苦手克服はもういいや!私が「個性を伸ばす」に方向転換した理由

苦手克服はもういいや!私が「個性を伸ばす」に方向転換した理由のタイトル画像

3歳後半の発達相談で「自閉症スペクトラムの可能性が高い」と言われた息子。「なんとかしなければ」という私の思いが暴走し、息子の気持ちは置いてきぼりになりました。ある日息子が放った「お母さん、僕は出来ない子だったんだね」という言葉に、私は自分の間違いに気づいたのです。

45aa4582 4461 48a9 95b7 a72f7c4c6368 s
57430 View

幼稚園から脱走?!

2歳を過ぎたあたりから息子の「育てにくさ」を感じるようになりました。

強いこだわり、癇癪、指示の通りにくさ、多動、アイコンタクトのなさ、一つ一つ挙げていけばキリがないほどです。
当時は息子とどうコミュニケ―ションして良いものか分からず、一緒に過ごす時間がとても苦痛だったのを覚えています。

幼稚園のお試し入園に行ったときのことでした。
息子は突然パニックになり、「ぎゃーーー」と叫んで幼稚園の教室から脱走。
その日はショックで一日寝込んだ私でしたが、思い切って市が提供している無料発達相談に連れていきました。

息子は発達検査を受けさせられ、臨床心理士さんから告げられた言葉は「自閉症スペクトラムの傾向が強く見られます」というものでした。

習いごとを開始、なんとか苦手を克服したい

それからというもの、私はインターネットにかじりつき、毎日のように発達障害についての情報を検索しました。発達障害関連の書籍を山のように注文し、家には毎日のように宅配便が来ていました。

そのとき私の考えていたことは、「何とか息子の苦手なことをなくして、劣等感なく過ごさせたい」ということばかり。

息子の体幹の弱さと運動能力の遅れが気になり、すぐさま近所の有名な体操教室へ入会。週末にはトランポリン教室にも通わせることにしました。

しかし苦手なことを無理にやる事に対する息子の拒否反応は凄まじく、教室では暴れたり脱走したり奇声をあげたりの繰り返しでした。

先生方や見学の父母からの冷たい視線に耐えきれず、どちらも一か月足らずで辞めました。辞めた日は、それはそれは落ち込んで、息子の手を引いて歩きながら、涙が止まりませんでした。

体操教室を退会した息子が一言

その日の夜、息子とお風呂に入っていました。すると、沈んだ顔をする私に息子が言ったのです。

「お母さん、僕は出来ない子だったんだね」

私は息が止まりそうになりました。これまで息子を育ててきて、これほど悲しく、これほど辛かった言葉はありません。

そして私は、「この子をなんとかしよう」と焦るあまり自分が犯した失敗に気づいたのでした。
それは「出来ないことだけに集中していた」ということ。

発達障害の子どもは、どうしても「出来ないこと」が目立ちます。

ですが、「出来ないこと」に集中し苦手の克服だけを目標にしていると、ただでさえ「出来ないこと」に打ちのめされている子どもの自己肯定感をどんどん下げてしまうのです。

「僕は出来ない子なんだね」という息子の言葉は私の考え方の転換点になりました。

こんな悲しい言葉を二度と言わせてはいけない、「君は出来る子なんだよ」と言ってくれる人が沢山いる場所を探そう、この子の得意を伸ばしてくれる場所に行こう、そのときそう誓ったのでした。

「出来る!」と思える場所をさがそう

その誓いをしてから、他の子に並ばせようと習い事をするのではなく、息子に合った学びができる療育を始めました。
療育を始めて息子は大成長、自信もついてきた様子です。

保護者は「本人が苦労しないように」と思うあまり、出来ないことばかりに集中してしまう、無理をさせすぎてしまうこともありますよね。

私のこの失敗を通して、「出来ないことは少しだけ目をつむって、本人の好きなことや出来ることをもっと大事にしよう」と感じる方が一人でも増えたらいいな、そう思っています。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

さきまま さん
2017/02/08 22:21
私も、苦手を減らしてあげたいと頑張らせすぎて、ある日『お母さん…、かしこい子がほしかった?』と聞かれました。
今、小学3年生ですが、苦手をどんなに克服しようとしても、届かない辛さが限界に来ています。
今までしてきたお稽古を少しでも得意なものに切り替えて、自信をつけさせてあげたいと思っています。

このちい さん
2017/02/08 21:11
私もまさに、最近同じようなことがありました!うちの息子も発達障害がありますが、年中の夏頃は、スイミングに体操教室、リトミックを習っていました。どれも息子は行きたがるし楽しそうだけど、ささいなことで怒りだしてしまう息子。もちろん専門の先生もいないので、叱られるか放置されるか。スイミングのときは、何回プールサイドまで行って、話して切り替えさせたか。息子にも習い事が終わってからたくさん叱って。でもこれって、楽しみしてるからと行かせても結局息子には楽しくないよなと思って、全てやめさせました。今は運動療育に行っています。子供1人に指導員が1人ついてくださるし、息子が怒ったとしても、きちんと対応してくださる。また周りの目を気にする必要もありません。息子もほんとにイキイキしています。

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

林真紀 さんが書いた記事

音楽療法とリトミックの違いって?生きにくさを軽減してゆく「療法」であることの意味のタイトル画像

音楽療法とリトミックの違いって?生きにくさを軽減してゆく「療法」であることの意味

リトミックと音楽療法は何が違うのでしょうか。調べたり、見聞きするうちに見えてきたのは、目的設定の違い、そしてそこまでのアプローチの違いでし...
学習・運動
8473 view
2018/01/11 更新
自閉症スペクトラムを理解するための新たなアプローチ!最新の脳波技術を用いた研究結果とはのタイトル画像

自閉症スペクトラムを理解するための新たなアプローチ!最新の脳波技術を用いた研究結果とは

自閉症スペクトラム障害の人たちの多くに共通する「社会的コミュニケーションの困難さ」と「こだわりの強さ」。 これらを理解するための新たなアプ...
発語・コミュニケーション
17519 view
2017/12/22 更新
自分への問いかけかわからない!?クラスの会話すべてに首を突っ込む原因は聴覚の過敏性にあった!のタイトル画像

自分への問いかけかわからない!?クラスの会話すべてに首を突っ込む原因は聴覚の過敏性にあった!

発達障害児が悩まされることの多い「聴覚過敏」。大きな音や怒鳴り声などにパニックになってしまうことはよく知られています。そして息子の場合は、...
発語・コミュニケーション
11603 view
2017/12/12 更新
「ジッとしなさい!」と叱る前に。教室で活躍する「ペダルデスク」の存在からわかることのタイトル画像

「ジッとしなさい!」と叱る前に。教室で活躍する「ペダルデスク」の存在からわかること

ADHDの子どもの特性である衝動性・多動性。このような特性のある子どもたちにとって何時間もジッと座って授業を受けるということは、苦行です。...
進学・学校生活
25891 view
2017/11/23 更新
パニック予知も夢物語じゃない!?発達障害支援にもつながる、可能性に満ちたデバイス研究を紹介!のタイトル画像

パニック予知も夢物語じゃない!?発達障害支援にもつながる、可能性に満ちたデバイス研究を紹介!

子どものパニック発生を予知してくれるセンサーがあったら…!そう思ったことは1度や2度ではありません。しかし、今それも夢物語ではなくなってい...
発語・コミュニケーション
18767 view
2017/11/10 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。