療育型の児発に転職!内定者と採用担当に聞く!

プロフィール

・株式会社ディスカバリープラス コペルプラス向ヶ丘遊園教室 7月入社

・20代 女性

・学生時代  芸術系を専攻、教員免許取得

ポイント
・もともと、大の子ども好き!学生時代は小学生向け絵画教室でアルバイト。
大好きな美術を子どもに教えたいという思いで教員免許を取得。

・学生時代の経験より、やはり子どもと直接関わる仕事がしたいという思いが強まり、転職を決意。

・教室という少人数かつチームで働く職場だからこそ、職場の雰囲気はじっくり確かめたい…
「働く人の声」から一緒に働くスタッフの支援に対する考えや職場の雰囲気が十分に知ることができて、安心して応募ができた。

Q.転職しようと思ったきっかけは?

A.やっぱり大好きな子どもと直接かかわる仕事がしたい!という強い想いに気づいたから。

元々子どもが大好きで。姪っ子のお世話をしていたり、学生時代には小学生向けの絵画教室のアルバイトで子どもたちに教えていたり。子どもと関わる機会もたくさんありました。

大学では、美術系を専攻していました。子ども向け絵画教室でアルバイトをしたことがきっかけで、「大好きな子どもたちにものづくりの楽しさをもっと知ってほしい」「子ども達一人ひとりの個性を発揮させられるような美術教育をしたい」という思いから教員免許を取得。

また、障害のある子どもが学ぶ特別支援学校で教育実習をする機会に恵まれたんです。それまでは障害のある子どもと触れ合ったことがなかったのですが、実習での関わりを通して「障害も1つの個性なんだな、一人ひとり豊かな個性を持つ子どもたちにじっくり向き合うことができたなら…」という想いを抱いたことを覚えています。

大学卒業後、一度は他の会社へ就職したのですが、やはり学生時代の経験から「子どもと直接関わる仕事がしたい」という思いが強くなり、転職活動を始めました。

Q.どうやって転職活動を進めた?

A.インターネットの求人掲載サイトを利用。「障害のある子どもへの支援」に関する仕事を探していた時に、LITALICO発達ナビと出会った。

主にインターネットの求人掲載サイトを利用しました。「子どもと直接関わる仕事に就きたい」という気持ちを出発点にインターネットで検索をし、始めは学童保育や児童館の採用を中心に調べていました。

子どもにまつわる仕事をさまざま調べている中で、学生時代に特別支援学校に実習へ行ったことを思い出し、「障害のある子どもに関わる仕事」についても見てみようと思い、検索したところ、LITALICO発達ナビの求人検索ページを見つけました。

Q.発達ナビ求人検索サイトを使ってみて…応募した決め手は?

A.「働く人の声」で一緒に働くスタッフの顔と子どもや支援に対する考えに触れ、共感できたことが安心材料に。

まず「都道府県検索」で住んでいる神奈川県を選択。自宅から近く、また明るく楽しそうな雰囲気が感じられる写真に惹かれ、「コペルプラス向ヶ丘遊園教室」の求人を詳しく見ることに。

待遇など基本的な条件はもちろんですが、応募に踏み切れたのは理念や支援への想いを、発達ナビに載っていた「働く人の声」を通してじっくり知ることができたから。コぺルプラスの「今のあなたでいいんだよ」「そのままのあなたが大好きだよ」という子どもたちに対する想いを、そのまま支援に反映している姿勢に惹かれました。

「基本情報」から理念や方針を知り、深く共感できたこと、「働く人の声」でスタッフの方の様子や支援への想いを知ることで安心でき、応募に至りました。

Q.応募から見学、面接を経て…入社の決め手は?

A.理念に基づいた一貫性のある支援と、チームで子どもを支える姿勢を感じられたこと。

応募後、すぐに代表の方から連絡をいただき、面接の日にそのまま向ヶ丘遊園教室に見学することに!「働く人の声」から伝わる、明るくあたたかみにあふれた雰囲気そのままで、いっそうここで働きたいという気持ちが高まりました。

とはいえ、「障害児支援」は初めてだった私。やりたい気持ちはあるものの、一人の子どもの支援を自分が担えるのか、とても不安でした。

そんな中、見学の際に「指導員1人だけが子どもを背負うのではなく、スタッフや保護者など、子どもに関わる人みんながチームとなって子ども一人ひとりを支えているんだよ。だから指導員1人だけが責任や不安を背負い込む必要はないの。ぜひ一緒にがんばってみようよ!」

そう声をかけてもらえたことで、不安が軽減されましたし、「チームでやるからこそ自分が一戦力として子どもも、スタッフ・親のチーム全体も支えられるようになりたいー」と思えました。

また、教室のスタッフ全員から話を聞いたり、指導の様子を見学したりする中で事業所の理念が一つひとつ支援にしっかりとつながっていることが分かりました。そして一貫性を感じられたことが決め手となり、入社を決めました。

Q.これからこの事業所で実現していきたいこと・キャリアイメージは?

A.まずは子どもそれぞれのニーズに上手に対応できる指導員に。そして、スタッフチーム全体を支えられるような人材になりたい。

実はつい先日、研修(基本的な知識を学ぶ座学、教室でのロールプレイなど)を終え、現場での指導デビューを果たしました!

研修で学んだことが役立つシーンもあれば、まだまだ臨機応変な対応が必要な場面で慌ててしまうことも…まずはしっかりと指導経験を積んで、子どもそれぞれにあった療育ができるようになりたいですね。子どもには皆好きなこと、得意なことといった強みがあります。そんな強みを引き出していくことで、子どもが自信を持ち、前向きになってもらえるお手伝いができればと考えています。

また、この教室では一人の子どもに対して複数のスタッフが指導に携わります。だからこそ、スタッフ同士の情報共有や連携がとても大切になってきます。「チームで子ども一人ひとりをしっかり支えていく」ために、スタッフのチームワーク形成やより効率的な情報共有のためのコミュニケーション強化、子どもへの理解を深めるための仕組みづくりといったことにもいずれ関わっていきたいですね。

Q.転職を考えている人に一言

A.「この教室いいな」「障害児支援、やってみたいな」と少しでも感じたら、勇気を出して見学してみることが大事

私は障害のある子どもへの支援経験がなかったので、最初は児童福祉の現場でやっていけるのか、不安もありました。

そんな私がコペルプラス向ヶ丘遊園教室に応募、入社できたのは、「職場の雰囲気や一緒に働くスタッフの方の想いに触れることができ、共感できたから」「応募後に見学へ行き、入社前の不安や心配事を、一緒に働くスタッフの方が親身になって相談にのってくれたから」。

実際に見学して分かることもありましたし、スタッフと直接話したからより深く理解できたこと、得られる安心感もたくさんありました。

「障害のある子どもへの支援、関心はあるけど自分にできるかな…?」そう不安に感じている方こそ、その教室・法人の「支援に対する考え」「子どもに寄り添う姿勢」に触れてほしいです。まずは、気になる施設があったら、応募・見学してみることをおすすめします。

お住まいの地域で「児童指導員・児童発達支援管理責任者の求人」を探す

採用担当者より

採用の決め手

面接で、約1時間、じっくりと、これまでの経歴や本人の考え方、そして志望動機、児童福祉の仕事への想いを聞くことができ、非常に好印象でした。面接の後、教室見学にも来ていただきましたが、その際、真剣に療育の様子を見たり、他のスタッフの話を聞いていました。

そんな姿を見て、ぜひ、当社のスタッフとして、力をお借りしたいと感じ、採用を決めました。

採用前に抱いていたイメージと現在の仕事ぶり

面接時点より、非常に穏やかで優しい雰囲気を感じていましたが、現在、仕事をしている姿を見ていても、抱いていたイメージ通りでした。

また、利用者である子どもの特性に合わせ、柔軟に仕事に取り組んでおり、期待以上に頑張ってくれています。

今後期待する役割

まずは、保護者の方からの信頼の厚い指導員としての成長を望んでいます。その後は、これから入社してくる指導員への教育など、向ヶ丘遊園教室の指導員としての役割だけではなく、会社の中で、他の教室や、向ヶ丘遊園教室に入社してくる後輩を育成する立場になり、利用者、保護者、他のスタッフから、幅広く信頼される存在になってもらいたいと期待しています。

LITALICO発達ナビの求人検索サービスで「子どもに対する支援への想い・方針」「求職者の方へのメッセージ」を詳しく伝えることができたからこそ、弊社にマッチする人材と出会えたのだと思います。

「もっと子どもに合った指導ができるようになりたい」「子どものためのよりよいチームづくりに貢献したい」そんな前向きな彼女のこれからの活躍をとても期待しています!

採用担当としましても、応募者の方にはまず見学・体験・面談などによって、お互い雰囲気や実現したいことなどじっくり知りあえたらいいなと思いますので、是非お気軽にお問合せください。

お住まいの地域で「児童指導員・児童発達支援管理責任者の求人」を探す
都道府県から探す

都道府県から探す

全国の児童指導員・児童発達支援管理責任者の求人を都道府県から探すことができます

掲載情報について

LITALICO発達ナビの採用支援サービスは、求人情報掲載サービスであり、職業紹介業ではありません。