「小学3・4年生」の検索結果 (1ページ目)

発達ナビのYouTubeチャンネル開設!動画コンテンツのリリース、続々
これまで文字によるコンテンツを中心に、みなさまに情報をお届けして来たLITALICO発達ナビ。より多様なニーズに応えられるコンテンツをお届けできるよう、新たに動画の配信をスタートしました。 イベントの様子や...
公開日:2019/09/13
「会話はニガテ派」でも親友ができる!ASD兄妹の独特な友達づきあいの方法って...?
うちの凸凹兄妹たちは二人とも言葉が出るのが遅く、また私があまり外に出ない生活をしていたこともあり、小さいころから今に至るまで家を行き来するお友達は一人もいません。 と、言うと「だ、だ、大丈夫なの?(孤立?)」...
公開日:2019/09/13
【説明会申し込み受付中】家庭学習を出席扱いに!不登校で悩む家庭の、将来の選択肢を広げる方法とは?を解説
平成29年度の不登校児童生徒数は144,031人と、たくさんの子どもが学校に行くことができない現状があります。今現在不登校の方もそうではない方も、ぜひ知っておきたい「家庭学習を出席扱いにして選択肢を広げる方法...
公開日:2019/09/12
じっとしていなくてOK!なコンサート、学習支援ツール展示やICTセミナー開催もある福祉機器展、ダウン症の男の子も出演する注目の映画情報まで!要チェックイベントを紹介
【9月の発達障害ニュース】今月のニュースでは、じっとしていなくてOK!なコンサートの情報や、最新の福祉機器を知ることができるイベントの情報をお届けします。さらに、9月13日公開の映画『人間失格太宰治と3人の女...
公開日:2019/09/12
ADHD息子を邪魔していたのは、脳内映像!?宿題も持ち物も忘れる理由は、世界の見え方にあった…!
ADHDと軽い自閉スペクトラム症がある息子・リュウ太は、やらなきゃいけないことにすぐに取りかかれなかったり、持ち物を忘れたりすることが日常茶飯事。その背景には、脳内で見ている自分の世界の映像が今目の前で起きて...
公開日:2019/09/09
学びやすさにこだわった算数・漢字問題集や、発達が気になる子向け自己分析ワーク、当事者が書いたライフハックノートまで。日々の「困った」に役立つ実用的な6冊
今月は目標に向かって行動する力を高めるワークブックや、国語や算数の学習に苦手意識のあるお子さまに向けて作られたプリント集、生活する上での課題を分析するために当事者が書いたノートなど、お子さん自身や当事者が活用...
公開日:2019/09/06
発達障害の娘、就職して半年。壁にぶち当たっていた時に出合った本が教えてくれた「本当の自己決定」
1年ほど前、発達障害の娘が特例子会社に就職して半年たったころのことです。当時、娘は、心身ともに弱り、会社も休みがちでした。そして私もどうしたらいいのだろうと悩んでいました。 壁にぶち当たり、私は明石洋子さん...
公開日:2019/09/05
時計への苦手意識が「できた!」「わかった!」に変わる『1日1歩 スモールステップ時計ワークシート: 何時何分かすぐ読める時計シートつき!』
「〇時△分までにすませようね」「あと△分で出かけるよ」時計の意味が分かり、活用できることは、日々の生活を送る中でとても重要なことです。しかし時計を読むためには、実はたくさんの知識が必要です。時計の学習を始めて...
公開日:2019/09/02
徹底的にシンプルな『みんなの地図帳』。LDなど特性による「読みづらさ」があっても情報が見つけやすい理由――編集した特別支援学校の先生に聞いた
読み書きに苦手のあるお子さんにとって、情報がたくさんつまっている地図帳は、読み取るのに難しさを感じることがあるのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、読み書きに困難さを抱えるお子さんでも使いやすい『みんなの...
公開日:2019/08/29
ADHD息子の「忘れてた」が「毎日やること」に!?もうひとつの特性を活かす母の声かけで、変化が起きて…!
ADHDがある息子はウッカリ屋さんで恒例の手洗いうがいも忘れちゃう!でも広汎性発達障害もあるのでルーティンで行動する特性をうまく活かして改善できないか?と考えて、毎日声かけを行ったところ、克服できました!
公開日:2019/08/28