コラムのランキング

「将来のこと」の昨日の人気記事ランキング

その言動、子どもの権利を侵害していない!?発達障害がある娘が「自分のことを決められる」権利を知って…のタイトル画像 1位

1

その言動、子どもの権利を侵害していない!?発達障害がある娘が「自分のことを決められる」権利を知って…

先日知人から、「障害者の自己決定支援と権利擁護」について書かれた冊子と事例集をもらいました。そこにはさまざまな分野で活躍されている専門家の経験や知見がまとめられ、障害当事者主体の支援(自己決定支援)と権利擁護のために、...

19110 view
公開日:2018/07/05
保健センターってどんな施設?保健所との違い、受けられる母子保健サービス、利用方法などまとめのタイトル画像 2位

2

保健センターってどんな施設?保健所との違い、受けられる母子保健サービス、利用方法などまとめ

保健センターは、地域住民に対し、総合的な保健サービスを提供する施設です。乳幼児健診で保健センターを利用する方が多いようですが、そのほかにも子育てに役立つさまざまなサービスを受けられます。この記事では、保健センターの役割...

111329 view
公開日:2017/02/23
知的障害者施設には具体的にどんな施設がある?知的障害に関する施設の役割、費用、申請方法をご紹介!のタイトル画像 3位

3

知的障害者施設には具体的にどんな施設がある?知的障害に関する施設の役割、費用、申請方法をご紹介!

知的障害のある人がさまざまな支援やサポートを受けるために利用する施設を総称して「知的障害者施設」と呼ぶことがあります。しかし、その中には支援やサポート、目的、利用形態がある施設が含まれているのです。今回は、一見わかりに...

93327 view
公開日:2017/07/13
化粧は超苦手!職場はトラブルだらけ。アスペルガーでADHDな私がみつけた、生き抜くための対処法とは?のタイトル画像 4位

4

化粧は超苦手!職場はトラブルだらけ。アスペルガーでADHDな私がみつけた、生き抜くための対処法とは?

発達障害のある人にとって「社会人になる」ということは大変なことです。それまでは学校という守られた環境のなかで、親の庇護のもと生きてきたのに、いきなりシビアな環境...

17263 view
公開日:2018/07/10
就労移行支援事業所とは?利用条件とサービス内容、事業所の選び方を紹介します!のタイトル画像 5位

5

就労移行支援事業所とは?利用条件とサービス内容、事業所の選び方を紹介します!

就労移行支援は障害がある方の就労をサポートする障害福祉サービスです。職業訓練、職場探し、職場への定着支援など、手厚いサポートを利用することができます。全国に数多...

114523 view
公開日:2016/08/22
ご存知でしたか?「障害者職業センター」で受けられる職業訓練とはのタイトル画像 6位

6

ご存知でしたか?「障害者職業センター」で受けられる職業訓練とは

私は障害者枠での就労に向けて、障害者職業センターに通いました。そこに通う人たちは20~40代の発達障害のある人が多く、カリキュラムも「発達障害者就労支援カリキュ...

71355 view
公開日:2016/05/30
家族団らんより偏食指導!モーレツ母さんだった私が、今思うことのタイトル画像 7位

7

家族団らんより偏食指導!モーレツ母さんだった私が、今思うこと

「子どもに偏食があることを“この世の終わり”」のように感じてしまい、「好き嫌いを許さずに、何でも食べさせよう!」と一生懸命になりすぎてしまうことはないでしょうか...

13396 view
公開日:2018/08/23
3歳児健診で大変な尿の取り方、聴力検査、視力検査のコツとは?診査内容・持ち物の工夫・体験談などのタイトル画像 8位

8

3歳児健診で大変な尿の取り方、聴力検査、視力検査のコツとは?診査内容・持ち物の工夫・体験談など

3歳児健診では、尿検査や聴力検査、視力検査など事前に家庭でやることが多いです。そんな事前準備のコツや診査項目・内容、持ち物の工夫や再審査について、経験談や保健士...

75234 view
公開日:2016/09/17
15歳のコーヒー屋さんー発達障害の少年が、社会とつながり自分だけの”適職”を見つけるまでのタイトル画像 9位

9

15歳のコーヒー屋さんー発達障害の少年が、社会とつながり自分だけの”適職”を見つけるまで

群馬県桐生市の「HORIZONLABO」 15歳のコーヒー職人岩野響さんが、コーヒーの焙煎と研究を営んでいます。 そんな岩野さんの単著『15歳のコーヒー屋さん...

17551 view
公開日:2017/12/21
知的な遅れがある自閉症の息子。支援学校を卒業したその先の人生はのタイトル画像 10位

10

知的な遅れがある自閉症の息子。支援学校を卒業したその先の人生は

特別支援学校の高等部に通う息子の授業参観日。息子が何時間も同じ単純作業をしている姿を実際目にして、なんだか悲しい気持ちになってしまいました。これっていけないこと...

150430 view
公開日:2017/03/05
国家資格の「公認心理師」誕生!臨床心理士との違いは?受験資格や経過措置をわかりやすく解説します!のタイトル画像 11位

11

国家資格の「公認心理師」誕生!臨床心理士との違いは?受験資格や経過措置をわかりやすく解説します!

2017年9月15日に公認心理師法が施行され、心理職初の国家資格「公認心理師資格」が誕生しました!これまで、「臨床心理士」という民間資格が信用度の高い心理職の資...

145451 view
公開日:2017/08/09
療育手帳を持っているだけでは「障害基礎年金」は受給できない?わが家が直面した、ある問題とは…!のタイトル画像 12位

12

療育手帳を持っているだけでは「障害基礎年金」は受給できない?わが家が直面した、ある問題とは…!

まだ子どもが小さいうちは「年金なんて、遠い将来のこと」と思っていませんか?障害があると、20歳から年金を受給できます。でも、療育手帳を持っていれば自動的に受給で...

40345 view
公開日:2018/05/26
成年後見制度とは?わが子の将来に備えるためにぜひ活用したい制度を紹介のタイトル画像 13位

13

成年後見制度とは?わが子の将来に備えるためにぜひ活用したい制度を紹介

成年後見制度とは、障害者や高齢者といった判断能力の乏しい人のお金の管理や相続に関する手続きなどを、その人に代わってサポートする制度です。「もしも私に何かあったら...

42159 view
公開日:2016/09/18
[第1回] ADHDでアスペルガー。ハイブリッドな僕にとっての「仕事の面白味」のタイトル画像 14位

14

[第1回] ADHDでアスペルガー。ハイブリッドな僕にとっての「仕事の面白味」

今回お話を伺う岩本友規さんは、外資系企業でデータアナリストとしてご活躍されています。社会人10年目でADHDとアスペルガー症候群と診断されるまでは、「どうして努...

85536 view
公開日:2016/02/19
子ども本人への障害告知には「避けたいタイミング」がありますのタイトル画像 15位

15

子ども本人への障害告知には「避けたいタイミング」があります

いつかはその日がやってくるお子さんへの「障害告知」。いつ伝えるべきなのか、社会的自立の視点を踏まえて考えてみます。

42038 view
公開日:2016/04/12
親なきあとのこと、考えていますか? わが子が支援の網の目からこぼれ落ちないためにできること のタイトル画像 16位

16

親なきあとのこと、考えていますか? わが子が支援の網の目からこぼれ落ちないためにできること

子どもはやがて大人になります。そして多くの場合、親が先に亡くなるでしょう。親なきあとに残された障害のある子が、支援の網の目からこぼれ落ちることなく、その後の人生...

16953 view
公開日:2017/10/24
実習先企業からの「不合格」宣告で気づけた、一番大切にすべきこととは…のタイトル画像 17位

17

実習先企業からの「不合格」宣告で気づけた、一番大切にすべきこととは…

特別支援学校高等部になると、卒業後の進路を考えるため、企業や施設での実習を行います。高等部2年生の息子は、企業へ実習に行くことになりました。実習の様子を見に行っ...

29325 view
公開日:2018/02/26
障害年金とは?障害年金を受けるための要件や認定基準、申請方法についてまとめました。のタイトル画像 18位

18

障害年金とは?障害年金を受けるための要件や認定基準、申請方法についてまとめました。

障害年金は、障害の程度に応じて一定の金額が支給される、障害のある方の生活をサポートするための制度です。2016年9月には精神障害や知的障害について新しいガイドラ...

144725 view
公開日:2016/09/08
子どもが自分自身で“性”を学ぶために、親が気をつけたいことは?のタイトル画像 19位

19

子どもが自分自身で“性”を学ぶために、親が気をつけたいことは?

今は可愛い幼児でも、必ず性の目覚めはやってきます。「集団行動がとれない」「言葉が遅い」など、発達に遅れや偏りがある子どもでも、10代半ばにもなると異性との関わり...

61322 view
公開日:2016/06/20
下級生に飛び降りを強要した少女、親の責任はどこまで問える?特性理解と早期支援が大切な理由のタイトル画像 20位

20

下級生に飛び降りを強要した少女、親の責任はどこまで問える?特性理解と早期支援が大切な理由

2013年に起きた、当時小学4年生の女の子が小学2年生の女の子に飛び降りを強制した事件。判決では、子どもの特性に気づかず十分な対応を取らなかったと、両親の監督責...

40376 view
公開日:2016/12/12