「連絡帳」の検索結果 (1ページ目)

時計への苦手意識が「できた!」「わかった!」に変わる『1日1歩 スモールステップ時計ワークシート: 何時何分かすぐ読める時計シートつき!』
「〇時△分までにすませようね」「あと△分で出かけるよ」時計の意味が分かり、活用できることは、日々の生活を送る中でとても重要なことです。しかし時計を読むためには、実はたくさんの知識が必要です。時計の学習を始めて...
公開日:2019/09/02
自閉症ヒルマ、未提出の宿題がどっさり。「欠かさずやっていたのに…!?」再び発覚した連絡帳の落とし穴
小5の1学期がこんなに忙しいとは思いませんでした。委員会活動に運動会、林間学校や職業体験など学校行事が盛りだくさんなのです。ASD(自閉症スペクトラム)のある息子は毎回不安を口にしつつも、予想以上に楽しく参加...
公開日:2019/08/06
1年ぶりの宿泊学習へ!ドキドキの行事を乗り越えた自閉症長男の、大きな成長
少し前、長男の通う特別支援学校で宿泊学習がありました。去年も同じ時期に行われたので、長男にとって今回の宿泊は2回目です。去年は、学校からほど近い施設で夕方から朝まで過ごすという、そこまで本格的なものではありま...
公開日:2019/07/26
【最終話!】娘に必要なのは、魅力的なカリキュラムや就職率…?特別支援学級で気づいた、娘が「大切にするコト」を基準に【わが家の進路選択Vol.7】
娘は中2の1月に特別支援学級に移籍し、正式に入級しました。 入級後は、発表会、校外学習、運動会、宿泊学習、など特別支援学級独自の行事がある為、娘が希望する全ての教科を通常学級で受けることはできませんでした。特...
公開日:2019/07/23
不登校からの復帰、そして――特別支援学級転籍をすすめる担任が「息子さんはもっと学びたいから」と言う理由【息子の復学 Vol.3】
新学期から毎日楽しそうに登校をしていた息子。聴覚の過敏さもあり、通常学級に在籍しながらも、特別支援学級の利用もすすめたことで、無理なく学校生活を送れているように見えたのだが。 ある日「また学校に行くのが嫌に...
公開日:2019/07/17
「こんな勉強がしたい!」不登校だった息子の始業式の朝を変えた、春休みのレク【息子の復学 Vol.2】
約1年半の不登校生活を送っていたが、3年生後期の最後1週間、連日登校をすることができた息子。春休み中に息子は疲れをリカバーできるか、進級に伴う環境の変化に適応できるのかと私は不安を感じながら過ごしていた…。今...
公開日:2019/07/08
学校の先生は、ADHD息子と母のサポーター!よい関係を築くため、母が心がけたコトとは…?
息子リュウ太がADHDと広汎性発達障害の診断を受ける前から、学校の先生は特性に対して丁寧にサポートをしてくれていました。母である私に対しても、こまめに学校での様子を知らせてくれたり、診断を受けるきっかけをくれ...
公開日:2019/06/24
「え、それも明日必要!?」連絡帳見て走り回る母、注文の多い小学校だと思っていたけれど…!
小学生の頃のわたしは、毎日のように平気で忘れ物をしていました。しかし息子のヒルマは自閉スペクトラム症。忘れ物をしたらパニックになりかねません。 そこで入学後、持ち物はすべて連絡帳に書かせてもらうよう先生にお...
公開日:2019/06/03
親として、編集者として、誰もが安心して子育てできる居場所をつくりたい――LITALICO発達ナビ2代目編集長・牟田暁子の描く未来
2016年1月にオープンし、4年目を迎えたLITALICO発達ナビ。2019年4月より2代目編集長に就任する牟田暁子に、初代編集長の鈴木悠平がインタビュー。自身も重度の希少疾患のある娘を持つ母親でもある牟田が...
公開日:2019/04/01
自閉症長男の「おべんとう!」の一言がうれしくて。今日は最高の成長記念日
3月は別れの季節ですね。先日、自閉症の長男が通う特別支援学校でも卒業式がありました。成長し、小学部から中学部へと羽ばたいていく子どもたち...。同様に、この春小学部5年生になる長男にも、大きな成長が見られたの...
公開日:2019/03/29