放課後等デイサービス
  • 土日祝営業

Study*Cafe千種(学習支援型・放課後等デイサービス)

近隣駅: 吹上駅、鶴舞駅 / 〒464-0856 愛知県名古屋市千種区吹上2丁目4−25 トラフィック吹上 5階

昨日(11/10)のプログラム

教室の毎日
こんにちは。
Study*Caféの松山です。
昨日(11/10)のプログラムは「Social~コミュニケーションゲーム~ 海外のゲームをしよう」をしました。

今日みんなで遊んだゲームは「JUST ONE」というゲームです。
みんなで協力してヒミツの言葉を回答者に当ててもらう協力ゲームです。
このゲームで難しいけれど、面白いのは「同じヒントはダメ」というところ。
「他の子がどんなヒントを出すのかな」と想像してヒントを悩む姿は、楽しそうに見えました。

少しルールをプログラム用に変えましたが、ゲームの流れは次の通りです。
1.ヒミツの言葉を指導員が決める。
2.回答者は離れて待ち、その間に回答者以外はヒントをホワイトボードに記入する。
3.無効のヒントや、同じ意味を持つヒントがないか、指導員が確認する。
4.回答者がヒミツの言葉を推理し、回答する。

プログラムを考えた当初の子どもたちの目標としては「状況を意識して行動する:静かにする時は静かにする」「ルールを守ることができる。守ることができない子がいても優しく注意できる」の2つでした。

ただ、実際にやってみると、それ以外にも課題が見えてきました。

・どうしてもヒントが被ってしまった時に『ヒントが被った人を責める』
・協力ゲームだと伝えていても『勝ち負けにこだわる』
・回答者が考えている時に『ホワイトボードに書いていないヒントを言ってしまう』
・ヒントを考えている時に『ヒミツの言葉を勢いで言ってしまう。また、その子を他の子が責める』

このような課題をどのようにクリアしていくのか。
何度かゲームを繰り返しながら考えていきたいですね。
ただ、コミュニケーションゲームの大前提として『子どもたちが楽しむ事』は十分クリアできたので、やってよかったかな、と思います。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。