星子さんのページ

アクション履歴
星子さんがシェア
2ヶ月前 違反報告
一人息子なので、将来の万が一のことを考え、独りでも生きていけるようにと、生活において彼が興味を持った家事を徐々に教え、一緒にやっています。掃除・洗濯・料理・縫い物・アイロンなど。飽きっぽいので、彼の気が向いたときに必ずさせたり、地道にお手伝いとしてお願いしたりしています。
コラムを読んで、困ったときには周りに助けてもらう、という視点が抜けていたと気がつきました。助けてもらうためには、丁寧な言葉遣いなど、うちの息子の課題も見えてきました。ありがとうございました。
先月の内ばき持ち帰りの週末に、洗うのを忘れた息子。2ヶ月ぶりのお洗濯。乾かす時に見るとこんなだったのです。Σ( ̄□ ̄; )
確か…10月に買い替えたよね?5ヶ月しかもたなかったか…😭

穴があんまりなので、新しいのを買いました。4年生になる4月に買い替えたかった〜( ̄◇ ̄;)
2歳の時からウルトラマンをよく観ていた息子が、小学1年生の夏休み(6歳半)に、落書き帳に書いたものです。

「これはもしかして…?」
「怒った時のママだよ。」

「えっと…この2人はどう違うのかしら?😅」

「じぼらは、ママの八つ当たりで怒った時、ごじぼは僕が悪かった時。」

なるほど〜😂
って、バレていたのね〜😱😱😱
【開催!みんなの作品展♪】工作、ブロック、イラスト…手書きの路線図やキレイに並べたおもちゃなども大歓迎!子どもや自分の作品をみんなとシェアしよう♪
今日の日本経済新聞、広告ページで見つけました。

学校になじめない異才伸ばす、東大先端研と日本財団が共同で手がける異才発掘プロジェクト、ROCKET。

好きなことをして生きていける多様性のある社会を目指して、日本中にROCKETができて欲しい。これまでに1600人超が応募し、59人を選抜したそうだが、少なすぎる!希望者みんなに門戸を開いて欲しいと思いました。

学校ではできない教育をするのがポリシーとありましたが、学校にむしろ組み込んで欲しいです。
【理想の学校を考えてみよう!】学びたい科目をつくれる、登校時間を選べる…1投稿1アイデア、自由な発想で「こんなのあったらいいな!」をシェアしよう♪
星子さんがシェア
6ヶ月前 違反報告
コラムを読んで、私のしてきたことを、それでいいんだよ、と言われた気がしました。
主治医に投薬を勧められ、悩み、セカンドオピニオンにも同じ見立てだと言われ、投薬に踏み切った後も、なんとか早く減薬したくてまたトラブル続きの毎日。その後減薬以前よりもお薬が増え…。適量をしっかりと見定め投薬しないと効かない(大人なのに子供の分量の風邪薬を飲んでも効かないように)事がよくわかりました。
お薬が効いている間は親が少し楽になるので、逆にそれに甘んじていては危険だということも意識しています。効いている間にSSTをしっかり進めること、あとは減薬に備えて、栄養学に基づく考察をはじめ、そのほかの手立てや情報収集は怠らないこと。
今は栄養もバランスが大切だと思い、1日30品目以上摂るようにしています。すると、お薬のまだら効きがなくなり、いつも安定した状態になっています。こういったママの地道な努力も、子供に伝えていけたらいいなと思います。
星子さんがシェア
6ヶ月前 違反報告
まさに私の欲しかった答えでした。
今年から他校の通級へ通い始めたのですが、ケーススタディは、息子には関係のなさそうな事例も多々あり、時間がもったいないかも⁈と悶々とする日もありました。
即物的な、目先の効果ばかりに気を奪われてはいけませんね。1日1日が血となり肉となり、息子を成長させるものと大切にします。
ありがとうございました。