piyopiyoさんのページ

0311e1791c1fe92ecd3215fa0472bce6bf2b252d l piyopiyo
ASDとLD、ゲーム依存、暴言暴力を抱える小学校高学年男児の母です。
認知症の母も同居しており、息子とのトラブルも絶えません。
最近、登校拒否で悩んでいます。
よろしくお願いします。
アクション履歴
一昨夜、母が私と子供たちの寝室にやって来た。
ペティナイフを手にして。

私と子供たちは見た瞬間凍り付いた。息子がすぐに
「おばあちゃん、危ないからね、ね?」
と優しく語り掛けた。刺激してはいけないと思ったらしい。
「どうしたの?ナイフは危ないから一旦私に頂戴」
と私。母はいたってニコニコ笑顔である。
「○○(息子)が包丁探していたから、持ってきてあげたの」
それは3日前の話。私が留守にした時、息子がリンゴが食べたくなりナイフを探したという。
息子はリンゴの皮むきが得意で、食べたいと時には自分で剥いて食べるのだ。

その2,3時間後。空腹になった母は、鍋に入っていたものを食べようとしたらしく
鍋を焦がしていた。火事にならなくて良かったと心底思った。
以前はレンチンしようとして誤ってオーブンのスイッチを押し、煙をモクモクと上げたことがある。

翌朝、昨日の奇行について話すと、全く記憶になかった。
その後、母は自分の部屋で一人で泣いていた。

昨日はガスの元栓を閉めて寝た。スーパーのお寿司を買って冷蔵庫に入れておいた。
出来る限りの予防線を張ることにした。

いつもは暴言暴力の多い息子の、母へのあの語り掛けに私はちょっとだけ安心した。
息子の不登校で娘の卒業式に出席できなかった私。
卒業式翌日、せめてもの償いに、写真館で娘と二人だけで写真を撮った。
その写真が出来あがった。
頬はピカピカに輝いて満面の笑みの娘。
卒業証書もなんだかまぶしい・・・
娘の横に寄り添っていた私は、しょぼしょぼのおばさんだったけどね。
娘よ、新しいステージで精一杯羽ばたいてください・・・
東日本大震災・・・
当時4歳だった息子。多動が酷く、他の方に迷惑をおかけしてはいけないと思い、
避難所には行けなかった。旦那は単身赴任中。実家も被災した。
ケータイも繫がらず連絡が取れない。ガソリンも底をついた。どこにも行き場はなかった。
ご近所は誰もいなくなった中、子供たちと4人。余震が収まらずいつ倒壊するかもしれない
築40年の住居に、ライフライン全てがない状態で居続けた。
死ぬ時はみんな一緒・・・という覚悟で。

あれから7年。短いようであっという間だった。
子供たちは成長し、私も年を重ねた。
子供が生きていること、自分が生きていること、温かいご飯を食べられること、お風呂に入れること、安心して眠れること・・・当たり前だとまた感じ始めていたことに気づいた。
明日は当たり前に来るだなんて傲慢な考え。いつ何があるかなんて誰にも分らない。
一日一日精一杯、息子の育児に悩みつつも、命あることに感謝しながら生きるようになりたい。


今日は息子は朝から登校。なんで昨日は出来なかったん?

昨日は涙と共に言ってはいけない言葉が次から次へとあふれ出た。
「今日はお姉ちゃんの高校の卒業式なんだよ。昨日からいっておいたよね?
どうして起きれないの?高校の卒業式は一生に一回なんだよ。行きたかったあ~。」
何度も泣いた。
分かってる。睡眠障害で息子の身体も辛いことも。
でも、息子に八つ当たりをしてしまった私。こうなるかもしれないのを予想して
旦那に保険をかけとけばよかった。休みを入れてもらわなかった私が悪い。
済んでしまったことは仕方ない。
これからは気を付けよう・・・
娘へ
卒業おめでとう!
昨日は出席できず本当にごめんなさい。
「ちょっぴり寂しかった」
と言われた時、胸が痛んだ。自分の判断ミスを悔やんだ。

帰宅した娘は、後輩たちからの沢山のプレゼントやお手紙を持ち帰った。
アルバムの中の娘はいつも笑顔。周りにはたくさんのお友達がいる。
充実した高校生活だったんだと見て取れた。

お母さんも弟もあなたがいたから今、生きている。
あなたの支え、助けは、かけがえのないものだった。
弟のことで泣けてきて辛い時、いつもあなたが側にいてくれた。
色んなことがあったけど、生きててよかった。
本当にありがとう。

これから4年間また仲良くしていこうね、よろしくね。


今頃、卒業証書をもらってるはずの娘。なぜ私はりたりこにいる?最近寝不足が続いたためか、薬が効きすぎたのか息子が起きてくれない😢勿論起こして目覚めるように入浴もさせた。なのに食事の途中で爆睡。結局休むなら母ちゃんは卒業式に行きたいんだよ。大丈夫と言ってくれたけど、親が来ない子なんて誰もいないよね。ごめんよ娘。
した質問