児童発達支援事業所
  • 空きあり
  • 送迎あり
  • 土日祝営業

心花 こはな

近隣駅: 稲田堤駅、京王稲田堤駅 / 〒214-0003 神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤2-5-91
電話で聞く場合はこちら 050-3187-1142

障害種別 発達障害 知的障害
受け入れ年齢 未就学 小学生
専門スタッフ 臨床心理士・臨床発達心理士 保育士・幼稚園教諭 児童指導員
支援プログラム 応用行動分析(ABA) 音楽療法 ソーシャルスキルトレーニング(SST) 学習支援 個別療育 集団療育

全曜日で利用申し込みができます。新規利用や見学や体験を随時募集しています。
幼稚園が終わる午後2時頃から5時(6時)まで、保育園は午睡が終わる頃から(5時)6時まで、主に小学生と関わりあいながら、小学校1年生になるときに必要な生活能力を習得するための療育を行います。

支援のこだわり

プログラム内容
小学校1年生になると、遊び中心から勉強(座学)中心の生活になり、子どもが自分で判断して行動することが多く求められるようになります。幼稚園・保育園の「次は○○をしますよ」で慣れてきた子どもが環境の変化に対応できずに問題が起きることを『小1プロブレム』と言っています。

心花では、小学校入学の環境の変化を子どもが受け止め、問題を解決していく力をつけるように療育をしてまいります。
【コミュニケーションする力をつける】
【学ぶことの楽しさを知る】
【伝えるチカラをつける】

この3つの柱で「遊んでいるうちに身につく」ことを目指し、それぞれの課題クリアを意識したプログラムを提供します。
心花 こはな/プログラム内容
スタッフの専門性・育成環境
 常勤の臨床心理士・公認心理師が、新しい環境のなかで不安を感じているお子さまについて、「集団生活における決まりごと」や「ルールがある遊び」の練習を行うなど、楽しく学びながらソーシャルスキルの獲得を目指すためのプログラムを実施しています。
 次にWISC‐Ⅳと相関関係がある「脳バランサーキッズ」を使用し、お子さまの得意・不得意の可視化・数値化を行い、不得手や苦手を解消していく手法を見つけていきます。
 また、家庭や学校での困りごとなどは、保護者さまと話をしながら、必要なときには学校の担任などを交えたりしながら、困りごとを解消するために私たちは一緒に考えていきます。
心花 こはな/スタッフの専門性・育成環境
その他
 タブレット療育では、主にユニティ社の「まなんであそぶ!」シリーズを活用し、お子さま一人だけでも職員と一緒でも楽しく遊びながら知能を鍛える脳トレ系アプリで知育の向上を図っています。
次に川崎市子どもの権利条例を職員が学習しながら、子どもたちの良いところや伸ばしていくことについて、日々資質向上に努めています。心花で一番大切にしていることは、「子どもの意見表明を尊重し、大人は『応答的対話』により、子どもの心を受け止め、育ちを見通し、援助していく」です。
 特別なプログラムではありませんが、午前中の活動で疲れているかもしれないお子さまの様子を見ながら、どのプログラムが最善かを考えていきます。
心花 こはな/その他
電話で聞く場合はこちら 050-3187-1142

利用者の声

現在、利用者の声はありません。

ブログ

ブログをもっと見る

在籍する専門スタッフ

保育士・幼稚園教諭 児童指導員 臨床心理士・臨床発達心理士
スタッフ紹介
管理者 鈴木 章之(子ども人間学修士)
「子どもを人間として観る」を探求し、田園調布学園大学大学院の協力研究員をしながら、子どもの健全育成に取り組んでいます。
これまで、こども文化センター館長や生活保護ケースワーカー、他事業所で管理者や児童発達支援管理責任者を経験してきました。
心花では狸の置物のようにドンと構えて、様々な相談などに対応していきます。

興味を持たれた方は、reserchmapのマイポータルにこれまでの経歴等が記載されていますのでご覧ください。
https://researchmap.jp/ackey_suzuki

児童発達支援管理責任者 たなか(中学高校・音楽教員免許)
クラシック音楽業界(オペラの演出もしてた…)から、小学校支援級の学芸会の演目を作・演出して以来、子ども福祉の世界へどっぷりハマって10数年…

音楽教員免許を活かしたリズムや音楽を使う活動はモチロン、演出という目線から個々にあわせたオリジナルの活動やアレンジした遊びを生みだすことが強みです!

その武器(⁉)を活かして現場を演出し、より良い療育を目指します♪

臨床心理士・公認心理師 といだ
今まで大学病院やクリニックで、発達障害のアセスメントやペアレントトレーニング、心理療法を行ってきました。
私自身の妊娠・出産をきっかけに、“子どもを育てるって大変だ…‼”と身に染みて感じ、親御さんと子どもの支援ができたらなと思い、心花におります!

子どもとたくさん遊んで、いっぱい褒めて、ルールは伝えて、
でも心花に来てよかった!楽しかった!を目指しつつ、親御さんとも、たくさんお話したいと思っています。

ちょっとしたガス抜きも兼ねて、是非いらしてもらえれば、たっぷりお話を伺います♪

他職員紹介 & ラボット こはな
紹介した職員以外に、下記のキャリアを持つ職員が子どもたちの療育や保護者相談、地域相談を行います。
① 公認心理師・キャリアコンサルタント(国家資格)
② 保育士(新卒)
③ 指導員
④ 出産で休職中の元小学校教員(支援級担任)


「ラボットこはな」は、心花の2階に住んでいる自立走行型ロボット?で、癒しのロボットとして活躍中です。

【参考】ラボットについては、下記リンク先をご参照ください。
LOVOT for Education (教育)
新しい生活様式にあったかいテクノロジー
https://lovot.life/special/lovot-education/

ユーフォリアファミリー代表 青山 正彦
心花を運営する法人代表の青山です。
川崎市で中学校長やこども支援室長を歴任、心花の運営を暖かく見守っています。

6月4日付タウンニュースで紹介されました。
https://www.townnews.co.jp/0206/2021/06/04/577210.html

施設からひとこと

小学校での生活が始まったとき、それまでの幼稚園や保育園における教育の内容や方法、環境が大きく変わり、お子さまは新しい環境に馴染めず、そのストレスから様々な問題行動を起こすときがあります。
子どもを取り巻く環境の変化が子どもの発達の過程にも影響し、また、子どもの発達の適性を正しく捉えていないための問題が発生しています。例えば、電車が好きな子どもは南武線の川崎行きの行き先を見て「川崎行きだ」と答えることができます。これを大人は文字が読めると捉えますが、実際には川崎という文字を絵画で捉え、文字と認識していません。この認識差がたくさん起こったとき、小学校1年生の文字の学習で子どもが混乱することになります。
心花では幼児期と小学期の認識差をできるだけ少なくし、幼稚園保育園生活から小学校生活へと子どもの育ちや経験をつなげるために必要な支援・療育を行っていきたいと考えています。
お子さまの幼稚園保育園での集団生活などで気になるとき、是非とも心花に相談してみてください。お問い合わせをお待ちしております。

地図

〒214-0003 神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤2-5-91
心花 こはなの地図
お問合せ受付時間
12:00 ~ 18:00
12:00 ~ 18:00
12:00 ~ 18:00
12:00 ~ 18:00
12:00 ~ 18:00
12:00 ~ 18:00
祝日
長期休暇 12:00 ~ 18:00
備考 送迎は自宅や幼稚園、保育園で実施していますので、事前にご相談ください。
午前中の療育は実施していません。長期休暇の昼食については、自宅や幼稚園、保育園などで済ませてからの利用をお願いしています。こちらについても職員にご相談ください。
※ 療育時間は、直接事業所にお問合せください

施設詳細情報

住所 〒214-0003
神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤2-5-91
URL https://cohana.care/
電話番号 050-3187-1142
近隣駅 稲田堤駅・京王稲田堤駅・中野島駅・生田駅・読売ランド前駅
障害種別 発達障害・知的障害
受け入れ年齢 未就学・小学生
専門スタッフ 臨床心理士・臨床発達心理士・保育士・幼稚園教諭・児童指導員
支援プログラム 応用行動分析(ABA)・音楽療法・ソーシャルスキルトレーニング(SST)・学習支援・個別療育・集団療育
送迎サポート 送迎車両2台でサポートを行います。
多摩区や稲城市の南武線登戸駅ー矢野口駅間沿線のご自宅や幼稚園、保育園を中心に送迎いたします。
小学校区では、多摩区の菅/東菅/西菅/南菅/下布田/中野島/三田小学校区、稲城市の7小/4小/1小/南山小の区域になります。
料金 利用1回あたりの利用者負担額は約1500円です。
幼児教育保育の無償化に伴い、満3歳の4月から小学校入学前の3月まで利用者負担額は0円です。
世帯ごとに利用者負担上限月額が設定され、0円から37200円の間で収入に応じて決定されます。
他に実費としておやつ代金1回100円などがかかります。
現在の利用者
(障害別)
発達障害や自閉症スペクトラム、場面緘黙、学習障害などのお子さまが利用しています。
一戸建ての住宅で運営していますので、玄関に階段や室内ドアが狭い(約90cm)ため、身体障害は対応できないことがありますのでご承知おきください。
現在の利用者
(年齢別)
年少児1名、年長児1名。小学校1~3年生5名が利用しています。
電話で聞く場合はこちら 050-3187-1142
施設アイコン

この施設の近くにある施設


掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。