読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?

ライター:SAKURA

本を読むことが苦手だった、広汎性発達障害の娘。毎日、本を読んで聞かせることで、図書館で本を借りてくる習慣ができました。そして、娘と私たち家族にとって、嬉しい出来事があったのです!

きっかけは「苦手な音読をなんとかしたい!」

小学一年生の頃、音読が苦手だった、広汎性発達障害の娘。
読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?の画像
Upload By SAKURA
音読が苦手な娘に嬉しい変化!続けてよかった親子の習慣とはのタイトル画像

音読が苦手な娘に嬉しい変化!続けてよかった親子の習慣とは

本を読むということに興味を持ってもらうため、寝る前に好きな本を読んであげるのが日課となりました。娘は、だんだんと自分でも本を読むようになり、音読に対して苦手意識はすっかりなくなりました。
読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?の画像
Upload By SAKURA

娘が「多読賞」の賞状をもらってきた!?

毎日毎日、真面目に学校の図書室で本を借りて来ていた娘は、1年生の時、各学年でたくさん本を読んだ人がもらえる『多読賞』で、賞状をもらってきたのです!
読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?の画像
Upload By SAKURA
いつもみんなより遅かったり、みんなよりできないことが多い娘にとって、賞状は「みんなより頑張った」という証。娘の自信に繋がり、自分から「また賞状欲しいから、頑張る!」と言うようになりました。私たち親にとっても、とてもうれしい賞だったのです。

今も続く読書の習慣。最近の嬉しい成長は

多読賞をもらった娘は、前よりもさらに意欲的に本を借りてくるようになりました。小学2年生になった今も、寝る前に好きな本を読んであげる日課は、続いています。

娘は毎日、学校の図書室で2~3冊本を借りてきます。自分でも読める短い本、私たちに読んで欲しい本、弟が喜びそうな本を選んできてくれます。最近では、夜の本読みタイムには、父も弟も加わり、にぎやかになりました。
読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?の画像
Upload By SAKURA
読み方もスムーズになった娘ですが、他にもうれしい成長がありました。
読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?の画像
Upload By SAKURA
毎日毎日本を読んでいるうちに、娘は読み終わった後、本の感想を言うようになったのです。

私は娘が、ただ字を追って読み上げていると思っていたのですが、いつの間にか、読みながら、ちゃんと内容を理解できるようになっていたのです。娘らしい優しさ溢れるその感想に、私たちは癒されています。
次ページ「苦手が多いけれど、成長を見せてくれる娘を信じて」


バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。