やぎさんのページ

F3b179855165123b24e5b2b8386dca1d7bca247f l やぎ
初めまして。今年40歳になります。
小さな頃から生きにくさを感じていました。家でも社会に出ても居場所がなく、20代でうつの診断を受けました。うつが軽くなったとしても、元のように生きればまたうつになること繰り返しで、医者に相談すると、アスペルガーと言われました。
うつが自分の持ってる特性のための2次障害であるなら、うつを治すという考えより、特性を自分が理解し、周りにも理解してもらうという考えがいいんだろうと思います。
皆様の経験談などから、色々学べたらなと思います。
よろしくお願いします。
アクション履歴
やぎさんがシェア
4ヶ月前 違反報告
なんか、自分と同じこだわりを持った人がいると知れただけで、嬉しいな。私も120色色鉛筆をきっちり並べてホッとします。若い頃は二、三回商品の陳列をこそっと変えてしまったこともあります。今は、人のものはこだわっちゃダメってわかりますが、、、スイッチがオンになると手を出したくなるんですよね〜。
やぎさんがシェア
4ヶ月前 違反報告
私が小さい時に抱えていた孤独感は、これだったのかと
コラムを読んで共通点がありすぎてホッとしました。
ありがとうございます。
Yes
みんなと違うところは、一言じゃ言えないけど、
昔から会話をして自分の意見を言うと、
「そうきますか〜」とか「すごい飛んでるね〜」って言われたり、
会話が飛躍しすぎるところもあって、変わった子と言われていました。
人と違う目線が持てたことを、誇らしく思っておこうと思っています。
最近嬉しかったこと?
りたりこで皆さんと情報だけでなく、気持ちを共有できること。
そんな場所に出会えたことかな。
今誰かに聞いてほしいこと。
爆発寸前なので、ちょっと嫌なこと書いているかもしれない。ごめんなさい。

今、夫が実家の農作業が忙しいって言って週の半分はひとりぼっちです。
農家さんが忙しいのはわかるけど…
実家ってうちから10分しかない。
まさか午前さまで農作業をしているのだろうか。

「明日は来るから。今日は帰らなきゃ」って言ってたけど、
私と2人で住んでいるこの場所は、「来る場所」なの?
すごくひとりぼっち。なんでこんな知らない土地に彼だけを信じてきてしまったのだろう。
面倒見てもらってる立場がこんなこと言っちゃいけないのかな。帰ってきても、私のことは無関心。
餌のように弁当を冷蔵庫に入れて出て行く。今日はバナナを入れて帰っていった。
餌を与えられるだけありがたいのかな。

実家に泊まり込んでしている農作業っていうのは、実は地元の飲み会だそうな。
私のこと忘れて、楽しいだろうな。

ダメね。ちょっと無理してでも、故郷に帰った方がいい。
ひとりぼっちを嘆いている自分が情けない。本当にくだらない。
自分を守れるのはやっぱり自分だけだ。
早く自立しなきゃと決意した夜でした。

小さい頃、一人で何か挑戦するのが好きだった。
エレクトーンを習ってたけど、即興で適当な音楽を作って遊んでいた。曲の終わらせ方がわからないので、一曲2時間弾いてたけどしたけど、お気に入りの遊びだった。
母から玄関の掃除を頼まれると内側から外側に掃き出して、どこまでも外が続くので、結局団地一周と、隣接する公道を全部1人で掃いていた。団地の自転車小屋の前にかなり長い距離の歩道があって、石で落書きをしていたら、これまたどこまで描こうかわからなくて、なが〜い歩道を自分の絵で埋めた。
そんな、友だちもおらず、自分の中の宇宙で生きて来た私は40に差し掛かっても、ほとんど変わってないけど、似た感覚を持つ作家さんのつながりができた。
ある絵描きさんが、作品展の打ち上げの時に言った。「みんなで、一人カラオケに行こうよ〜」
なんて斬新な提案!
小さい頃は学校など、狭い世界で友だちを作らないといけないから大変だけど、
大人になれば、磁石が引き寄せるように友だちができたなぁと実感する。
した質問