児童発達支援事業所

フトゥーロ LD発達相談センターかながわ

近隣駅: 十日市場駅、田奈駅 / 〒226-0025 神奈川県横浜市緑区十日市場町803-2

年中のお子さんの指導紹介①

教室の毎日
2月の節分のころの年中グループの指導の様子をご紹介します。
2月といえば、「節分」です。季節の行事に絡めて、「鬼の的当て」を使ったゲームを行いました。今回の的当てでは、「みんなで協力して的にたくさんの球をつける」ことにしました。
遊び方は
1.スタッフが「だるまさんが拾った(だるまさんが転んだの別のバージョンです)」と言う間に子どもたちは部屋のあちこちにあるボールを拾い、スタッフが振り向いた時に身体を静止させる、
2.「だるまさんが・・・」と再度始まったらまた子どもたちも動いて、マジックテープでつく鬼の的当てに、ボールを投げずにつけるを5回繰り返す
という流れでした。
 
子どもたちに伝えたルールは次の3つです。
①一回に持てる球の数は2つ
②「拾った」と言った後には、動かない
③「拾った」と言った後に動いたら、一回休みコーナーで過ごす
 身体を思いっきり動かすことと、止めることを意識する、ルールや小さなペナルティーを受け入れる、そして勝敗を受け入れることがまだ難しい段階の子どもたちにまずは協力してゲームに参加する楽しさを体験してもらうことをねらっています。
 鬼があらかじめ持っている球よりも子どもたちが多く球をつけられたら子どもたちの勝ちです。

 秋頃までであれば、両手で抱えて的に向かいたかっただろう子や、一回休みになったら「もうやめた!」と言っていただろう子たちも、2個までのルールだからと意識し、「拾った」の「ひ」が聞こえてきたら静止しやすい体勢になり、一回休みコーナーに行っても休んだらすぐ参加するなどそれぞれの成長がうかがえました。

その②に続きます

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。