ケラケラさんのページ

60a171842aba075b01813e69a7c065db36cdae6f ケラケラ
2008年9月生まれの息子が知的の遅れがあります。
アクション履歴
凄くふんわりした言い方ですが、自分も行って学びたい!って思うような学校がいいな~とw
遊園地みたいな楽しいアトラクションもあって、授業は自由にやりたいときに受けられて、興味を引く楽しい授業ばかりだったらいいなあって思います(^^)
【理想の学校を考えてみよう!】学びたい科目をつくれる、登校時間を選べる…1投稿1アイデア、自由な発想で「こんなのあったらいいな!」をシェアしよう♪
『自閉症の僕が跳びはねる理由』を買って読みました(^^)
質問に答えるような形式で、普通の本とはちょっと変わってる気がしましたが、自閉症である方が書いてあるだけあって、かなり説得力があって自閉症の人の気持ちが少しわかった気がしました。最後に小説があるのですが、感動的と取れるのかも知れませんが、ちょっと怖かったです^^;
役に立ったとかじゃないのですが、『「みんなの学校」が教えてくれたこと』が学校についていろいろ考えさせられました。著者の木村泰子さんは、舞台になった大空小学校初代校長先生で、「自分がされていやなことは人にしない」というたった一つの校則と、「すべての子どもの学習権を保障する」という教育理念のもと、障害のある子もない子もすべての子どもが、ともに同じ教室で学んでいく学校を作りました。いろんな生徒との葛藤が書かれており、とても興味深かったです。
【子育てに役立った1冊を教えて】発達の理解に役立った本、お気に入りの絵本など…おすすめポイントや感想をみんなにシェアしよう♪
お気に入りというか、興味深く感じた絵本は、『おおきな木』ですね。子供の時は、木が可哀想に思っていたけど、母親になって木は幸せだったのかもって思えるようになりました。英語では『The Giving Tree』だとも知ったせいかもしれませんが^^;でも少年は身勝手だなあって思っちゃいますが…^^;
【子育てに役立った1冊を教えて】発達の理解に役立った本、お気に入りの絵本など…おすすめポイントや感想をみんなにシェアしよう♪
奥山佳恵さんがテレビ『人生が変わる1分間の深イイ話』に出ていて、息子さんがダウン症で落ち込んでしまったこともあるなど赤裸々に話していました。ちょっとだけですが、奥山佳恵さんの講演会みたいなのを聞いたことがあり、しんみりしてしまう話もありましたが、ほとんどは明るく楽しい日々の紹介で、旦那様も息子さん二人も、本人もとても幸せそうでした。私もあんな幸せそうな家族になれるようにがんばろうって思ってます(^^)
今日の自分を褒めよう♪誰にも褒められないけど頑張ってる!わざわざ自分から言わないけど知ってほしい…!発達ナビのみんなで共有しよう《1日、何回でも投稿OK!》