NPO法人光楽園

みんなの光楽園


放課後等デイサービス
近隣駅: 徳力公団前駅、守恒駅
在籍する専門スタッフ
保育士・幼稚園教諭 言語聴覚士 看護師 児童指導員
支援プログラム
言語療法 遊戯療法 個別療育 集団療育
みんなの光楽園/求人募集

理事長 尾籠信義(おごちゃん)

みんなの光楽園の代表メッセージ

子どもも大人も一人の人間として尊重しあい、共に育ちあう施設・職場を目指して

私たちの施設では、子どもも大人=職員も同じ一人の人間として尊重しあい、対等な立場で保育・支援をしていくことを基本としています。職員の呼び方も「○○先生」ではなく、子どもと同様に名前かニックネームで呼び合っています。(私も子ども・職員から「おごちゃん」と呼ばれています。)
もちろん、職員は子どもの成長や生きる力を育む支援を行う専門職として、研鑽を重ねていますが、子どもの成長する姿ややり取りの中で学び、人間として成長していきたいと考えています。
職員同士についても同様に尊重しあい、学びあいながら成長していける関係作りを常に心がけた運営をすすめています。

ともちゃん(高倉 友美)

みんなの光楽園の指導員/入職のきっかけ

ともちゃん(高倉友美) 言語聴覚士

私の子どもを、(みんなの光楽園の関連施設である)おひさまいっぱい光楽園に預けてまもないある日、突然理事長のおごちゃんより連絡があり、「来年に児童発達支援施設を立ち上げるので、手伝って欲しい」と口説かれて(?)入職しました。
みんなの光楽園の指導員/1日のスケジュール
朝8:30から未就学児を受け入れ、9:00位から子どもの身体の脱力を促し、楽しく身体を動かすことで体の機能を向上させる「リズム遊び」を実施。

家族を大事に。チームとしてのまとまり。

職員の家族(子ども等)を大切にしてくれていて、職員の子どもが病気になった時等は、他の職員が気持ち良くカバーしあってくれるので働きやすいです。
また、職員同士が役職や立場等にとらわれず、同じチームの仲間として子どもの療育・保育に力を注ぐ雰囲気がいいと思います。

私の夢

①保育園園児の「ことばの巡回相談」等ができるといいと思います。
②偏食があることもたちへの専門的な療育・保育ができるようになったらいいなと思います。
みんなの光楽園の指導員/一緒に働く方へのメッセージ
子ども達の困ったの原因を探るために、色んな専門的な力をもった人が必要で、その1つとして機能的な評価や訓練はもちろんの事、
必ず役に立つ。その訓練を実施したあと、子ども達が笑顔になり、

療育センター等は敷居が高く、子どもの育ちに悩みがある親たちは相談しにくいので、より道身近な

募集一覧

掲載情報について

LITALICO発達ナビの採用支援サービスは、求人情報掲載サービスであり、職業紹介業ではありません。