Top banner
Logo
  • 個別療育 こどもサポート教室
  • 一人ひとりの障害の特性に応じたマンツーマンの個別療育を行っています。
  • 施設カテゴリ
    児童発達支援事業所 放課後等デイサービス
  • 施設数 106ヶ所(2017年9月時点)
  • 施設所在地 北海道・青森県・宮城県・山形県・茨城県・栃木県・
群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・石川県・長野県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・ 京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・岡山県・広島県・ 山口県・徳島県・香川県・福岡県

    この法人の施設一覧を見る
メッセージ
「こどもサポート教室」は、お子様一人ひとりの発達段階に適した支援プログラムをオーダーメイドで考え、マンツーマンの支援を通して、その子の長所を伸ばし、本来持っている生きる力を育みます。

私たちは直接お子様の支援に関わるスタッフの育成が非常に重要であると考え、研修および研修システムの構築に力を入れています。さらに、「発達支援研究所」を設立し療育に関する学会とも連携しながら、最新の療育の有り方や療育指導の際におこる様々な問題の解決のために日々研究を行っています。

2013年にサービスを開始し、現在は全国に約100か所の事業所を直営で運営しておりますが、まだまだお子様のためにやらなければならないことはたくさんありますし、全国には悩みをかかえ支援を求めている家庭が多くあると感じています。

これからも地域で支援を求めているお子様のお役にたてるような事業運営をしてまいります。
支援の特徴
オーダーメイドの個別療育プログラム
こどもサポート教室では、お子様一人ひとりの発達段階に適した支援プログラムをオーダーメイドで考え、個別療育を実施しています。 全国100ヶ所以上の事業所を直営しながら培った多様なプログラムの中から、その子に合わせてカスタマイズすることで、お子様の長所を伸ばし本来持っている生きる力を育みます。

支援プログラムには以下のような例があります。
・絵カード等を利用した、名称・数・形・大小・色などの学習
・算数や国語等の苦手の原因にアプローチする学習支援
・ことばの練習、1対1のコミュニケーションの訓練
・自身の感情コントロール、相手の気持ちの汲み取り、社会のルールの理解を促進するソーシャルスキルトレーニング
・手先の訓練のための工作
・トランポリンやフラフープを利用した体幹を鍛える訓練
Point image1
現場と学問の両面から療育を追究する「発達支援研究所」
効果的な個別療育を実現するためには、現場での努力はもちろんのこと、最新の学術動向などを踏まえ、長期的な視座で療育方法のあり方を検討することが大切です。
そこで、発達心理学の専門家である山本登志哉氏を所長に招き、一般社団法人「発達支援研究所」を外部連携機関として設立しました。
研究所では、効果的な療育方法の開発、大学との連携、学会における最新の療育情報の収集などを行っており、現場と学問の両面から支援のあり方を追究しています。
また、山本所長自らが、全国のこどもサポート教室を飛び回り、スタッフへの療育指導を行うことで、研究所で得られた知見をスタッフ全員に共有しています。
Point image2
専門性のあるスタッフとITを活用した研修システム
個別療育はスタッフの知識、技術、経験が何より重要とされています。
こどもサポート教室には、発達心理学の専門家である山本登志哉氏をはじめ、臨床心理士、臨床発達心理士、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、作業療法士、保育士、幼稚園・小学校・特支教諭 等の資格をもったスタッフも多数在籍しています。
さらに、ITを活用した研修システムを構築することで、全国のスタッフが療育の知見を共有し合える体制(相互支援ウェブシステム)を整えており、スタッフ全体のスキルアップを実現しています。
Point image3
グループを通じた進学のサポート
こどもサポート教室を運営している株式会社クラ・ゼミは、2006年に通信制高校「キラリ高等学校」を設立(2011年に学校法人化)し、現在はこどもサポート教室とも連携し、障害をもつお子様を進学面からもサポートしています。
同じグループ内に、学校・学習塾・予備校をもっているこどもサポート教室だからこそ、お子様の情報を互いに共有・連携し合いながら、進学まで一貫してサポートすることができます。
Point image4
FAQ
  • Q. 入会前の見学は可能ですか?
  • A. 時間や日時を調整させていただき、都合が合えば可能です。お近くの事業所までお気軽にご連絡ください。
  • Q. 入会の時期と必要な費用を教えてください。
  • A. 入会は随時受付をしております。また、入会の前には面談や体験がございます。
    費用は、障害児通所受給者証に記載の「利用者負担上限金額」が1か月での最大金額となります。(別途教材費がかかる場合があります。)
  • Q. 通う回数・時間を途中で変更することは可能ですか?
  • A. 受給者証の支給量内であれば変更は可能です。その時の空き状況にもよりますので、各事業所にお気軽にお問い合わせ下さい。
  • Q. 土・日の指導はありますか?
  • A. 土曜日は指導があります。日曜日はお休みとさせていただいております。
  • Q. 医師の診断がなくても利用できますか?
  • A. ご利用に際しましては自治体で発行される「障害児通所受給者証」が必要になります。医師の診断の必要性や必要書類については各自治体の判断となりますが、分からないことはお気軽にご相談ください。
  • Q. 体験・事業所見学はできますか、またどのような準備をして行けばいいですか?
  • A. 随時受け付けております。日程を調整いたしますので、お近くの事業所までお気軽にご連絡ください。なお、体験の際には筆記用具をご用意ください。
    また、通所受給者証や発達検査の結果などお持ちであれば、可能な範囲でお持ちいただけると助かります。
  • Q. 児童発達支援・放課後等デイサービスを利用する場合、どのような手続きが必要ですか?
  • A. 自治体で発行される「障害児通所受給者証」が必要になります。ご利用までの流れはおおむね以下の通りです。
    【必要書類をそろえる→受給者証の申請→審査・支給決定→発行→契約・指導開始】
  • Q. 体験や事業所見学をしたら、必ず入会しなくてはいけませんか?
  • A. 各事業所には、個別・集団・送迎の有無などの様々な特色があり、お子様に最も適した場所をご利用いただきたく思います。その上で当事業所を選んでいただけると幸いです。
  • Q. 学校や幼稚園との連携はしてもらえますか?
  • A. 保護者様のご要望があれば、ぜひ連携させていただきます。学校の教育と方向性を共有することがお子様の最善の利益につながると考えております。
  • Q. 兄弟・姉妹での利用は可能でしょうか?
  • A. 可能です。自治体によっては兄弟・姉妹で就学児・未就学児が分かれる場合は同時に指導を行うことが難しい場合がありますので、事業所の担当者にお問い合わせ下さい。
  • Q. 対象年齢を教えて下さい。
  • A. 児童発達支援が1歳半から小学校入学前まで、放課後等デイサービスが小学生から高校生までが対象となっております。
  • Q. 利用料金はいくらですか?
  • A. 地域によって多少の違いはありますが、指導1回につきおよそ1,000円前後の料金がかかります。(通所受給者証に1か月の利用者負担上限金額が設定されております。)
  • Q. 指導を欠席した時は別の日に振替できますか?
  • A. お子様一人ひとりにあった療育を「定期的に、かつ継続的に」させていただくことが必要だと判断したときは、振替を提案させていただきます。
法人概要
社名 株式会社クラ・ゼミ
本社 〒430-0944
静岡県浜松市中区田町230-15
TEL:053-458-6111  FAX:053-458-6116
設立日 1987年4月
資本金 2,000万円
代表者 代表取締役 倉橋 義郎
従業員数 正社員591名 非常勤講師他460名(2017年9月時点)

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。