発達障害がある子に寄り添うヒントがギュッ!関わり方や支援の仕方を知ることができる4冊を紹介

発達障害がある子に寄り添うヒントがギュッ!関わり方や支援の仕方を知ることができる4冊を紹介のタイトル画像

発達障害の子は、その保護者は、親子に寄り添う支援者は何を思っている?―─お互いのことを知ることで、自分を見つめ直せたり、気持ちが楽になったり、前向きになれるかもしれません。自閉症の女の子と家族の物語を描いたコミックや、年間100回以上の講演を行う支援者が伝えたいメッセージ、同じことを繰り返してしまう子どもへの声かけのヒントなどさまざまな書籍が発売されています。さらに全国各地の保護者や職員の声から療育を知り、考える新刊など4冊をピックアップして紹介します!

発達ナビBOOKガイド
13515 View

自閉症のある子を育てる作者が描く家族の物語『ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~』

自閉症の女の子・「ムーちゃん」こと伊藤睦ちゃんと、その家族の物語を描いたコミックの1巻です。

「ほかの子よりちょっと成長が遅いのかな」という思いが「わが子は自閉症かもしれない」となったときの不安やつらさ、それでもムーちゃんを愛さずにはいられない家族の温かい姿が描かれています。

両親や祖母らの細やかな感情の描写は、作者のみなと鈴さんも自閉症のある子さんを育てるお母さんだからこそ表現できるものかもしれません。

コミックではありますが、知的障害やチック症など、物語の中で出てくるキーワードなどについて、解説してくれる「ムーちゃん通信」のページもあります。ムーちゃんの成長を通して、自閉症について理解を深めながら読むことができます。(発行: 2018/11/25)
ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~
みなと 鈴 (著)
秋田書店

言葉の掛け方のコツを解説!『発達障害の子の遂行機能「何度言ったらわかるの?」を「できた!」に変える上手な伝え方』

発達障害の困りごとには、「遂行機能(実行機能)」が大きく関わっていると言われます。臨床心理士として発達支援に携わってきた本多和子さんが、遂行機能に注目して「なかなか取りかかれない」「取りかかっても終わらない」といった子どもの困難にどう対応したらいいか、サポートの工夫を解説してくれています。

遂行機能は、物事を成し遂げるための能力のことです。食事をしたり、歯を磨いたりする作業から、時間内に終わらせるために何からどうやって取りかかるかを考えたりする場面などに関わります。

何度言っても、同じことを繰り返してしまう子どもを、怒ってばかりでつらい気持ちになってしまう保護者の方もいるかもしれません。子どもがうまくできない理由や、ちょっとした声掛けのコツなどがわかることは、前向きに親子の時間を過ごせるきっかけになりそうです。(発行: 2018/12/04)
発達障害の子の遂行機能「何度言ったらわかるの?」を「できた! 」に変える上手な伝え方
本多 和子 (著)
学研プラス

知りたいことは立場によってきっと違うから…。一人ひとりの背中を押す『ライブ講義 高山恵子I 特性とともに幸せに生きる』

発達障害の当事者であり、ADHDのある人の支援などに取り組むNPO法人えじそんくらぶ代表の高山恵子さんの著書です。高山さんは、心理学・薬学・教育学を学んだ支援者として、全国各地で発達障害の支援について講演しています。この本は、これまでの講演をもとにまとめられました。

講演では、当事者、支援者、保護者、パートナーといった立場の人が、診断名にとらわれず、特性の理解と幸せになるために大切なことを見つけるためのお話を意識されているそうです。

この本も各章が「親御さんへ」「支援者の人たちへ」などに分かれ、それぞれの人に寄り添う眼差しが反映されています。自分が知りたいことを見つけやすかったり、ほかの人が困っていることに気づいて、課題を共有したりするのにも役立ちそうです。高山さんが具体的にどう考え、何をしたらいいのかを丁寧にアドバイスしてくれています。(発行: 2018/11/21)
ライブ講義 高山恵子I 特性とともに幸せに生きる
高山 恵子 (著)
岩崎学術出版社

各地の事例、体験を保護者や事業所・自治体職員が紹介。『療育って何? 親子に笑顔を届けて』

この本では、専門家が療育について解説するだけではなく、さまざまな立場の人が手記を寄せています。例えば、実際に療育を利用した子の保護者や、支援に携わる理学療法士・作業療法士といった職員たちです。

3歳までの親子支援の取り組み、児童発達支援事業と保育所との移行支援、そして就学に向けた支援についても、実際の事例がまとめられています。いずれも現場をよく知る事業所の職員などによって地域の事情も踏まえながら、紹介されているので、自分が住んでいる地域以外のことを知りたいという人の参考になりそうです。

これまで行われてきた療育、そして今必要とされている支援、これからについて、それぞれの人たちの思いを知ることができます。支援が必要な子やその家族が地域で安心して生活を送るために、関係者の連携のあり方など考えさせられます。(発行: 2018/11/10)
療育って何? 親子に笑顔を届けて
近藤 直子 (著), 全国発達支援通園事業連絡協議会 (著)
クリエイツかもがわ
知ることで豊かに生きる第一歩を。秋の新刊5冊を紹介!のタイトル画像

関連記事

知ることで豊かに生きる第一歩を。秋の新刊5冊を紹介!

「障害者週間」関連のイベントや、啓発にもつながるLINEスタンプの発売。支援も理解も、「知る」ことから始まる!のタイトル画像

関連記事

「障害者週間」関連のイベントや、啓発にもつながるLINEスタンプの発売。支援も理解も、「知る」ことから始まる!

障害がある子どもたちに、アニマルセラピーの機会を!千葉県の放課後等デイサービス・ 南房総白浜デイサポート 菜の花牧場のタイトル画像

関連記事

障害がある子どもたちに、アニマルセラピーの機会を!千葉県の放課後等デイサービス・ 南房総白浜デイサポート 菜の花牧場

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。