うつ病なアラフィフ漫画家が、イケメン俳優の追っかけをする理由とは…?

2019/04/25 更新
うつ病なアラフィフ漫画家が、イケメン俳優の追っかけをする理由とは…?のタイトル画像

うつ病になって10年超。無趣味だった私は、あることがきっかけで、イケメン俳優の追っかけに目覚めました。うつ病なのに追っかけできるの?と思われるかもしれません。でも追っかけが、私にとって大きな意味を持っているのです…。

ひらたともみのアイコン
ひらたともみ
14092 View
うつ病なアラフィフ漫画家が、イケメン俳優の追っかけをする理由とは…?の画像
Upload By ひらたともみ
うつ病なアラフィフ漫画家が、イケメン俳優の追っかけをする理由とは…?の画像
Upload By ひらたともみ

この「無趣味」な自分を思い知ったのはうつ病になったとき。そんなとき目の前に現れた救世主とは…

そして10年以上前にうつ病となったとき、通っている精神科の主治医に「趣味や余暇を大切にして」と、リフレッシュをオススメされました。でも…。
うつ病なアラフィフ漫画家が、イケメン俳優の追っかけをする理由とは…?の画像
Upload By ひらたともみ
うつ病なアラフィフ漫画家が、イケメン俳優の追っかけをする理由とは…?の画像
Upload By ひらたともみ
すっかり俳優のK田くんに心を奪われた私は、彼の情報収集が毎朝のルーティーンになりました。彼の出演作を毎日繰り返し見続け、研究することが私の趣味になったのです。
うつ病なアラフィフ漫画家が、イケメン俳優の追っかけをする理由とは…?の画像
Upload By ひらたともみ

舞台挨拶や撮影を見に行き、ゲストハウスに宿泊する――やっと見つけた私なりのリフレッシュ法

映画に出れば主役級のK田くん。映画には一般向けに試写会や初日舞台挨拶で出演者が登壇するのですが、このチケットをとるのはいつも争奪戦です。前列ともなるとプラチナチケットといってもいいほど。

舞台挨拶の日はもちろん朝からスタンバイ!だから前乗りは必須です。

前日夜から会場近くのゲストハウスに泊まります。ちょっとしたプチ旅行気分にもなれます。ちなみに、ゲストハウスでのお楽しみは、同じ宿に泊まっている外国の方との会話。(某オンライン英会話で勉強中なものの、なかなか上達しない)英会話の勉強も兼ねて積極的に外国人に話しかけるようにしています。日本にいながら、海外旅行気分も味わえるんです。
うつ病なアラフィフ漫画家が、イケメン俳優の追っかけをする理由とは…?の画像
Upload By ひらたともみ
うつ病なアラフィフ漫画家が、イケメン俳優の追っかけをする理由とは…?の画像
Upload By ひらたともみ
うつ病なアラフィフ漫画家が、イケメン俳優の追っかけをする理由とは…?の画像
Upload By ひらたともみ
うつ病になって、一番困ったのが「リフレッシュ法」でした。

私の場合、相手が知っている人だと、コミュニケーションするときにいろいろ考えてしまったり、頑張りすぎてしまう傾向があります。本当に疲れているときに友だちとお茶するとなると、ものすごいエネルギーが必要になり、ストレスフルに。どんどん心が疲弊してしまいます。

対して、初めまして!の外国の方とのコミュニケーションは、ウエルカム。英語もろくに話せないのにストレスにならないか…と言われるのですが、外国を知らない私の異文化交流は、もっと知りたい、もっと話したい!という好奇心でいっぱいにしてくれます。

K田くんの舞台を見て、娘とはしゃぎながら乗り継ぐ車窓からのネオンは、「ここには私に声をかけてくる知り合いがいないんだ」という安心感でいっぱいになります。知り合いがいない、いつも過ごしている場所とはちがう街での時間は、心を解放してくれる…からかなと思っています。

私の場合、K田くんを追いかけることとゲストハウスの組み合わせが元気の源。私に限らず、いま、うつに悩んでいる人、苦しいなと感じている人は、好きなことをどんどん見つけて行動してみると、リフレッシュできるんじゃないかなと思います。行動するのは、最初はちょっとしんどいかもしれないけれど、試してみてもらえたらなと思います!

のびのびと頑張らない自分でいられる場所こそが、今の私のリフレッシュ法。

あとはコンビニのお惣菜とビールがあれば、最高です!
専門家に直撃相談!Vol.1「病歴10年、私のうつ病治りますか?」のタイトル画像

関連記事

専門家に直撃相談!Vol.1「病歴10年、私のうつ病治りますか?」

専門家に直撃相談!Vol.2 精神科受診は限界が来る前に!しんどいママたちの、心のSOSを見逃さないでのタイトル画像

関連記事

専門家に直撃相談!Vol.2 精神科受診は限界が来る前に!しんどいママたちの、心のSOSを見逃さないで

専門家に直撃相談!Vol.3 うつ病10年の私が捨てた罪悪感。シンドさの裏側にあった「母であることの呪縛」に気づいた日のタイトル画像

関連記事

専門家に直撃相談!Vol.3 うつ病10年の私が捨てた罪悪感。シンドさの裏側にあった「母であることの呪縛」に気づいた日

KOKUYO しゅくだいやる気ペン
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。