多動はどこから?3歳でADHDと診断された息子の場合

多動はどこから?3歳でADHDと診断された息子の場合のタイトル画像

最近ではADHDという名前も子育てをする親の中でも知られるようになりました。多動って一体どこから?イライラして叱ってしまう時はどうすればいいの?と迷う親御さんも多いのではないでしょうか。今日は、3歳でADHDと診断された息子の経験談をお話したいと思います。

215bb47da8fac3342b858ac3db09b033c6c46e0b s
218251 View

どこから「多動」になるの?

子どもはだれしも、ささいな事象にも喜びハイテンションになったりするものです。
子どもはだれしも、走り回り動きまわるものです。

だからこそ、「うちの子ってやっぱり多動なのかしら?」と思っていても、どこからが「多動」なのかは判断しにくいですよね。

就学前はなおのこと。専門機関で受診をしても、カルテにがっつり「ADHD」と診断名がつくことは稀です。
一般的には「多動の疑い」等と言われて様子見のことが多いです。
しかし微笑ましく「よく動くねぇ」と見ているのにも「限度」というものはありますよね。

今日は、3歳でADHDと診断された息子のお話をしたいと思います。

眠いのに飛び跳ねる?!

3歳の頃です。

寝る時間になっても ベッドの上でずっと跳び跳ねたり、倒れたりと動きが止まりません。

本人も、眠くて何度も布団に入るのにじっとできるのはたったの5秒。

すぐに飛び起きてまた飛び跳ねる。それをずっと繰り返し、気づけば数時間…。
突然動きが止まったと思えば、電池が切れたように眠っているのです。

これが毎日のように続きました。親も辛いが子どもも辛い。
一度寝ると朝まで目が覚める事はなく、「睡眠障害」というよりも「多動からくる入眠障害」。


こうなるともうなにがしかの対応は必要になってきます。
3歳前後でADHDの診断名はつくことは滅多にないのですが、「様子見するレベルではない」と、治療を行うべく診断名がつきました。

彼の安全を最優先に、4歳ごろから薬を微量に使用する生活が始まりました。

問題行動を「OK!」にする工夫

息子の問題行動は、「常にどこかに登る」こと。

「怖い」という感覚がわからないので どこまででも登ります。
その都度下ろしますが、その頻度が普通じゃない。1分間3回くらいは下ろしていました。
ほとんど床にいないので「君はコアラか?」と疑うほど(笑)それが寝るまで続くのです。

そんな状態では、全く目が離せない。家事どころかトイレにもいけません。
多動・衝動性が強い子どもを持つ親の苦労は、同じ体験をしている人にしか、わからないだろうなぁと感じます。
多動はどこから?3歳でADHDと診断された息子の場合の画像
ジャングルジムを購入(1歳半)
Upload By ANNA
ところかまわず飛び跳ねる息子。ついにソファを壊しました。
そこで、「禁止をするのではなく、登っていい場所を教える」ことにしたのです。

トランポリンや、ジャングルジムを用意。でも買っただけではダメ。
そこが大好きな場所になるような誘導が必要です。
多動はどこから?3歳でADHDと診断された息子の場合の画像
さらに 3歳の誕生日にトランポリンを購入
Upload By ANNA
他の場所で跳んだり登ったりしはじめたら さっと無言で降ろして「あ、ここは面白くない」という気持ちにさせます。
反対に指定の場所では、盛大に楽しく一緒に遊んだり、大好きなお菓子を口に入れてあげたりして、最高にハッピーな時間を演出したのです。

これを何日か繰り返すと、自然とその場所で遊ぶ時間が増えていきましたよ。
息子はとても気に入った様子で、長らくこの2つのアイテムに救われました。トランポリンに至っては現在もお気に入りです。

お家で出来る工夫は「環境整備」!

どんなに反省しても「衝動」はコントロールできないもの。

ことが起きた後になって「あ!やってしまった!」と気づく。
これは本人にとって悲しく、悔しいことですよね。その上、親に叱られたものなら、パニックに発展するのも当たり前です。

さすがに親も「叱っても解決しない」と学ぶけれど、一緒に生活していれば…叱ってしまいますよねぇ。この状態、親子ともに、精神的に不健康。

そこですべきなのは「環境整備」だと学びました。
薬の服用に踏み切らずとも導入できる、有効な方法だと思います。

子どもが興味を持ちそうなモノが入っている棚には、扉やカーテンをつけて、中身を見えなくする。
トランポリンやジャングルジムのように、思う存分遊んでいい場所を限定する。

面倒にも思えますが、多動・衝動性のあるお子さんには効果があると思います。
住環境は人それぞれですから、ぜひ出来る範囲で何かしらの工夫をしてみてはいかがでしょうか。びっくりするほど暮らしやすくなりますよ。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。