株式会社 こども未来研究所

こども未来アカデミー 宇宙(sora)


放課後等デイサービス
近隣駅: 五社駅、岡場駅
在籍する専門スタッフ
保育士・幼稚園教諭 理学療法士 児童指導員
支援プログラム
応用行動分析(ABA) 運動療法 ソーシャルスキルトレーニング(SST) 学習支援 個別療育 集団療育

代表取締役社長  高瀬 彰子

子どもの成長には、子どもに寄り添える人の力が不可欠

私自身、発達障害のある男の子二人を育ててきた母親でもあります。いろいろな事業所に二人を通わせてきたのですが、本当に母親の拠り所となり、子どもに寄り添ってくれるような良い事業所との出会いはなかなかありませんでした。ならば自分自身で「本当に親子が『通ってよかった』『ここに来ると安心する』と思ってもらえる」事業所を立ち上げようと決心したんです。

「こども未来アカデミー宇宙(SORA)」では、体幹トレーニングをメインに楽しく体を動かす「運動療育」、豊富な教材で興味を引き出す「知育療育」、ミネラル豊富なおやつの「食育療育」を軸に、子どもたちの成長を促します。子どもの成長には、その子に寄り添えるスタッフの力が不可欠です。保育士資格を持っている方、ABAに興味がある方はもちろん歓迎ですが、経験や資格がなくても、子どもたちのことを一番に考え、成長を喜べる方だったら大歓迎です。スタッフはみんな、イベントなどで子どもたちの笑顔を引き出し、より楽しんでくれるような計画を立てるのが大好き。そんなスタッフと一緒に、子ども一人ひとりの成長を一緒に見届けませんか?

佐藤明美 児童発達支援管理責任者

より良い療育方法を探っていたときに出会ったABAを実践したい!

より良い療育方法を探っていたときに、ABA(Applied Behavior Analysis/応用行動分析学)に出会いました。ABAは、科学的なエビデンスによって裏付けられている療育方法です。私はABAの療育者としての資格をもち、実践的なトレーニングを受けてきました。そこで今までの10年間の経験を生かせる事業所を探していたところ、知人に紹介され、こども未来アカデミー宇宙で働くこととなりました。
日本ではABAを実践している事業所はまだ少ないので、より多くの子どもたち・保護者の方のために広めていきたいですね。

平日の主なスケジュール


9:30 出社
9:30-10:00 書類、資料作成
10:00-13:00 個別療育
13:00-13:30 休憩
13:30-14:00 ミーティング
14:00-15:00 お迎え
15:00-16:00 宿題を見る等、こどもたちのフォロー
16:00-16:30 おやつ
16:30-17:10 個別療育
17:10-18:00 送迎
18:00-18:30 片付けなど
18:30 退社

子どもたちの成長に立ち会えるのが、大きな喜び

子どもたちの成長はとても早く、できることもどんどん増えていきます。そんな場面に立ち会えることは、この仕事をするうえでの大きな喜びだと思っています。たとえば、未就学児の場合だと発語がなかった子が発語できるようになったり、また発語が増えたりすること。就学児の場合だと自分の気持ちをコントロールできるようになることなどです。日々の療育に取り入れている、ABAメソッドの効果は大きいと感じています。

スキルアップや専門性の向上。すべては子どもが社会に出たときに困ることがないように

今、目の前にいる小さな子どもたちが将来社会に出たとき、困ることが少なくなるような療育を目指しています。たとえば、自分の気持ちをしっかりと言葉で表現できるようになることはとても大切です。そのために、日々療育に携わる私自身を含むスタッフ全員のスキルアップや専門性の向上を心がけていきたいと思っています。私は数年間ABAを学び、実践していますので、それを一緒に働くスタッフにも広めていきたいですね。

目の前の子どもの将来まで考えて寄り添うことができる方と

目の前の子どもを心から慈しめる方と一緒に働きたいです。その子の将来まで考えて寄り添うことがこの仕事には必要だと思います。保育士や、実際に小学校で教職に就いたことがある人にもぜひメンバーに加わっていただけたら嬉しいです。また、ABAに興味がある方も大歓迎です。それぞれが持っている専門知識にABAを上乗せする形で、一緒に子どもたちに寄り添い、サポートしていきましょう!

募集一覧

掲載情報について

LITALICO発達ナビの採用支援サービスは、求人情報掲載サービスであり、職業紹介業ではありません。