娘の不登校で疲れ切っていた私の居場所、「親の会」とは?

娘の不登校で疲れ切っていた私の居場所、「親の会」とは?のタイトル画像

気にはなるけどどんなところかわからないと行きにくいもの。これを読んで「こんなところなんだ」って親しみを持ってもらえると嬉しいです。

0ca9277f91e40054767f69afeb0426711ca0fddd s
25147 View

不信感でいっぱいの私が「親の会」とつながるまで

「親の会」という言葉を聞いたことはありますか?聞いたことはあるけれど、一体どんなところなのかはよくわからないという方も多いと思います。

あるいは「気になるけど、つながる勇気が出ない」方もいるかもしれませんね。

私もそうでした。

私の娘は小学2年生の3学期から不登校。

それまで、子育てで抱えていた不安な気持ちを共有できる場も無く、1人で抱え込んでしまった私はしばらく病院に通いつめたり入院したり、学校側の説得に心折れそうになったりと、辛い日々を過ごしていました。

当時は誰かとつながりたいというより、「誰にも会いたくない」という気持ちが強かったように思います。

娘が小4の頃、少しずつ状況が落ち着いてきましたが、学校関係のママ友とは話が合わなくなっていた私。

ようやく少しずつですが、同じ悩みを持っている人とつながりたいと思うようになりました。

最初はネットを使って親の会を探しましたが「何を聞かれるのだろう?」「どんな人がいるのだろう?」という不安から問い合わせるのが怖くなり、電話をかけることができませんでした。

娘の不登校問題でこれまで学校と交渉を続けてきた私は、心身ともにヘトヘトだったのです。

その頃にはすっかり学校不信、人間不信に。

そんな中、偶然通っていたカフェの店長さんが親の会の世話人をしている人と知り合いだったことを耳にしました。

こんなチャンスはめったにありません。信頼できる人の紹介なら安心できると思った私。ぜひ紹介してほしい!と世話人の方を紹介していただきました。

その世話人の方を通じ、地域の交流会に参加することになったのです。

不登校に悩んでいる家族は、私はひとりじゃなかった

会場は地元のコミュニティーセンターの会議室でした。

常連という感じの人や、私と同じ初めての方もいて、開放的な雰囲気に安心しました。

参加者の構成は、

・不登校の子どもを持った保護者

・世話人(親の会OB)

・アドバイザーとして学校の先生(退職した先生・現役の先生)

この3つでした。

順番に自己紹介を兼ねて自分の子どもの近況や、このごろ悩んでいることなどを話していきます。

子どもの学年ではうちが1番下で、中学、高校、高校をやめて引きこもっている子どもなどの話も次々と出てきました。

基本的にみんな聞き入る姿勢ですが、アドバイザーの先生から「学校の反応はどう?」など質問やアドバイスをもらうこともでき、「わかる!うちもそうだったよ」、「すごい、頑張ったんだね」という温かい反応ばかり。

そして自分の番になったとき、「ああ、こんなに無条件に私の話を受け入れてくれる場は初めてだ」と感じました。

長い話になってしまったのに、みんな熱心に聞き入ってくれて、涙ぐんでくれる人までいて嬉しかったのを覚えています。

「こんなに仲間がいたんだ。私はひとりじゃなかったんだ。」と思った瞬間でした。

講演会やイベントなど、大人も子どもも交流できる場がたくさん

大人たちの交流会の間、子どもたちの交流会もあります。

別室で集まってみんなでお菓子を食べたり好きな漫画の話をしたりと、見守りの先生がいる中で楽しそうに過ごしています。

また、交流会では講師を招いて講演を開くこともあります。

不登校の相談にのっている先生や、ご自身が不登校で今も仕事で壁にあたりながら頑張っている当事者、私たちと同じ親の体験談などいろいろな話を聞くことができます。

私が参加している会は全国規模なので、都道府県単位の集まりのときには大学の先生などの講演もあります。

飲み会やお茶会などもよく開かれていて、「同じ悩みを共有する仲間同士」みんなで気楽によく喋り大いに発散しています。

親の変化は子どもの変化につながっている

これまで参加してきて、先輩の保護者からよく耳にしたことは、

「子どもではなく『親が』変わった

「子どもと話が通じるようになった」

「家の中の緊張感がなくなってきた」

ということです。

他の参加者と情報交換し、自分の気持ちも受け止めてもらえると親もどんどん変わるようです。

受け止めてもらえることで親の不安も減り、それが子育てへの自信や安心感につながります。

そんな親の変化を見て子どもも変わるんですね、きっと。

ネットでも親の会は探すことができますし、新聞にも地域情報として載っています。

事前申し込みはいらないところがほとんどですので、気が向いたら行ってみてはいかがでしょうか?

お勧めです。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

ヨーコ さんが書いた記事

「ママ、20歳になったら胸を取る手術していい?」第二次性徴を迎えたアスペルガーの娘の言葉に母は、のタイトル画像

「ママ、20歳になったら胸を取る手術していい?」第二次性徴を迎えたアスペルガーの娘の言葉に母は、

アスペルガー症候群、ADHD、学習障害などといった発達障害のある子どもは、自分が女なのか男なのか、見た目ではわかってはいても、心の中の「自...
発達障害のこと
2241 view
2018/01/19 更新
毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!のタイトル画像

毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!

小2で不登校、小3から引きこもり・昼夜逆転生活を送るようになったアスペルガーの娘。もともと味覚がとても鋭くスーパーのお惣菜も受け付けないの...
身のまわりのこと
17184 view
2017/12/05 更新
フリースクールでの日々が、卒業の”不安”を進学の”希望”に変えた!娘の変化の理由はのタイトル画像

フリースクールでの日々が、卒業の”不安”を進学の”希望”に変えた!娘の変化の理由は

中3の娘が通い出した技能連携校のプレスクール的なフリースクールは、学習時間が20分と大変少ないのが特徴です。「ただでさえ勉強が遅れているの...
学習・運動
4127 view
2017/10/23 更新
ピンチはチャンス!洗濯ができず泣くアスペルガーの娘に、カバーする術を教えたい!のタイトル画像

ピンチはチャンス!洗濯ができず泣くアスペルガーの娘に、カバーする術を教えたい!

アスペルガー症候群の娘は中学生になって大きくお手伝いの幅が広がりました。掃除や皿洗いは何も問題はないのですが、洗濯では娘の特性が表出し、泣...
身のまわりのこと
15408 view
2017/09/15 更新
不登校8年生の娘が高校を選択!大切なのは早めに学校候補を知ること、そして…のタイトル画像

不登校8年生の娘が高校を選択!大切なのは早めに学校候補を知ること、そして…

不登校の娘は、中学に一度も顔を出さないまま3年生になりました。そんな娘ですが「高校へは行きたい」と言っています。とはいえ、コミュニケーショ...
進学・学校生活
9829 view
2017/09/01 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。