ロールシャッハ・テストとは?目的と診断手順、受検方法は?結果の信頼性は?気になる疑問をまとめました

ロールシャッハ・テストとは?目的と診断手順、受検方法は?結果の信頼性は?気になる疑問をまとめましたのタイトル画像

ロールシャッハ・テストは深層心理を探ることができるといわれているパーソナリティ検査です。小説や映画で精神鑑定の方法として出てくることもあり、図版を見て何に見えるかを回答するというシンプルさで広く知られているこのテスト。実は臨床心理の世界ではさまざまな物議をかもしているのです。このコラムでは、ロールシャッハ・テストの目的と実際の手順などを紹介します。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 s
発達障害のキホン
104319 View
目次 ロールシャッハ・テストってどんなテスト? ロールシャッハ・テストを実施する目的は? ロールシャッハ・テストの手順は? ロールシャッハ・テストは誰がどうやって判定するの? ロールシャッハ・テストは信頼できるの? ロールシャッハ・テストを受けられる機関 まとめ

ロールシャッハ・テストってどんなテスト?

ロールシャッハ・テストとは、紙に垂らしたインクを2つに折り曲げて広げたことでできる左右対称の模様が描かれた図版を見て、「何に見えるか」「どんな風に感じたか」を直感で答えていくテストです。スイスの精神医学者ヘルマン・ロールシャッハにより創始されました。90年以上の歴史をもち、日本では1930年代に紹介されて以来、臨床心理の現場で広く用いられ、研究され続けています。

このテストは「投影法」という手法を用いて行われるパーソナリティ検査の一つです。パーソナリティ検査とは、行動様式や反応様式などからその人の人格を診断・評価する検査のことを指します。テストの多くは資格や職業適性の判定やストレスの原因を見つけることをねらいとして実施されます。

なお、ロールシャッハ・テストは、病気や障害の有無を診断するものではありません。また、「模様が蝶に見えたら◎で、蛾に見えたら×」というような正誤を判定するテストでもありません。では、ロールシャッハ・テストでは何を調べるのか……?それは、受検者の「心」「性格」といった目に見えず、本人も意識していない内面的な世界を理解するため、すなわち「その人らしさ」を知るために試みられるテストだと考えられています。

ロールシャッハ・テストを実施する目的は?

専門機関が実施するテストでは、以下の3つを目的としたものが一般的です。

職業適性試験や資格試験の一環として受ける

警察官や教員などの採用試験や、航空機や自動車の運転免許試験で実施される場合があります。その資格や職業にふさわしくないとされる、無自覚の反社会性や衝動性の有無をチェックするための検査として、ロールシャッハ・テストが用いられることがあります。

心理カウンセリングや発達相談の一環として受ける

原因不明の頭痛や腹痛、不眠や過食といった不調から診察やカウンセリングを受けたとき、検査の一部として精神面・情緒面の問題の有無を探るために、医師や臨床心理士から受検をすすめられることがあります。また発達相談の過程で受検を促される場合もあります。

これらのケースで受検する場合は、受検者の内面を理解し、よりよい治療やカウンセリング、発達支援を提案することが目的です。カウンセリングの経過や支援の効果を調べるために日をおいて何度か実施されることもあります。

ロールシャッハ・テストの手順は?

ロールシャッハ・テストは面談式で行われることが一般的です。専門機関が実施するテストでは必ずインクブロットと呼ばれる図版を用います。図版には無彩色のものと有彩色のものがあり、10種類が1組になっています。

テストの手順は以下の通りです。
1. 受検者は図版を見て、何に見えるかを自由に回答していきます。

2. 次に1の回答をふまえ、「なぜそう思ったか」という追加の質問に答えます。

3. 図版の種類を変えながら、数回2~3を繰り返します。
その間実施者は、1~3の作業の中で得られた答えや、カードを見たときの受検者の反応、態度などを記録していきます。「どのように見えたか」「どのように感じたか」という言葉だけではなく、「好き/嫌い」といった感情的な反応や、回答にかかった時間の長さなども含まれます。正解があるテストではないので、思い浮かばない場合は「思い浮かばない」ということそのものが回答になります。また、カードを回転させたり一部分に注目して答えることも可能です。

面談式のテストでは、回答についてさらに質問が加えられることもあり、発想力や表現力を要するため、テストが終了するまでに2時間以上かかることもあります。

適性検査では記述式やマークシート式で回答することもありますが、その場合も手順は同じです。図版を見る、何に見えるかを答える、そう思った理由を答える、という順番で記述したり、直感に一番近い選択肢をマークしていきます。

記録された回答は、臨床実績に基づく統計データと照合され、分析されます。

結果が出るまでの期間と開示の有無は、実施機関の方針によるので、各自ご確認ください。

ロールシャッハ・テストは誰がどうやって判定するの?

専門機関が実施するテストの場合、回答は精神科医や臨床心理士が判定します。テストの実施者が医師や臨床心理士の有資格者でない場合は、受検者の回答や実施状況を記録し、有資格者に判定を委ねます。
 
ロールシャッハ・テストの回答は、現在の日本においては「包括システム」(またはエクスナー法)という方式で判定されるのが主流です。「包括システム」とは、精神科臨床の場で蓄積した膨大な統計データから実証された人格の傾向を、体系的に網羅したシステムを使い解釈する方法です。

その他に、日本独自の方法を体系化し、受検者の反応や言葉づかいも重視しながら分析していく「片口式」などもあります。

ロールシャッハ・テストは信頼できるの?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。