kaoruさんのページ

Bd19c901c9edbb4009e66d9d0671450a524a4c78 l kaoru
発達障害児の保護者や支援者のためのコミニテイ「あすぽーと」代表。
あすぽーとでは「みんなで繋がって、みんなで強くなる」をコンセプトにお母さんたちが元気になるコミニテイを目指しています。
専門分野をお持ちのゲストをお招きして開く毎月のコミニテイでは、30人ほどの発達障害児ママと共に学んだり、情報交換をしたり、そして気持ちを共感し合ったり、にぎやかで楽しい時間を過ごしています。また発達障害の社会への認知を広げるために毎年秋に開く講演会には100人を超える人が参加し、様々な角度から発達障害の理解を深めています。
また個人としては、現在ADHD&アスペルガー症候群の長男(15歳)と定型発達だけどマイペースな次男(9歳)の子育てに奮闘中。子どもたちとの関わりの中で感じたことや、母親の視点からみる発達障害、コミニテイでの交流を通して学んだことなどをご紹介したいと思っています。
アクション履歴
kaoruさんがシェア
25日前 違反報告
「うちの子はADHD 反抗期で超たいへん」
さっそく読みました!
面白かったです。ちなみに我が家の発達障害児も繰り返し読んでました^^
思い当たることばかりで、親子で爆笑^^
田中康夫先生のアドバイスも分かりやすくて為になりました。
息子より4歳年上のリュウ太君の存在が息子の近い将来の見通しとなって、ずっと助けられて来ました。きっとこれからも!
にゃんこさん、リュウ太君ありがとう。
Yes
私は手首が過敏なのか?衣類が触れるのがイヤで気づくと腕まくりしている。
「張り切ってるね!」とか言われるのが恥ずかしくて、腕まくりしないようにしているのに、気づくと腕まくりしている。腕時計やブレスレットなど固いものは平気なのに、衣類の袖が気になる。
姪は腕と首が過敏で腕や襟についたファーが苦手。この変な過敏症、遺伝要素が強いのだろうか?
No
息子が幼い頃に美術館で、「ご夫婦で別に鑑賞なさってお子さんは外でお待ちください」と迷惑そうに言われてから、静かにしなければならないところへはなるべく近づかないようにしていました。展示品に触ったり、本を破ったりしても困りますし。
親が特性を知る前に出入りしなくなったので、伝えたことはないです。

ただ、高学年になった頃から、息子が実は美術や工芸品などの鑑賞が好きだったことに気づき、幼い頃に行かなかった事を残念には思いました。
ただ、伝えたところでどれくらい理解してもらえるのか疑問に感じるので、知っていたところで伝えなかったと思います。
レストランは多動のほかに偏食もひどかったのであまり行かなかったですね。

また受給者証についている割引特典とかも利用した事がないです。
告知をしていないのに子供の前で受給者証を出すことに抵抗があったからです。

中学生になった今は、どこへでも行けますし、落ち着かなくなったら本人が外に出る対処も出来ますので、これからも伝えることはないと思います。
kaoruさんがシェア
6ヶ月前 違反報告
おそらく素晴らしい発見なのだろうが、保護者としては複雑な気持ち。
何度も出てきた治療開発という言葉に戸惑う。
やっぱり発達障害は治すべきものだと思われているんですね。
息子は息子のままでいいのに。
YES
録画した発達障害特集を見られてしまい、息子本人から「この説明を聞くと、僕は発達障害だね」と言われました。5年生の時でした。
子供が聞いて来たらウソはつかないと決めていたので、「得意なことと苦手なことが極端な人のことを言うんだよ。」と説明しました。
本人なりに受け止めに苦慮したようですが、このサイトで紹介されたプロチチという漫画を読んでから、アスペな自分に自信を持つようになりました。主人公の直ちゃんをリスペクトしています。