開された自閉症について描いた一本の短編アニメーション『 Amazing things happen』。それは瞬く間に話題になり、29ヶ国語に翻訳され世界中でシェアされました。今回、この制作者であるイギリスのアレックス・アメリーンズさんに、作品の制作過程や作品への想いなどについて取材することができました。(取材・文/林真紀)

発達ナビニュースさんのアイコン
発達ナビニュース
33115 View

世界中で再生されている自閉症のアニメ制作者にインタビュー!

『 Amazing things happen』

2017年に公開されたある動画。公開と共に世界中で話題になり、29カ国語に翻訳され、世界中でシェアされ続けています。動画のタイトルは「素晴らしいことが起こるんだ」(原題:Amazing things happen)-自閉症の啓発を目的としてつくられたアニメーションです。

この動画をつくったのは、イギリスのプロのアニメーターであるアレックス・アメリーンズさん。今回、アレックスさんに、制作過程や作品への想いなどについてインタビューすることができました。

取材・文/林真紀
自閉症を啓発するアニメを制作したアニメーターのアレックスさん
アニメを制作したアレックスさん
Upload By 発達ナビニュース

アレックス・アメリーンズさんのプロィール

プロのアニメーター。個人で制作した自閉症を啓発するアニメが世界中で再生され話題に。公開後、英国ディスレクシア協会(British Dyslexia Association)などから依頼を受け、積極的に作品を制作している。コロンビア出身で、現在はイギリスで生活。46歳。

子どもの学校で行われた自閉症の講演をきっかけに一人で制作をスタート

─動画の反響がすごいですね。そもそもこの動画の制作はどなたが企画したのですか?

アレックスさん(以下、アレックス): 私がやろうと考えたんです。きっかけは、息子の学校で行われた自閉症についての講演でした。講演自体はとてもためになったのですが、分かりやすい視覚資料がなかったんです。ですから、プレゼンテーションにいろいろと限界がありました。

このときにパッと思いついたんです。全部アニメにできないかなと。アニメにすれば、子どもたちがもっと興味を持って観てくれるでしょうし、あとは、私自身が普段の仕事の気晴らし的につくれたら楽しいかなと。でも、元はそんな大それた計画ではなかったのです。近隣の学校で教材として使ってくれるところがあればいいかな、ぐらいの気持ちで…。

このアイデアを、息子の学校の特別支援コーディネータに話してみたところ、彼女がすぐに「つくってみてください!」と言ってくれたのです。
ミニカーで遊ぶ自閉症の男の子が描かれた「Amazing Things Happen!」のワンシーン
「子どもたちにより自閉症を分かりやすく」とつくられたアレックスさんのアニメのワンシーン
Upload By 発達ナビニュース
─始めは息子さんの学校の教材用につくったのですね。アニメ制作にはどのぐらいの期間を要しましたか?

アレックス: まず脚本を書くのですが、それに6~9カ月。脚本が仕上がったら、すぐにキャラクターやアニメのスタイルをつくり始めました。ストーリーボード(絵コンテのようなもの)を組み立てて、声の録音を先にやりました。ナレーションがストーリーの流れを決めますからね。

そして、ストーリーボードを映像化し、場面ごとに組み合わせていきました。全て自分の仕事の空き時間にやったため、完成まで2年近くかかってしまいました。

大切にした「多様性」を描き出すための工夫

世界中で翻訳された自閉症啓発アニメ『Amazing things happen』「僕らはみんな違う。それは素晴らしいことなんだ」制作者の想いを取材の画像
表情や動作をつくる作業画面のコラージュ
Upload By 発達ナビニュース
─制作において大切にしていたことは何ですか?

アレックス: 2つあります。

一つは多様性を描き出すことです。そしてもう一つは、多様性を描くために、シンプルなキャラクターデザインにすることでした。

専用のソフトを使うと、キャラクターのパーツをちょっといじれば、サイズ、身体のプロポーション、性格、エスニシティ等を変えたバージョンが無限につくり出せます。

─キャラクター設定はどんな感じで決めましたか?

アレックス: まず、異なる行動パターンを描き出すために、少なくとも5人の登場人物が必要でした。そして、場合に応じて、ほかにもさまざまなバックグラウンドを持つ登場人物が必要になると考えました。けれども、これを私1人で制作するのは大変です。ですから、描きやすいシンプルなキャラクターにしたのです。

─制作にあたって、実際に自閉症の人に取材したり、どこかを訪問したりしましたか?

アレックス: していません。するべきだったんでしょうけど。最初の段階で、自閉症というものがかなり範囲の広いものであることは感じていました。こんな言葉をご存知でしょうか。「一人の自閉症者に会ったとしても、それは多くの自閉症の中のたった一人に会ったに過ぎない」つまり、一口に自閉症と言っても、一人ひとりが全く異なっているんです。ですから私は、自閉症の子どもたちと毎日接している専門家にアドバイスをお願いしました。

何人かの人にインタビューするのも役には立つかなと思ったのですが、例えインタビューをしたところで、無限の可能性があるこの複雑な世界の、ほんのわずかな部分に過ぎないんじゃないかと思いまして…。
世界中で翻訳された自閉症啓発アニメ『Amazing things happen』「僕らはみんな違う。それは素晴らしいことなんだ」制作者の想いを取材の画像
アレックスさんのアニメ制作に協力してくれたトニー教授(左)
Upload By 発達ナビニュース
─なるほど。多様性を描き出すために、あえて取材は最小限にしたのですね。専門家からはどんなアドバイスをもらったのですか?

アレックス: 脚本段階のときに、自閉症研究の第一人者であるトニー・アットウッド教授に相談しました。トニー教授は、脚本とストーリーボードをチェックしてくださり、使っている言葉も調整してくださいました。私は、この作品は大丈夫だと太鼓判を押されたような感じがして、心強かったです。

もちろん、脚本を書くうえでの準備は怠らないようにしました。自閉症に関する本、ブログ、記事などはたくさん読みました。議論や講演などもたくさん見るようにしました。作品制作に大きなインスピレーションを与えてくれたのは、日本の東田直樹さんが書いた『自閉症の僕が跳びはねる理由』という本ですね。この本を読んで、自閉症の青年の内的な世界を垣間見ることができたのです。素晴らしい本でしたね。

予想だにしなかった世界中からの反響

『Amazing Things Happen』に登場するキャラクターのスケッチ
アレックスさんがデザインしたキャラクターたち
Upload By 発達ナビニュース
─アニメ公開後の反響はどのようなものでしたか?

アレックス: いやもう、反響のすごさに圧倒されましたよ。公開後、ものすごい数のメッセージが届いたんです。親御さんたちからは、このアニメが家族にとってどれだけ助けになったかというメッセージ。学校の先生方からは、貴重な教材になる、学校の集まりで使わせてもらう等のメッセージ。そして、自閉症当事者の子どもたちからも何件かメッセージが来ていました。自分たちのことをすごくちゃんと表現してくれているってね。

─世界中から反響があったのですね

アレックス: はい。すでに29カ国語を超える言語に翻訳されているようです。そのほかの言語でも、着々と翻訳作業が進んでいるようです。自閉症関係の団体や組織が翻訳している場合もありますが、学校の先生や当事者の人が担当してくれている場合もあります。若者を中心に広がっている感じですね。

世界中にメッセージを届けたいというようなつもりは全くなかったのですよ。それが、組織や団体を通して広がっていきました。他国のいろいろな組織から、私のアニメにその国の言葉をつけて使いたいというメールをいただいています。熱心な先生方や親御さんから依頼のメールがくることもあります。そういう方々は、必ずしも専門家ではない場合もあります。でも、皆さんすごく熱意があるんですね。そういうのを見ると、感動しちゃいますよね。

ナレーションをその国の著名人が担当しているような場合もあって。ポーランドやフィリピンなんかがそうです。すごいですよね。信じられない!

─反響のメッセージを一部紹介していただけますか

アレックス: そうですね、例えば…

「言葉が出ない5歳の娘が、私のスマホをこっそり取って、1時間以上繰り返し見ています!」
「このアニメを観て、感動で大泣きです。いろいろ気づけた。ありがとう」
「自閉症は説明するのが難しいもの。でも、よく特徴を捉えています。」
「市議会の自閉症啓蒙担当として、ぜひ次のセッションで使わせていただきます。素晴らしい!」
「私の息子は、このビデオを見たおかげで、自分の自閉脳を誇りに思うようになりました。ありがとう!ありがとう!ありがとう!」
「私の12歳の息子が、『自閉症の子どもを非常に的確に描いた素晴らしい作品だ、と伝えて欲しい』と言っていました。」
「このアニメを制作してくれて本当にありがとう。他の人が自閉症スペクトラムというものを理解できるよう、心を砕いてくださったのを感じます」
「素晴らしい教材だと思う。私のクラスの子どもたちは、とても楽しんで観ていました」


─この反響を見て、どんな思いでしたか?

アレックス: 繰り返しになりますけど、こんなに反響があることを予想していなかったんです。息子の学校の教材用に、と思ってつくっただけだったのですから。それが今や世界中にシェアされて…。うまく言葉にできませんが、これまでの自分の仕事の中で、一番やりがいがあるものでした。

このアニメに込めたメッセージとは…

世界中で翻訳された自閉症啓発アニメ『Amazing things happen』「僕らはみんな違う。それは素晴らしいことなんだ」制作者の想いを取材の画像
得意なことは一人ひとり違うことを伝えるアニメのシーン
Upload By 発達ナビニュース
アレックスさんには2人のお子さんがいらっしゃるそうですが、よく仕事場を訪れて作品づくりを見ていたそうです。

2年間の年月、この作品に少しずつ生命が吹き込まれるのを目の前で見ていったお子さんたち。いつの間にかお父さんの伝えたいテーマを少しずつ学んでいったようです。兄弟で言い合いになると、アレックスさんは2人に「僕らはみんな違う。そしてそれは素晴らしいことなんだ!」と伝えました。そのたびに、3人で大笑いになったそうです。想像するととても微笑ましいですね。

アレックスさんは、「人間は一人ひとりが唯一無二の存在であるということを、都合よく忘れてしまいがちだから、常にそのことを思い返すようにすると良いね」と言っていました。

そして最後に、日本の皆さんに、アレックスさんからメッセージをいただきました。それは…

「We are all different. And that's wonderful! (僕らはみんな違う。そしてそれは素晴らしいことなんだ!)」

発達障害の子どもと関わる立場にいる者として、この言葉はとても惹きつけられ強く共感できるものでした。アレックスさんのアニメを見て、同じような想いを共有した人々が世界中にいると思うと、発達障害というものを通じて世界と繋がっているような不思議な感覚が生まれました。

アレックスさん、ありがとうございました。
【発達障害 子育て】親子で発達障害。マイナス思考の私に衝撃!息子の「辛くない」宣言のタイトル画像

関連記事

【発達障害 子育て】親子で発達障害。マイナス思考の私に衝撃!息子の「辛くない」宣言

「自閉スペクトラム症の人が見ている世界」の疑似体験で、行動の意味や困難さを理解する取り組みとは?のタイトル画像

関連記事

「自閉スペクトラム症の人が見ている世界」の疑似体験で、行動の意味や困難さを理解する取り組みとは?

感覚過敏も多動もOK!自閉症の女の子が主人公の映画『500ページの夢の束』の、すごい取り組みを取材!のタイトル画像

関連記事

感覚過敏も多動もOK!自閉症の女の子が主人公の映画『500ページの夢の束』の、すごい取り組みを取材!

『自閉症の僕が跳びはねる理由 』
東田 直樹
角川文庫
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

発達ナビニュース さんが書いた記事

アートや音楽で障害のある方とつながる!美術館型店舗や地域交流イベントを紹介!オンラインで学べる「ASD向けコミュニケーション支援法」も。注目のニュースがずらり!のタイトル画像

アートや音楽で障害のある方とつながる!美術館型店舗や地域交流イベントを紹介!オンラインで学べる「ASD向けコミュニケーション支援法」も。注目のニュースがずらり!

今月のニュースでは、「コミュニケーション支援」をテーマにしたセミナーや、障害のある方たちを応援するミュージアムなどをご紹介!ほかにも、音楽...
発達障害のこと
783 view
2020/09/30 更新
自立生活を選ぶ障害者の日常を描いた映画が公開中。デザイン性に優れたバリアフリーグッズや、子どもとおとなが共に創る「あそび場」の紹介も。のタイトル画像

自立生活を選ぶ障害者の日常を描いた映画が公開中。デザイン性に優れたバリアフリーグッズや、子どもとおとなが共に創る「あそび場」の紹介も。

今月のニュースでは、「自立生活運動」をテーマにした映画や、障害のある方たちを応援する雑貨の共同企画などをご紹介!ほかにも、リモートで子ども...
発達障害のこと
1281 view
2020/08/26 更新
【イベント動画公開中】「発達障害のある子どもと周囲との関係性を支援する」イベントレポート――野口晃菜LITALICO研究所所長ほか登壇のタイトル画像

【イベント動画公開中】「発達障害のある子どもと周囲との関係性を支援する」イベントレポート――野口晃菜LITALICO研究所所長ほか登壇

2020年7月10日、「発達障害のある子どもと周囲との関係性を支援する~コミュニケーション支援のための6つのポイントと5つのフォーカス~」...
発達障害のこと
4156 view
2020/08/06 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。