放課後等デイサービス
  • 送迎あり

放課後等デイサービスBall-Day(ボール・デイ)

近隣駅: 塩屋駅、山陽塩屋駅、滝の茶屋駅 / 〒655-0872 兵庫県神戸市垂水区塩屋町1丁目3番11号 Ercity's塩屋みなと5階

1・17

教室の毎日
1月16日(土)は、阪神淡路大震災に思いをはせる1日にしました。

まずは「1・17」をキーワードにフリートーク。この日の利用者は、当然、生まれる前の出来事ですが、うすぼんやりでも知ってるんですね。そこで、質問をまぜながら、彼らの言葉を紡ぐ形で話を進めました。

・・・子どもたちから拾った言葉・・・
26年前の朝方、お父さんお母さんがぼくたちくらいの歳だった頃、突然大きな地震があった。たくさんの家が倒壊し、6000人を越える人が犠牲になった。

続けて子どもたちに投げかけてみました。
管理者:じゃあ次いつ地震が来るの?
利用者:「30年に70%」即答でした。
管理者:南海トラフだね。じゃあ30年以内っていつ?
利用者:?,30年後(2051年) ,1年半後(2022年の夏?)
管理者:全部間違ってないかもしれない。いつ来るかは分からない! もしかしたら今日かもしれない。1995年、 まさか神戸に地震が来るなんてって皆思っていた。 次は30年後かも300年後かも。そのときに神戸で過去に大地震があったことを知らないのが怖いこと。◯◯さんがお母さんから聞いたように、自分が聞いたこと・知ったことを、将来、自分の子どもに伝える。それが、今の子どもたちの役目だと思う。

そして、話が途切れたので、先日のNHKの記事を紹介。「しあわせ運べるように」を作られた先生にまつわる記事。これも、知っている子がいて驚きました。音楽をかけると、前奏で分かるんですね。みんな歌えるんですね。

「なくなった方々の分も、毎日を大切に生きていこう」

ここからは、子どもたちに提案。1・17のつどい会場に思いを届けてみないかと、紙灯籠づくりを提案をしてみました。何を描いていいのか分からないと言いつつも、指導員と考えながら、一人ひとり、思いおもいに描きました。スタッフも書きました。そして、つどい会場(東遊園地)に。自分の手で置かせていただきました。「がんばろう」の「う」の最後のはらいの辺りに置きました。その後は、ほかの灯籠に目をやる子どもたち。そして、希望の灯りにいき、書いてある説明を読んで帰ってきました。

1月17日のニュースを何気なく見ている子どもたちも少なくないかと思います。見なさい・考えなさいでは、なかなか深まらないと思います。壮絶な体験談は過敏なお子さんには辛いと思います。この日は感想を求めませんでした。何を感じ、何を思うかは強制されるものではありませんから。

考えるきっかけを提供したにしかすぎませんが、一緒に1・17(前日)を過ごすことができて、しあわせに思いました。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。