「仕事」の検索結果 (1ページ目)

「パラレルアイデンティティー」でいいと気づいて。ASDの私の、見失った「私らしさ」を探す旅
発達障害があり、加えて複雑なトラウマを負ってきた私。そんな私のアイデンティティーは最近まで混乱していて、自分が何者であるのかをうまく定義できずにいました。しかし、カウンセラーの力を借りて、40代となったいま、...
公開日:2022/12/05
「なんでうちの子だけ…」発達グレー息子、集団療育でもママの膝の上に!?ーー療育センターの2年間、先生の言葉と懇談会で感じた見えない絆を振り返って
長男が療育センターに通い始めたのは、年少の終わりごろ。きっかけは保育園で受けた面談で発達の遅れを指摘されたことでした。正直私は、まだ長男の発達に遅れがあることを受け入れられていなかったのですが、長男のため、そ...
公開日:2022/12/04
「放課後デイは5年待ち」に焦り!年少自閉症息子の就学準備。支援センターで相談をしてみると…
現在年少の息子。小学校の入学準備なんてまだ先の話…と思っていたが、児童発達支援の個別療育がどこも満員で入れない現状を知り、こんなに入れないなら、就学後の放課後等デイサービス(以下、放課後デイ)はどうなるの!?...
公開日:2022/11/30
「どんな育て方してるんだ!」挨拶問題でご近所トラブル!息子の障害をカミングアウトしようと決意した出来事――発達ナビユーザー体験談
【発達ナビではユーザーさんからの子育てエピソードを募集中!今回は「ご近所トラブル」についてのエピソードをご紹介します】わが家の息子は中学2年生。3歳のときに、ASDと知的障害の診断がおりました。そんな息子が、...
公開日:2022/11/21
学びの秋に!本田秀夫先生や野口晃菜氏のオンラインセミナー、視覚支援サービス「写もじ」、「脳卒中フェスティバル」など注目の話題をご紹介!
11月のニュースコラムでは、本田秀夫先生、野口晃菜氏の講演、視覚支援カードの印刷サービス、「脳卒中フェスティバル」などおすすめの話題をピックアップしました。
公開日:2022/11/14
国家資格「公認心理師」とは?資格の取り方や受験難易度、仕事内容から発達障害のある子どもとのかかわりまで解説【専門家監修】
2017年施行の公認心理師法によって、心理職として唯一の国家資格として誕生したのが公認心理師です。一般的にカウンセリングをする仕事と思われがちですが、それ以外にもさまざまな業務があります。 今回は公認心理師...
公開日:2022/11/13
マンガで『発達障害』を改めて考える!知っておきたい「親なきあと対策」「インクルーシブ教育」など、この秋読みたい5冊を紹介
11月の新刊コラムは、「発達障害」について考える人気web漫画の書籍化、インクルーシブ教育について考える野口晃菜さんの新刊、親なきあと対策、マンガで学ぶAPD/LiDなど計5冊をご紹介します。
公開日:2022/11/10
登校しぶりに「がんばろう」は逆効果? わが家流「行きたくないレベル」に合わせた合理的で現実的な3つの工夫
子どもが「学校に行きたくない」というとき、「それぐらいのことは、みんなガマンしてるんだよ」「がんばろう!」なんて、根性論で説き伏せがちなのではないでしょうか。すると、今までずっと何かをガマンし続けてきた子ども...
公開日:2022/11/08
障害児のお薬問題。服薬はすべき?自閉症息子と母の薬との付き合い方
服薬についてはさまざまな考え方があります。 私は、障害がある子ども自身や家族の生活の安定のためには、お薬をうまく使うことも大切だと考えています。
公開日:2022/11/07
大学は?職種は?小6ASD娘の進路「パニックを起こしそうだから」避けるのではなく…親として用意しておきたいことーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!
今回、発達ナビさんのご厚意で、 児童精神科医の三木崇弘先生と対談させていただきました。 思春期・反抗期真っただ中の娘あーさん(小学6年生)に対する接し方や、将来のこと、私自身のこと…聞きたいことをとことん聞い...
公開日:2022/11/02