この子はきっと自閉症なんだ…。孤独な私を救った、ある漫画の話

ライター:OKASURFER

「我が子はきっと自閉症だ」そう確信するものの発達相談も診断も数ヶ月待ち。
周りの人たちに相談をしても理解を得られず・・・。そんな孤独の中にいた頃出会った漫画が「光とともに・・・〜自閉症児を抱えて〜」でした。

主人公の「光くん」やその家族の姿に自分たちを重ねて、何度も涙し勇気をもらいました。

何かしなきゃ、でも何を?

この子はきっと自閉症なんだ…。孤独な私を救った、ある漫画の話の画像
出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015071817
「子どもが自閉症かもしれない」

ぼんやりした疑惑が確信に変わり、ひとしきり悩み落ち込んだ後は少しずつ「立ち止まってないで、何かしなければ!」という気持ちになりました。

とはいえ、具体的に何をすべきなのかはほとんど知らない状態でした。「自閉症の特性」については調べてきましたが、自閉症の子どもにどう接すればいいのか、次の行動に関しては考えたり調べたりすることを避けていたのかも知れません。

ネットで情報を探し続ける私が出会ったのは…

この子はきっと自閉症なんだ…。孤独な私を救った、ある漫画の話の画像
出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28177001752
インターネットで「自閉症」と検索し、片っ端から本の内容やレビューを見て回りました。

とにかく読みやすそうに見える表紙をたよりに本を探しました。

そこで見つけたのは、漫画。

暖かい絵の表紙画と優しい字体で書かれたタイトル「光とともに…」、孤独だった私の心に光が挿すようで、すっかり心が惹かれました。
光とともに… (1) 戸部けいこ(著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4253104339

心をえぐられるほど、リアルなストーリー

この子はきっと自閉症なんだ…。孤独な私を救った、ある漫画の話の画像
出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015079677
さっそく読み始めたのですが、第1話は今読み返しても胸が痛くなり涙が溢れるほどに、リアルです。

自閉症の主人公「光くん」、そして母親「幸子」が障害を受け入れようと葛藤する場面、光くんがパニックを起こす場面、幸子の呼びかけに応えず光くんがひたすら側溝へ石を落とし続ける場面、そして幸子が「みじめだ」と泣き崩れる場面…。

どれも私自身の経験にも覚えがあるものばかりです。

すべてを見透かされ心をえぐられるようでした。

きれいごとではなく事実の描写だからこそ、続きをどんどん読みたくなり、光くんの成長に我が子を重ねて希望を抱くことができるようにさえなりました。
この子はきっと自閉症なんだ…。孤独な私を救った、ある漫画の話の画像
出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28177002989
登場人物それぞれの目線で、様々な事情や悩みを抱えているということが、丁寧に描かれており、最後には温かい気持ちで読み終えることができるのです。

私は光くんに我が子の未来を重ね合わせ、家族がどう困難を乗り越えていくのか、とても楽しみに読んでいました。

残念ながら、作者が執筆中に若くして亡くなられたので、この作品は完結することはありませんでした。

とても悲しいことですが、光くんの成長に希望を馳せていた私たちに、未来が託されたようにも思います。
次ページ「15年前の社会状況に、今を生きる私たちが共感できてしまう事実。だからこそ・・・。」

追加する

バナー画像 バナー画像

年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。