放課後等デイサービス
  • 空きあり
  • 送迎あり
  • 土日祝営業

フレンズジム南宇都宮

近隣駅: 南宇都宮駅、鶴田駅 / 〒320-0845 栃木県宇都宮市明保野町5-8 サンダービルⅢ
電話で聞く場合はこちら 050-3196-9454

フレンズジムの運動プログラム~なわあそび編~

教室の毎日
こんにちは!
フレンズジム南宇都宮です。

前回はフレンズジムの運動プログラム~ストレッチ編~をご紹介しました。
今回は週替わりのメインの運動活動~なわあそび編~をご紹介致します。

「なわ」は子どもたちにとって、とても身近な遊び道具の一つで、一人あそびから集団でのあそびまで、使い方によって様々な運動あそびが行えます。
また、敏しょう性(体をすばやく適切に動かす能力)、平衡性(姿勢を安定させてからだを支える能力)、巧ち性(器用さ)といった行動を調整する能力や、瞬発力、柔軟性など、遊びながら身に付く運動能力もたくさんあります。

フレンズジムでは縄跳びの練習だけでなく、なわで遊ぶことそのものに楽しさを感じてもらえるよう、日々面白い運動あそびを提案するように心がけています。

【人気のなわあそび】
しっぽとり・・・腰にロープやひもをぶら下げて、みんなで取り合いっこします。他の人のロープを取ろうとすると、後ろから来た人に自分のロープを取られてしまったりして、大盛り上がりになります。

なわくぐり・・・いろんな高さに張られたロープや、交差しているロープなどを、忍者のように潜り抜けていきます。ロープに触れないようにまたいだりくぐったり、時にはジャンプしたりしてスリルを楽しんでいます。

なわとおし・・・なわを両手に持って、手を離さないように足でまたぎ、そのまま後ろから頭の上を通って体の前へ戻します。だんだんなわを短くしていきます。肩を初め身体全体の柔軟体操になります。

台車そり・・・台車に乗って長いなわを「よいしょ、よいしょ。」手繰り寄せて進みます。早く進みたいときは力いっぱいなわを引っ張ります。しっかり握ることで腕の力がついたり、そりから落ちないようにバランスを保ったまま進むことで体幹強化にもなります。

なわとび・・・へびジャンプ、大波小波、一人縄跳び、大縄跳び、など様々な遊び方があります。またぐところから、タイミングを合わせてジャンプするまでを練習します。フレンズジムの子どもたちは大縄跳びが大好きです。苦手な子も大人と一緒に回ってる大縄跳びを駆け抜けるところから参加して楽しんでいます。体操が終わった自由あそびの際にもみんなで大縄跳びの練習をするなど、積極的に縄跳びの練習に取り組むお友だちの姿も見られています。繰り返したくさん練習して、できた時の嬉しさと達成感をスタッフと一緒に感じ、運動への自信に変えられていっているようです。

他にも電車ごっこや綱引き、へびのお散歩、棒をぐるぐる巻いてなわを棒に巻いたりなど、たくさんのなわあそびを組み合わせて遊んでいます。


次回はフレンズジムの運動プログラム「メインの活動編 ボール遊び」をご紹介いたします☆
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

フレンズジム南宇都宮

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
WEB問い合わせを送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。