かなしろにゃんこ。さんのページ

Bfaa1ffd2bc76d400ac050a9be037c2b5114018d l かなしろにゃんこ。
注意欠陥と衝動性のADHDがある息子リュウ太のドタバタコミック『漫画家ママのうちの子はADHD』や発達障害がある子の進学、高校の支援、大学の支援、就職活動、就労支援、特例子会社など支援の現状を描コミック・ルポ『発達障害うちの子、将来どーなるの!?』(いずれも講談社)など著書があります。ブログhttp://nyantene.blog112.fc2.com/blog-entry-562.htmlでもマンガを公開中です☆どうぞよろしく☆
ADHDのことがよく分かる「知って向き合うADHD」http://adhd-info.jp/にイラスト書いています。
アクション履歴
皆様かなしろのコラムをいつも読んでいただきありがとうございます。
そして、このコラムにコメントを寄せていただき本当にありがとうございます。

皆様の言う通り!私の育て方は古臭い昭和の悪い子育てを引き継いだやりかたかもしれないと再確認いたしました。
私が育てられた時代、地域性もあったのかもしれませんが、人様の前で自分の子どもを褒めることは絶対にありませんでした。
井戸端会議をする大人の会話を聞いていると、
自分の子どもを褒める親は影で「親バカ」として陰口を言われていましたので、一歩外に出たら相手を立てて自分は謙遜するや、本音と建て前を使い分ける、悪く言えば「ウソの会話」そういう大人のやりとりが刷り込まれていったのだと思います。

しかし、私たちの子育ての時代は自分の子もよその子も褒める!という会話に変わっていったと感じることがあります。

私だけが昭和の古いやり方に取りつかれていたのかもしれませんね。

子どもの前で子ども本人のことを悪く言うのは、やっぱりないですよね…。
家の中ではちゃんと息子を褒めています、そのうえで外ではリュウ太のことは褒めませんよ!というやり方にしていまして、コラムにあった件以降は息子も人様の前ではこういう会話をするのだと理解してくれております。
親が子どもを一方的に悪くいうだけのものではないことをご理解いただけましたら幸いです。

皆様のコメントを読んでいて、
息子がもし父親になることがあったら、私のようにはならないでほしいとも思いました。
愛しい我が子のことを「うちの子はとってもいい子なんです!」と堂々と伝えられる世の中になりますように!

ありがとうございました。

かなしろにゃんこ。





ついつい口にした社交辞令、息子の反応は予想外のものだった

した質問
5a2119b6e178e1c71de65562c5240acaed86ae67

生活についてです

小学2年生の男の子です。普通級に通っています。授業にはついていけて、友達とも上手くやれているみたいです。高機能こうはんせい発達障害とADH...
回答
小学3年生男子、ADHDです。 息子も全く同じです。旦那さまのタイプも似ていてわが家の事かと思いました。 えっとですね、生活の事ですが そ...
Qa comment count icon ab126d944fcf2c1b97f58260922d099304c4f56060bd1e28c859792b0ba3c89d 14
Finish 9a5712734b0c82e1fe54247a552b85bfb22dae8e50c5933526e2db3af098dc4a
570722b44ec7003126d686b70703051e72ff7408 l

金スマみました

類くんが、まだ色々苦労してて、遅刻、場所探し。道を間違えたり、どんな本よりもわかりやすかった。のだめカンタービレのモデルのかたが、自立して...
回答
私も同じ様に思いますよ。 自分の子供、将来、自立出来るかな~?と。 少しずつ成長しつつ、心配は、尽きないのは、親だから、、、。 成長し...
Qa comment count icon ab126d944fcf2c1b97f58260922d099304c4f56060bd1e28c859792b0ba3c89d 1