特別支援学級に通い始めた娘。両親の不安を「ここなら成長できる!」に変えた先生の対応とは

特別支援学級に通い始めた娘。両親の不安を「ここなら成長できる!」に変えた先生の対応とはのタイトル画像

2年生から支援学級に在籍することになった娘。春からの環境に慣れるため、1年生のうちから支援学級に通うことになりました。どんな授業のやり方なのだろうか…気になった私は、先生に見学をお願いし、支援学級の授業の様子を見に行きました。

そこで見たのは、娘の思いがけない表情だったのです。

E590d403 5b6d 4b7c a6e1 1a9ffeda0037 s
50153 View

広汎性発達障害の娘が特別支援学級に通い始めた!

小学校入学後に通常学級が合わなくなってきて、2年生からの特別支援学級への転籍が決定した娘。特別支援学級在籍のための手続きが無事終わったのは9月でした。あとは3月ごろ、教育委員会から最終決定の書面が届くのを待つのみとなりました。

そして特別支援学級の先生から提案され、翌月の10月から、娘は1日1時間だけ支援学級へ通い始めました。
特別支援学級に通い始めた娘。両親の不安を「ここなら成長できる!」に変えた先生の対応とはの画像
Upload By SAKURA
娘は、支援学級に行くことをすんなり受け入れてくれました。

娘は「楽しい!」と言ってるけど…実際どんな風に過ごしてる?

特別支援学級の慣らしが始まって、初日から「楽しい」という娘の言葉を聞くことはできたのですが、肝心の雰囲気、勉強のやり方、周りの様子など、特別支援学級での授業の様子が気になります。

ところが、娘に聞いてみたところ…
特別支援学級に通い始めた娘。両親の不安を「ここなら成長できる!」に変えた先生の対応とはの画像
Upload By SAKURA
すぐに、担任の先生、特別支援学級の先生にお願いしましたが、授業参観やそれ以外の都合がなかなか合わず…

年が明けた1月、やっと念願の見学できることになったのです。

特別支援学級での国語の授業を見学

見学する授業の教科は選ぶことができたので、私たちは娘が苦手とする、国語の授業を見学することにしました。

娘が座る机の前に、特別支援学級の先生が座り、家庭教師のような状態。本読みする時は、先生がそばにいてくれるようです。
特別支援学級に通い始めた娘。両親の不安を「ここなら成長できる!」に変えた先生の対応とはの画像
Upload By SAKURA
娘が読むのに疲れ、集中が切れてしまったと感じると、深呼吸させたり、背伸びをさせたり、気分転換させてくれています!

選ぶことが難しい娘、先生の対応は…?

この日のメインは調べ物の授業。通常学級で後日やるお題選びを、特別支援学級で決めておく、というものでした。

娘は、選択が苦手。自分が興味のないことだとなおさら。とりあえずなんでもいいから決める、ということがなかなかできません。この時も、案の定、先生から『この中でどれにする?』と言われた娘は、なかなか選ぶことができません。
特別支援学級に通い始めた娘。両親の不安を「ここなら成長できる!」に変えた先生の対応とはの画像
Upload By SAKURA
親としては、見ていてなんとも歯がゆい感じ。

娘は、「ちょっと考える…」と言ったままフリーズ。しかし、先生は娘を焦らせることなく待ちます。「どうするのかな」と思いながら見ていると、しばらく待った先生はお題の中から2つ取り、娘に聞きました。
特別支援学級に通い始めた娘。両親の不安を「ここなら成長できる!」に変えた先生の対応とはの画像
Upload By SAKURA
常に先生は娘に二択から選択させました。二択になった娘はすんなり決めることができ、最後に残った一つにお題が決まりました。

これなら娘も選びやすい!

娘に合わせる特別支援学級のやり方に感激!

娘に合わせてくれたこのやり方に、私は感動!

特別支援学級という場所で、本当に娘に合った方法を取ってくれるのかと、不安だった私ですが、見学をしたことで、私の不安は一気に吹き飛ばされました。

ここでいい!いや…

ここがいい!ここで学んだら、娘も伸びるかもしれない!
特別支援学級に通い始めた娘。両親の不安を「ここなら成長できる!」に変えた先生の対応とはの画像
Upload By SAKURA
不安が希望に変わりました。

娘は2年生から、この特別支援学級に在籍し、国語・算数の授業のみ、特別支援学級で受けています。そして、特別支援学級の担任は、見学の時に担当してくれた先生です。

特別支援学級の担任と通常学級の担任の連携も取ってくれ、連絡もこまめに取ってくれます。

一年生の時あんなに迷った進級先でしたが、私の選択は、今のところいい方向に行った気がしています。娘が笑顔で学校生活を送れるように、私も引き続きサポートして行きたいと思います。
「うちの子のためだけじゃない!」後に続く親子のために、あえてパパが学校に伝えたことのタイトル画像
関連記事
「うちの子のためだけじゃない!」後に続く親子のために、あえてパパが学校に伝えたこと
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。