楽しくて興奮すると暴れたり度を越した悪ふざけをする 3188db3f9446e4820a6436507f089b1f3a836b6d l

興奮しすぎて、自分をコントロールできなくなってしまうと本人もつらい場合があります。
興奮してからの調整はむずかしいので、
事前に、自分の力や声の大きさを自覚する手立てや
クールダウンの方法を事前に練習しておくといざというときの調整するちからにつながります。

21894 view

楽しく遊んでくれるのは嬉しいけれど、興奮気味になってきたとき周囲の大人はまず何をすれば良いのでしょうか?
1 穏やかな雰囲気づくりをしましょう 少し小さめの声で、ゆっくりと話しかけるようにしましょう。

「すごいね!」「できたね!!」など大声での声掛けはお子さんの興奮を高めてしまいます。
大人から静かな雰囲気を作れると良いでしょう。
2 興奮気味なお子さんが、切り替えられるような活動を挟みます
子どもが興奮してきたら、周囲の大人はどうすればいい?の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
「一回お水のもう」
「おやつをテーブルに運ぶの手伝って」
など、お子さんが興奮している活動から、少し離れられるような声をかけましょう。
One point icon ワンポイント
小さなお子さんの場合、静かに抱きあげるなども良いでしょう。高い高いなど興奮を高めるような遊びは控えましょう。
Tedate icon ほかの工夫
Kansyu icon 監修者
5a9f9be3a4c4f2b420bb57b06f1121b9c3f754e5 s
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 所長 (アドバイザー)
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
『困った行動』TOPへ戻る >