「広汎性発達障害」の検索結果 (1ページ目)

「俺だけ大変」の思い込みで逃げていたADHD息子。20歳でぶつかる暗記の壁!
ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太は、いつも勉強に投げやりで、特に国語はイタタタター。漢字の書き取りが大キライだったのですが、これにはある理由があったのです。
公開日:2019/02/18
「具合悪い…のかな?」体調不良を伝えられなかった発達障害の娘。ついに、病院の問診で…!
子どもの健康管理は親にとっては大切なこと。具合が悪いのかどうかがわかりにくかった娘。今となっては体の不調を自分で言えるようになりましたが、コミュニケーションが取れない時は、大変でした。
公開日:2019/02/13
【埼玉県・京都府】いま空きがある放課後等デイサービスをピックアップ!
全国の支援施設を検索できる、発達ナビの「施設情報」コーナーではWEB上からお問い合わせが可能な掲載施設数がどんどん増えています!支援内容やスタッフの様子、設備などを見ることができるので、お住まいの地域の気にな...
公開日:2019/02/13
解決法が見つからなくても、話すだけで楽になれた。発達障害育児を支えた戦友
発達障害の娘が未就園児の頃のお話です。その頃の私は、発達が遅い娘との毎日に必死でした。辛いこと、悩むこともありました。そんな時に、支えとなったのは…
公開日:2019/02/05
かんしゃくは「助けて」のサイン?漢字が苦手な自閉症長男が変わった秘密は、あの人気ドリルと手作り教材
自閉症スペクトラム障害のある小学3年生の長男は、昔から、自分の興味のないことにとりくまなくてはいけないときは癇癪をおこしていました。学校では、小学1年生の時から漢字の勉強につまづき、宿題のたびに癇癪をおこす毎...
公開日:2019/02/04
「できない」が「できる」に変わる場所!一人ひとりに合わせた特別支援学級の神指導
『光とともに…』の光くんは、小学1年生から「あさがお教室」という特別支援学級に在籍をしました。発達障害のある娘も、通常学級から特別支援学級に転籍しました。 一人ひとりの教育ニーズが違う発達障害の子どもにとっ...
公開日:2019/02/02
最新動向をチェック!児童発達支援の無償化やゲーム障害の実態調査など、話題のニュースやイベントを紹介!
【2月の発達障害ニュース】2019年10月から幼児教育無償化の一環で、就学前の障害児の発達支援も無償化されることを知っていますか?また、ゲーム障害が疾患として認められることを受けて実施中の実態調査など、今注目...
公開日:2019/02/01
やっぱり同級生ママには言いにくい…インターネットだから分かち合えた発達障害育児の本音
発達ナビさんが3周年を迎えました!おめでとうございます! と、言うことで~、コラムを書き始めて2年半の私が、 発達ナビさんに対する思い…コラムを描いている時の思いなど、 書かせていただきたいと思います。
公開日:2019/01/30
2019年、発達障害についての理解はどう変わる?『私たちは生きづらさを抱えている』著者・姫野桂さんインタビュー
2018年夏に出版された『私たちは生きづらさを抱えている発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音』。著者の姫野桂さんは「東洋経済ONLINE」で発達障害がある22人を取材し、さらに自分自身の体験も合わせて語る...
公開日:2019/01/29
いつ、どこにいても自分に合った支援につながるように。地域・社会に働きかけた3年目のLITALICO発達ナビ
「みんなでつくる、発達障害ポータルサイト」として2016年にオープンしたLITALICO発達ナビが、本日3周年を迎えました。 世の中全体の発達障害に対する認知・関心が増えるなか、私たちには何ができるのか。 ...
公開日:2019/01/25