Loading
TOPへ
今週できたことは?
Avatar11
愚痴というか嫌味なので、好きじゃない方は読まないでね。
(でも吐き出したいから書いちゃう!
ごめんなさい!(๑˃̵ᴗ˂̵)てへ💕)





うちの90手前のババさまが、昼から高熱があって体が痛いらしい。

私は昼前から出かけてて、夕方帰宅。
車で寝ちゃった娘を運び込み、起こさないように静かにしてたら、襖1枚向こうで
「熱があるのに誰もいないのよ!」
と、でっかい声で電話するババさま。
……いますけど。

ちょっと前に息子がインフルエンザになった時は、うつったら大変とお引きこもりあそばせ、息子(ひ孫)の調子はどうかとか、私(孫)は休めてるのかとか、そんな気遣いは一切なし。

今回節々が痛いようで、
「こんなふうになったの初めて!」
と大騒ぎ。
……いや、たぶん初めてじゃないから。
本当に初めてなら、そりゃ幸運でようございましたねぇ。

「ひ孫もインフルエンザで辛かったんだろうねぇ」

今更かい。
正直ね、ちょっとざまぁみろとか思ったw

「夕飯おかゆでいい?
おかずどうする?」

「おかゆだけでいい。
もう、少しだけでいい。
あとは要らない」

「今日、さつま揚げとこんにゃく煮るけど……」

「それは食べる!
少しだけ!」

ハイハイ、
少しって慌てて付け加えなくていいから。
たぶん普通に食べるでしょ……。

はぁ、もう。
思春期の子どもか!と叫びたくなります。

ちなみにババさま。
90手前で足腰弱ってるとはいえ、タクシー乗って買い物に行ける、とっても元気な自由人です……。
今日から3日間、出張です。
ずっと、落ち込んでいたのでタイミングよく家から離れてリフレッシュ期間となりそうです。
一人なんでホテルの中にあるレストランに入りました🍽
家は、旦那さんと息子が料理を作っていると聞いて一安心。
私は、ずっと娘に怒ってばかりだったので、きっと娘もノンビリ出来ると思いながら美味しくいただきました☺️
この歳になって(もうすぐ46歳)まだまだ大人になりきれていない私…今日は月1回のお墓参り💐
母が他界してから39年、あの頃、発達障害が少しでも世間で知られていれば母は今も生きていられたかもしれない。その頃はノイローゼと言われていたが、母もアスペルガーで鬱だったと思う。入退院を繰り返し、退院後は父母姉と離れて暮らさなければならかった時、私は小1だった。私に白い消しゴムにマジックで「いつも元気で明るいママ、いつも元気で明るいパパ」と書いてくれた消しゴムをもらい、使わずに筆箱に大切に入れていた。からかう子もいたけど無視をした。学校が嫌な日も祖母に「ママお話できなくなったけど頑張って生きてる、◯◯ちゃんも負けたらあかん、頑張りや!」と私をはげまして祖母は暑い日も寒い日も毎日学校まで手をつないで送り迎えを1年間してくれた。いじめられた時は祖父母が学校に行き、いじめないように先生から児童にお願いをしてくれたので、次の日からいじめはなくなったが、一年後転校になり、祖父母、叔父叔母とはお別れして、父と姉としばらく暮らすことになった。母親からの愛情はほとんど受けられることは無かったが、祖父母、叔父、叔母には深い愛情で大きくしてもらうことができた。父も今は姉家族、私、夫を大切にしてくれている。昨年ようやく私自身が発達障害だとわかり、私の生活は一変した。「ママ、私を生んでくれて本当にありがとう。いつか天国で会えると良いね。」お線香をあげながらささやく。こんな歳になっても母親が恋しく、成長しきれていないことがわかる。これも発達障害と関係あるのか、無いのか…。子どもがいたら一緒に成長できたのかもしれない。いずれにせよ発達しきれていない部分を生きている間に少しでも伸びるようにマイペースでいきたい。
【やはり志尊淳くんは…✨✨なのよ】

散髪して来てサッパリしたよ😊志尊淳くんには程遠いけど…💦

息子なりには まぁまぁじゃないかな?せっかくワックスでてっぺんを膨らませてくれたのに『フワフワが嫌だ❗️』とか上から押しつけちゃって台無しにしちゃってさ😶

そりゃあオシャレには無頓着なのが特性とか言われてるけどさ
もう少しシャレっ気を出して欲しいわよね😓

《こんな感じになりやした》
今日は「猫の日」ということで、元々毎日ちやほやされているにゃんこさんが、1年の中で誕生日の次くらいにちやほやされる日です(笑)
昨晩。
「薬たくさん飲んでるから。
処方通りに飲んでないから。
でも効かなくなってきたから、
また増やしたい」

そこから会話が始まりました。

内容が苦しくて
ここには書けないけど
ずーーーーっと自分の中に溜め込んでた
心の声を出してくれたんだと思います。

息子の発する言葉とは裏腹に
「この苦しさから解放されるなら生きたい」と
私には聞こえました。

会話はなかなか噛み合わず
彼は「どーでもいい」を繰り返す。
でもそこから部屋へ行こうとしないのです。
だから、きっと助けて欲しいんだと
私には聞こえたのかもしれません。

彼の望みは眠って頭を使わず一日を過ごしたい。
寝るためには薬がいる。
でも、もうこれ以上は出せないと医者は言う。

話を聴く、受け止める、
出来そうなアドバイスはする。

またお薬飲んで寝てます。
苦しいな…手が出せない寄り添い見守り。

信じたいな
息子の生きる力。
今日はあまり仕事がありませんでした。
来月のデータがとどいたのでそれを進めましたが、これは結局来月がまた仕事が手薄になってしまうっということで・・・

まぁ、障害枠なので時間と仕事をへらして負荷をさげていただいているわけですが、いいのかわるいのか・・
幸せな光は
曇り空に隠され

いつも澄み渡る青空も
色をなくす

ためた青を反射しよう
不安な心
穏やかな波で ながしてあげよう
いつも暖かな世界
疲れていたら
優しい音で癒してあげよう

弱さは 強さ
迷いも、立ち止まりも必要
やすんで いんだよ
いつもそばにいるよ🍀