友達に急に跳びかかる息子、トラブルの原因は一年前の苦い記憶にあった

友達に急に跳びかかる息子、トラブルの原因は一年前の苦い記憶にあったのタイトル画像

「忘れられない」ことで起きるフラッシュバックやトラブル、二次障害を避けるために、親として出きることを試行錯誤したこれまでの取り組みをご紹介します。

Bd19c901c9edbb4009e66d9d0671450a524a4c78 l
28855 View

忘れられない辛さ、みなさんは経験がありますか?

過去の辛い記憶や苦い経験、みなさんはどれくらいの時間が経てば消化できますか?
思い切り泣いたらスッキリする、一晩寝たら気持ちを切り替えられる、失敗したときと同じ状況になったとき初めて消化できる、など人それぞれだと思います。

発達障害には、記憶に関する凸凹があると言われており、特に自閉症は忘れられない障害とも言われるそうです。
その「忘れられない」という特性は、アスペルガー症候群の息子にも、色濃く出ています。

何かのキッカケで、苦い記憶が、まるで5分前に起きた出来事かのように鮮明によみがえり、ストレスを感じます。

忘れてはならない予定や持ち物などは、しょっちゅう忘れてしまうのに、苦い記憶や自分の中で消化できていない事は何年経っても覚えているのです。

そのストレスが原因で、パニックを起こしてしまうこともありました。どうしたらこのフラッシュバックから解放されるのでしょうか?
当たり前ですが、パニックが起きたときに一番辛いのは本人。息子だって、平穏な生活を望んでいます。

息子のパニックを誘発したのは、1年前の出来事

友達に急に跳びかかる息子、トラブルの原因は一年前の苦い記憶にあったの画像
Upload By kaoru
息子に「苦い記憶を忘れられない」という特性があると気づいたのは、学校からの1本の電話でした。

「ある同級生を見かけた途端、飛びかかり、蹴った」との事でした。

先生は「理由を聞いても、わからない」と言うのです。

「同級生を見かけた途端、飛びかかった」という状況で、息子の言い分は「僕が先にやられたからやり返した!」という内容。息子が跳びかかったときの目撃者も多く、先生は息子の言い分に戸惑ったようでした。

私が息子に話を聞くと、確かに相手が先に手を出したのは事実なのですが、それはなんと1年以上前、学校ではなく放課後デイでの出来事だったのです。

「突然相手から椅子をぶつけられたから押し返した。そうしたらぼくだけ先生に怒られた。だから今度は僕が先にやった。やり返しただけだ!」

これでは学校が対応に苦慮するのも、当然だと思いました。

1年前にトラブルになった際、大人の仲裁に納得できず、モヤモヤを忘れられなかったらしいのです。かつてのトラブル相手を見つけた途端、モヤモヤした記憶が鮮明によみがえり、半ばパニック気味になっていたのでしょう。

納得ができないことは、息子の中で未消化のまま終わらないのです。
親はどこまでサポートするべき?「過保護」と「過干渉」の違いのタイトル画像
関連記事
親はどこまでサポートするべき?「過保護」と「過干渉」の違い

消化できないままの出来事は、何年経っても終わらない。そう気付いてから

今回の件を考えれば、理由があっても手を出すのはいけないことです。そして当時その同級生は椅子をわざとぶつけたわけではなかったのかもしれません。

ですが、まずは子どもの気持ちに寄り添い、「口惜しかった」「納得がいかなかった」という気持ちを認めてあげる事に徹しました。

1年前に、息子の言い分を聞いてから「わざとじゃなったかもしれないね」と伝え、それから「でも手を出すのはいけないと思う」と言っていたら、この1件は納得して息子の中できちんと消化できていたかもしれません。

今回の1件で、息子は1年前のトラブルが頭から離れず、ストレスを感じ毎日のように私に口惜しい気持ちを話し続けるようになりました。
友達に急に跳びかかる息子、トラブルの原因は一年前の苦い記憶にあったの画像
Upload By kaoru
なんとか、息子の苦い記憶を消化させてあげたいけれど、なかなか情報がありませんでした。ですが、打開策のヒントは息子自身が言った言葉にありました。

「お母さん、僕は忘れたほうがいいのかな?

この言葉にピンときたのです。きっと、忘れたいけど忘れ方が分からないのではないだろうか?

「そうだね、君のためには忘れたほうが良いかもしれない。

納得できないかもしれないけど、忘れられたら楽になれると思う。

口惜しかったよね?納得できなかったよね?その気持ちはお母さんが覚えておくから。」

このやり取りを境に、息子はこのトラブルを口にしなくなりました。

忘れる事が苦手なのは「忘れてもこの先大丈夫なのかどうか」がわからないから

友達に急に跳びかかる息子、トラブルの原因は一年前の苦い記憶にあったの画像
Upload By kaoru
これは私の考えですが、息子は「忘れていい」と言って欲しかったのだと思います。本当は思い出したくないし、パニックになって問題も起こしたくないのが本音でしょう。

私が「お母さんが覚えておく」と言ったのは、息子が自閉症スペクトラムである以上、行き場のないネガティブ記憶の処分先を、明確にしたほうが良いのではないか?と思ったからです。

その後、息子は忘れたいけど忘れられない記憶ができると、私に「忘れる許可」を求めに来ます。「忘れたい」とは言いませんが「忘れたほうが良いのか?」と聞いてくるのです。

自閉症スペクトラムの子は、見通しを立てたり応用する事が苦手と言われますが、「忘れていい」と明確にわかり「忘れてもこの先問題ない」という見通しがないと、忘れることさえ不安なのかもしれません。

親子で一歩ずつ、「苦い記憶」と上手に付き合っていけるように

アスペルガー症候群である息子は、知的に遅れもなく言語も達者です。だからこそ「理解できるだろう」と安易に解決を求められ、消化できない苦い記憶が増えてしまうのかもしれません。

こうやって積み重なった苦い記憶は、二次障害の原因のひとつにもなると私は感じています。

私は、息子に関わる大人にいつもお願いしていることがあります。それは特別扱いをして欲しいとか息子の肩を持って欲しいとかではなく、

「本人の言い分を聞いた上で、息子も相手も納得できる解決をして欲しい」ということです。こうした関わりが、消化できない苦い記憶ばかりを増やさない大切なプロセスだと思うからです。

周囲の協力と、家でのコミュニケーションを重ね、息子は成長と共に「ある程度流せること」も増えてきました。私に気持ちを話し、共感してもらえると落ち着けるようにもなってきました。

それでも、過去の苦い記憶を思い返してグズグズする事もあれば、私が十分に話を聞けない時はなかなか切り替えられない事もあります。ストレスが多いときほど、苦い記憶は忘れにくく、そして思い出しやすくなるように感じます。

全ての要因を排除するのは無理だとしても、二次障害を誘引しない程度に、ネガティブな要因を避ける術を学ぶのが目標です。

まだまだ「苦い記憶を忘れる」ハードルは高いけれど、親子で1歩ずつ飛び越えて行きたいと思います。
36歳でアスペルガーと診断されて。高校教師の僕が今想うことのタイトル画像
関連記事
36歳でアスペルガーと診断されて。高校教師の僕が今想うこと
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。