放課後等デイサービス
  • 空きあり
  • 送迎あり

(成長支援型)児童発達支援・放課後等デイサービス リると

近隣駅: 桑園駅、西11丁目駅、中央区役所前駅 / 〒060-0007 北海道札幌市中央区北7条西11丁目4−2 ミヤコビル
電話で聞く場合はこちら 050-3188-5479

感覚統合療法について◆触覚の役割◆

感覚統合療法
こんにちは、札幌市中央区桑園の児童デイサービス リるとです。

本日よりリるとがメインとしているプログラム「感覚統合療法」について少し詳しくご説明したいと思います。

文章量が多くなると思いますので複数回に分けていきますね!




まず感覚統合療法を理解するうえで大切な「感覚」についてご紹介します。

感覚には皆さんご存じの“味覚”“視覚”“聴覚”“嗅覚”“触覚”の5感の他にも“前庭覚”と“固有受容覚”というものがあります。

感覚統合療法ではこのうちの“触覚”“固有受容覚”“前庭覚”の3つを重要な感覚として考えています。




本日は“触覚”について詳しく解説していきます!

触覚は比較的イメージしやすい感覚だと思います。私たちも普段の生活で何かに触れて、その感覚を感じて生きています。

ですが、触覚は触ったかどうかを判断するだけの感覚ではないのです。 

一つ目の役割として、「触れたものが危険かどうか」を判断するための機能を持っています。

例えば、私たちが熱いヤカンに誤って触れてしまったらすぐにヤカンから手を離せると思います。

触覚から「熱いから危ないよ!」という情報が入らなければ、目で見て初めてヤカンに触れている状態に気づくことになってしまうかもしれません。




二つ目の役割は、「愛着の形成」です。

特に小さなお子さまはご両親と触れ合い心地いいと思う経験から愛着が育まれるとされています。他にも触れて心地いいと思えるものがあることで気持ちの安定を図ることができます。




三つ目の役割は、「自身の身体の認識を高める」役割です。

触覚を感じ取る皮膚は自分と外の世界との境界線になります。この境界線がはっきりとすることで、自分の身体の輪郭を正確に認識することができます。




以上が触覚についての解説になります。最後まで読んでくださりありがとうございます!

皆様のイメージする触覚の働きとは違った役割を発見できる機会になれば幸いです♪




 次回は大事とされている三つの感覚のひとつである“前庭覚”について解説していきますので、お時間のある方は読んでいただけると嬉しいです♥

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 

昨日も開催しました『説明会・体験会』

第三回目は、2月27日(木)に行います。

時間は、第一部が10:00~11:30 

    第二部は15:00~16:30 と、なっております。

飛び入り参加も途中参加も大歓迎です☆お時間ありましたらぜひお越しください♬
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

(成長支援型)児童発達支援・放課後等デイサービス リると

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
WEB問い合わせを送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。