iPadは子どもの未来を拓く!合理的配慮で、どんな子にも広がる可能性

ライター:楽々かあさん

LD(学習障害)のある子や、集団で学ぶことに困難さのある子でも、iPadやパソコン、デジカメ、ボイスレコーダーなどのICT機器を使った合理的配慮で、自分の苦手を補い、可能性の扉を拓いていくことができます。うちでは、長男がiPadの学校持ち込みの理解を得ることができました。iPadで広がる可能性と学校との交渉のこと、楽々かあさんが全力でお伝えします。

長男はLD(学習障害)とADHD、ASD(自閉症スペクトラム)の全ての特徴があります。

今まで学校と連携し、家庭でできるフォローをしながらサポートしてきました。

そして、本人も4年生まで、通常学級で本当に頑張ってきました。

それでもどうしても、発達の凸凹差が大き過ぎて「努力では乗り越えられない壁」があります。

それならば、「鍵」を使えばいいんです!

iPadやパソコン等のICT機器は「壁」に風穴を開ける鍵になります。

道具1つで、LDのある子や集団で学ぶことに困難さがある子の「可能性の扉」が開いてゆくんです。

・iPadで何ができるのか

・学校とどう交渉していけば理解を得られるのか

楽々かあさんがウチでの経験を基に、全力で応援します!

好きなこと、自分に合った方法ならできる!

iPadは子どもの未来を拓く!合理的配慮で、どんな子にも広がる可能性の画像
マインクラフトのコマンドメモ。好きなこと、得意なことならがんばれる
Upload By 楽々かあさん
字を書くのが苦手(書字障害)、単純な暗記が苦手、集中力に偏りがある、などの理由で長男の学校の成績は、見事に「頑張りましょう」のC評価がズラリと並んでいます。

ところが、小4の夏。

そんな彼にパソコンを買い与えたところ、さすがデジタル・ネイティブ。

あっという間に使いこなせるようになりました。

分からないことは自分でどんどん調べ、PCゲームの「マインクラフト」など、好きなことなら寝食を忘れて集中していられます。

こんな素晴らしい特性を、活かさない手はありません。

当時、学年を追うごとに学習ハードルが上がり、授業中ノートも取らず、テストも白紙回答で、勉強への興味と意欲を失い始めていた長男。

私は学校に合理的配慮をお願いしてiPadを持ち込めないか、考えるようになりました。

iPadで何ができるの?Assistive Technologyとしての使い方

iPadは子どもの未来を拓く!合理的配慮で、どんな子にも広がる可能性の画像
残り時間のゲージが見えるタイマーアプリなどを普段から使っている
Upload By 楽々かあさん
勉強タイマー
https://apps.apple.com/jp/app/%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC-%E5%8F%97%E9%A8%93%E7%94%9F%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E9%9B%86%E4%B8%AD%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC/id925437228?l=en&mt=8
ATという言葉があります。

Assistive Technology(支援技術)の略です。

つまり、視力の弱い人のメガネ、お年寄りの補聴器と同様、身体機能の弱い部分を補うためのテクノロジー全般のことです。

私は、集団での学習に必要な書字・記憶・集中、といったことへの長男の「苦手を補うAT」としてiPadを使えないか?と思ったのです。

例えば、

・板書が大変な時にカメラ機能で黒板を写真に撮る

・習った漢字が思い出せない時に電子辞書アプリで調べて書く

・うっかり忘れ防止や気持ちの切り替えが難しい時に、タイマーやリマインダー、ボイスメモなどを使う

というように。

そして現在、発達障害のあるお子さんがパソコンを持ち込んで高校、大学の受験をするなど、一部の導入事例も少しずつ増えて来ています。

でも、受験直前になって「持ち込ませて下さい!」とお願いしても、学校側はもちろん、本人だって戸惑ってしまいます。

今のうちから、ゲームだけでなく長男の苦手を補う「学習や自己管理ためのAT」として、自分の手足や脳の延長、身体の一部のようにiPadやパソコンを集団教育の中での「実践で」使い慣れておく必要があるように思ったのです。
参考書籍「発達障害の子を育てる本 ケータイ・パソコン活用編 (健康ライブラリーイラスト版)」監修・ 中邑 賢龍、近藤 武夫
https://www.amazon.co.jp/dp/4062597667
DO-IT-RaRa「学習における合理的配慮研究アライアンス」
http://doit-japan.org/accommodation/
Apple社「支援が必要な学習者向けの教育」
https://www.apple.com/jp/education/special-education/ios/
 切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術のタイトル画像

切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術

アナログでやってきたことの延長線上にある、iPad。

実は、iPadでできることは今まで「アナログで取り組んで来たこと」の、延長線にあることも多いのです。

今までの記事でもお伝えしたように、うちでは今まで様々な取組みをし、配慮をお願いしてきました。

字が思い出せず、テストやノートに文字を書けなかった時は「ひらがな表」「漢字表」等の補助カードの持ち込みの許可をお願いしました。

こうした取り組みで、少しずつ落ち着いて学習に取り組めるようになった長男。

でも、学年が上がると漢字も増えて、アナログのカードで何学年も前の目当ての字を探すのは、時間がかかってしまいます。

板書の負担を減らすため、教科書を拡大コピーして切り貼りした「教科書ノート」を作り、算数の計算は少し書けました。

でも、授業は必ずしも教科書どおりに進むわけでもなく、学習が複雑になると、授業自体に興味が持てずボーッと無為に過ごしてしまうことも増えてきました。

長男はタイマーやアラーム、メモ、ふせんなどを活用して忘れ物を減らしたり、気持ちを切り替えることもできます。

でも、不注意の多い長男はメモ自体を見わすれたり無くしたりするので、先生の声かけでメモを見るよう促して頂く必要があります。

iPadはひとつの道具に過ぎないので、長男の課題の全てを解決してくれる訳ではありませんが、ATとして使いこなすことで、学習の負担が減り、学校の勉強に興味や意欲が持てるようになるかもしれません。

そしていつか、もしも、彼が本当にやりたいことを見つけて、専門の教育を受けて学びたいと思った時に、扉を拓くための試験に挑戦するチャンス自体があるか、ないか。

その時に鍵が使えるか、使えないか。

進学が全てではありませんが、この差は大き過ぎます。

テストに字を書けないことくらいで、好きなことならいくらでも集中できる子の、未来の扉が拓かない。

自分にあらゆる可能性があることにすら気づかない。

そんなの、親としてあまりにも悔しいじゃないですか!

「なんでこんな簡単なこともできないんだ!オレのバカヤロー!」と自分自身に苛立ち、自分の頭をボカボカ叩く長男に、「こうすればできるよ」って、希望を持たせてあげたいじゃないですか!

「ダメ元でいいからお願いしてみよう!」

そう思って、長男本人に「iPadを学校に持って行くと、こんな使い方ができるかもしれないけど、やってみたい?」と提案すると、即答で「うん!」と目をキラキラさせて答えてくれました。
iPadは子どもの未来を拓く!合理的配慮で、どんな子にも広がる可能性の画像
「教科書ノート」(H27.新興出版社啓林館「わくわく算数4上」より)
Upload By 楽々かあさん
一般社団法人教科書協会「拡大教科書のご案内」
http://www.textbook.or.jp/textbook/kakudai.html
学習障害のある息子と試行錯誤!宿題サポートアイテム3選のタイトル画像

学習障害のある息子と試行錯誤!宿題サポートアイテム3選

次ページ「いざ交渉!具体的に「実例と実物で見せる」と説得力が出る!」

追加する

バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。