「お母さん」とは呼ばない息子。そこにはアスペルガーらしい理由があった

「お母さん」とは呼ばない息子。そこにはアスペルガーらしい理由があったのタイトル画像

息子・ハルがわたしを「のん」と愛称で呼び始めたきっかけは、ほんのささいなできごとでした。しかし、その後も継続して「のん」と呼び続けるのには、アスペっ子ならではの理由があったのでした。

8ff123b1 89ea 4ab3 86ea 071175778769 s
45253 View

きっかけは、真似っこ。

「どうしてハル君(息子)に自分のことを愛称で呼ばせているの?」という質問には「向こうが呼び始めた」と答えているわたしですが、今回はその経緯を少し詳しく説明しますね。

かつてわたしは、息子に向かって自分のことを「お母さん」または「おかあ」と称していました。

1歳を過ぎ、少しずつ発語できるようになってきた息子は、当時一緒に暮らしていたわたしの両親を「じい」「ばあ」と呼び始めました。わたしのことを呼ぶ気配はありません。

わたし:「ハルはまだ“お母さん”って言うの、難しい?」

ハル:「うん」

わたし:「じゃあ“おかあ”は言える?」

ハル:「おかあ」

わたし:「だったら“おかあ”でもいいよ」

ハル:「(首を振る)」

わたし:「もしかして、こう呼びたいっていうのがある?あったら教えて」

ハル:「…のん」

わたし:「あんたがそう呼びたいなら、これからは“のん”でいいよ」

両親がわたしのことを「ノゾミ」もしくは「のん」と呼んでいたからでしょう。

なるほど、確かにそうだ。

そんなハル、対外的には「うちのお母さん」にシフトしたのだとか…。

わたし:「ハルはいつかわたしを“お母さん”って呼ぶつもりある?」

ハル:「ないよ。のんがハルのお母さんだってことはわかるけど、どこに行っても“ハルのおかあさん”じゃないでしょ?本当の名前は…(あ、僕も矛盾してる!)」


わたし:「“鈴木希望”だね。“のん”もずっと呼ばれてるから、本当の名前に近いかも」

ハル:「そう。だから、“鈴木さん”とか“希望さん”とか“のんさん”とか、そういう名前で呼ばれるでしょ?のんの名前は「鈴木お母さん」じゃないもんハルはちゃんと名前で呼びたいから、のんのこと」

言葉の正確さにこだわるアスペルガー症候群の特性からくる願いなのでしょう。
どんなに長くても、映画やゲームのタイトルをできるだけ正式名称で言うのと似ているのかも…。

そして、更に続いた言葉は全く予想もしなかったものでした。
「お母さん」とは呼ばない息子。そこにはアスペルガーらしい理由があったの画像
確かにそれ、わたしの名前ではありません。
Upload By 鈴木希望

「親らしさ」への迷いを消してくれたハル

ハル:「あとね、お母さんだってこと、わかってるよ。でも、ハルのことを“鈴木子どもさん”と思わないで話してくれるのが嬉しいから、ハルも“のん”って人と話しているって、ちゃんと思いたい。だからこれからも“のん”って呼びたい。」

息子と同じアスペルガー症候群であるわたしは、他の人が言う「親のあるべき姿」が理解できず、試行錯誤を繰り返しながら目の前の息子と向き合っていました。そんな姿を、息子は肯定的に捉えてくれていました。

わたし:「そうだなあ……わたし、ハルが自分の子どもだって理解してるけど、“鈴木子どもさん”だと思ったことはないや。」

ハル:「うん。あのね、他の人が呼ぶ“ハル”と、のんが呼ぶ“ハル”って違うんだ、なんか。うまく言えないけど。いつか“お母さん”って呼びたくなるかもしれないけどね」

そのときはそのとき。
呼び名が変わっても「あなたはあなた」で「わたしはわたし」という事実は変わらない、そう強く思える。

おや?待てよ

何の気なしに「じいちゃん」「ばあちゃん」と呼んでいるハル…。

ハル:「実は“鈴木じいちゃん”“鈴木ばあちゃん”だと思ってた……年少さんのときにじいちゃんとばあちゃんの名前知ったけど、ずっと呼んじゃってたから別に変えなくてもいいかな、って思って……」

やっぱりね。(笑)うん。別に変えなくてもいいよ、今さら。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。