放課後等デイサービス
  • 空きあり

ピースホームタウン駒沢

近隣駅: 駒沢大学駅、三軒茶屋駅 / 〒154-0003 東京都世田谷区野沢4丁目8番22号 KANOビル2階
電話で聞く場合はこちら 050-3628-2845

その不器用さ、動きのぎこちなさは発達性運動協調障害かも?

情報発信豆知識
発達性協調運動障害(DCD)とは?

概要
・先天的で原因は明確でない
・発症率は5~6%で男児に多い
・自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)との併発が非常に多く、これらの診断が出ている場合はDCDの診断は出ない

こんな症状が見られます
・字がうまく書けない
・なんでもないところでよく転ぶ
・よく物にぶつかる
・ジャンプでバランスを崩しやすい
・リズム感がない
など

DCDを持つ子は、自分の身体の部位の位置や、力加減、動作の感覚を上手に感じ取ることができずに不器用な動作になってしまいます。また、障害される動作により下記の二つに大きく分類され、どちらかもしくは両方の障害が現れます。
Ⅰ.粗大運動
 胴体や手足の大きな筋肉を使う運動。例えば、歩く、走る、泳ぐ、自転車に乗るなど。
Ⅱ.微細運動
 腕と手先を使った運動。例えば、絵を描く、ボタンをかける、字を書くなど。

DCDに対する治療
DCDに対する治療は、本人が苦手な分野を見極めて、適切な訓練やトレーニングを行うことが重要です。
粗大運動に対して→感覚統合訓練、全身を使った運動、ストレッチ、筋肉トレーニング
微細運動に対して→指先を使った遊びなどで指先の感覚を訓練する、握力を鍛えるなど

そして最も重要なのは、苦手意識を持たないように無理せずできることから行うということです。

理学療法士や作業療法士など専門家による介入、また自宅でのエクササイズによって症状を改善できる可能性があります!
詳しく知りたい方はお気軽にお問合せください。

文章:理学療法士 加門 知美(専属スタッフ)
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

ピースホームタウン駒沢

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
WEB問い合わせを送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。