お久しぶりです。
暫く距離を置いてたため、皆さんの投稿をみていません。
本当に私って自己主張してて身勝手だなと思う。
スルーしていただいて構いません。




世界から猫が消えたなら…

映画を見たけど本当に猫が消えたなら今の私はいないかもしれない。

22歳、仕事にも就けず、家族から見放された私はドアノブで首吊ろうとした。そんな時、腹を空かせたコイツがやってきた。

猫の温もりに触れた瞬間一気に死ぬのが怖くなって、涙が出てきた。

心療内科に急いで連絡して私は診察してもらった。

私の今はこのアカウント画像の猫なしではいられない。

今日、私の命の恩人ともいうべき猫が感染症と老衰で旅立っていった。

今日は七夕。願いがあるとすれば猫が穏やかに眠って欲しい。

ありがとう。

「あんたわざわざ帰ってくるわけ?」
母が呆れていました。

今から私は実家に帰り、猫とお別れをしてきます。