Guideline main
お子さんの成長に伴いぶつかる、様々な壁。

「一体どうすれば伝わるの?」
「何度やっても上手くいかないときは、どうすればいいの?」
「他にもっと良い教え方はないの?」

こんなふうに、 大人が教え方に悩んでしまうこと 、ありますよね。
親子のヒントでは、そんな困りごとに対応した 子育ての工夫教え方の工夫 をご紹介しています。
親子のヒント、2つの特徴
1 発達の凸凹にも対応した、 教え方の工夫がわかる!
未就学の身辺自立から、中高生の自立に向けたスキルまで 580個以上の工夫 を用意!
2 全ての工夫は 指導経験の豊富な、発達の専門家が監修
現場で用いられる考え方や視点をもとに家庭で出来る工夫をご紹介!

「鏡文字になってしまう」「発音が不明瞭」「一方的に話してしまう」など、具体的な困りごとに応じた工夫をご紹介しているので、 どの年齢のお子さん にも参考にしていただけます。

1つの困りごとに対し 3つの工夫 をご紹介しているので、お子さんに合った工夫がきっと見つかります。

専門家からの実践時のアドバイスもご用意。お子さんに合わせて工夫をアレンジするときに必要な視点を、わかりやすく解説しています。
Guideline example image
よくあるご質問(FAQ)
Q 「親子のヒント」は、療育の指導と同じなの?
A 療育とは、お子さんの発達を促すための様々なアプローチのことをいいます。
各自治体の療育センターや、民間の施設などで、特に発達の遅れや凸凹が気になるお子さんを中心に、専門家による細かい見立てのもと、指導が行われています。

親子のヒントは、指導経験の豊富な専門家の方々と作成しましたが、あくまで「家庭で取り入れられる教え方の工夫」の1つと考え、使っていただければと思います。
Q 親子のヒントに載っていること以外のアプローチは良くないということ?
A 親子のヒントでご紹介する内容は、あくまで工夫の一例です。
「これ以外の方法は良くない」ということではございませんので、お子さんに合ったアレンジをして、楽しみながら取り入れてもらえたらと思います。
Q 親子のヒントを始めるときに、気をつけた方がいいことは?
A 基本的には 「お子さんが楽しんで挑戦できる」 というのが一番です。
ご自宅が過度なトレーニングの場になり、お子さんが疲れてしまう事のないよう、留意していただければと思います。
Guideline footer