火事場のバカ正直!犬猿の仲の先輩と遭遇したADHD息子が、思わずとった行動とは…!?

火事場のバカ正直!犬猿の仲の先輩と遭遇したADHD息子が、思わずとった行動とは…!?のタイトル画像

小さいときから「ごめんなさい」が言えない息子。中学生になっても、謝るということをほぼしない男子に成長してしまいました…。「自分が悪かった」と納得できないと折れることができず、頑固になってしまったのです。

でも、とある日…火事場で2年来犬猿の仲だった先輩と遭遇したことをきっかけに、大きなしこりが解消できたのです。

Bfaa1ffd2bc76d400ac050a9be037c2b5114018d s
19711 View

リュウ太、火事に遭遇する!

火事場のバカ正直!犬猿の仲の先輩と遭遇したADHD息子が、思わずとった行動とは…!?の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
息子リュウ太が中学3年生のころのこと。目前に迫った受験に向けて塾通いしていた、冬のある夜のことです。

塾からの帰り道、住宅街から煙が立ち昇っているのを発見したリュウ太。「火事かな~?それともフライパンでも激しく焦がしたのかな~?」と眺めていると、突然ドカン!という爆発音が。その音とともに窓ガラスが割れ、勢いよく煙が噴き出してきたのです。

「火事だ!」リュウ太は慌てました。

火事だ、通報しなきゃ!通報をお願いした高校生が、実は…

火事場のバカ正直!犬猿の仲の先輩と遭遇したADHD息子が、思わずとった行動とは…!?の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
火事に遭遇したリュウ太。「通報しなくちゃ!」と思ったけれど、いつもは塾に持参している母の携帯電話を「今日に限って持ってねーしー(汗)」

「あわわわ…誰かに通報を頼まなきゃ」と辺りを見渡したものの、こんなときに限って夜の静かな住宅街には誰もおらず。

どうしよう…?とオタオタしていると、男子高校生が自転車でこちらに向かってくるのが見えました。「高校生なら携帯電話を持っているはず!」と考えたリュウ太は、「あのー、火事なんです!通報をお願いします!!」と頼みました。高校生は、火事に驚きながらも、すぐに消防署に通報してくれてました。

ところがです!その高校生をよく見ると、なんと一番会いたくなかったお人!テニス部の元部長ではないですか~。

犬猿の仲だった元部長に、2年越しの「すいませんでした」

火事場のバカ正直!犬猿の仲の先輩と遭遇したADHD息子が、思わずとった行動とは…!?の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
中学1年生のころ、リュウ太はテニス部に入っていました。でも、根っからの怠惰野郎ですから、みんなが一生懸命に朝練に取り組んでいてもリュウ太だけは「寝坊」ということで朝練をサボり続け、3年生の部長からお叱りを受けることが、たびたびありました。

「仕方ないだろ、起きられなんだから」というのがリュウ太の言い分ですが、頑張っている子からしたら「テニスなめてんじゃねーぞ」という態度に他なりません。

「ワザと起きなかったわけではないのだから許される。ワザとじゃなかったらいいだろう!」という自分ルールがあるものですから、「真面目にやれ!」と説得する部長と、話がかみ合うわけもなく…。

しまいには「オレより少し早く生まれてきただけで威張らないでほしいね」と言い出すリュウ太…自由奔放すぎです。ちなみにこの自分ルールは、ADHDの特性というよりは、軽度の自閉スペクトラム症の特性からくるものではないかな~?と、母は思っています。

さらに、ADHDのリュウ太には「熱しやすく冷めやすい」という特性もあるので厄介です。テニス部に入ってみたものの、すぐ飽きてしまい、ヤル気がなくなっていたのでしょう。

中学2年生になる前にテニス部は退部してしまったし、部長も卒業してしまい、謝るきっかけも失ったまま約2年が経過していたのでした。

そんな時の火事場での再会…思いがけない場所、思いがけないシチュエーションで、逃げることもできない状態だったからか?「あのときはすいませんでした!」と頭を下げて謝ることができたのでした。

元部長の先輩は、リュウ太のことを覚えていたようですが、テニス部時代のことを引きずることなく、謝罪を受け入れてくれたそうです。

思いがけない出来事がきっかけで、心のしこりを解消

火事場のバカ正直!犬猿の仲の先輩と遭遇したADHD息子が、思わずとった行動とは…!?の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
帰宅した息子は興奮していてガタガタ震えていましたが、この出来事を細かく話してくれました。

火事にいち早く気づき、偶然再会した先輩と力を合わせて消防を呼べたこと。それが、実はずっとしこりになっていた先輩との確執を解消するきっかけとなったこと…。

この子が自分から謝ることができるなんて!実は「ひどくナマイキなことを言っちゃったな」と反省する気持ちが芽生えていたなんて。びっくりするようなエピソードでしたが、リュウ太の心の成長を感じることができました。

後日、ママ友から「あの火事のときにリュウ太くん見かけたけど、歩き方が変だったよ。大丈夫だった?」と心配の電話をもらいました。恐怖で緊張したからか?ロボットダンスのようだったそうです。パニックになりながらも、通報できたり謝れたりしたのだなぁと、改めて感心した母なのでした。
ADHD息子と仲間たち、「ゲームお泊まり会」でバカ騒ぎ!でも、両親大歓迎の理由とは?のタイトル画像
関連記事
ADHD息子と仲間たち、「ゲームお泊まり会」でバカ騒ぎ!でも、両親大歓迎の理由とは?
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像
関連記事
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。