アート、動物園から学びの情報まで!この季節にぴったりのイベントや、専門家によるセミナーをご紹介

アート、動物園から学びの情報まで!この季節にぴったりのイベントや、専門家によるセミナーをご紹介のタイトル画像

【5月のニュース】今年のゴールデンウィークは10連休という方も多いのではないでしょうか。環境の変化が多い4月から、少しずつ慣れてくる一方で疲れの出てくる時期でもあります。リフレッシュしながら過ごせると良いですね。今月のニュースでは、気候が良くなってくるこの時期のお出かけ情報や、専門家の話が聞ける毎年人気のセミナーの申し込み情報をお届けします!

発達ナビニュースのアイコン
発達ナビニュース
5527 View

【イベント】大きな紙に思いっきりペイント!横須賀美術館 障害児者向けワークショップ「みんなのアトリエ」(神奈川県)

アート、動物園から学びの情報まで!この季節にぴったりのイベントや、専門家によるセミナーをご紹介の画像
Upload By 発達ナビニュース
横須賀美術館では、20歳以下の障害児者を対象に、障害児者向けワークショップ「みんなのアトリエ」を毎月第3土曜日に開催しています。このワークショップでは、障害の種類や程度にかかわらず、みんなでアートを体験することができます。

毎月行われているワークショップですが、19年5月の活動内容は「みんなで大きな絵を描こう」。アクリル絵の具をつかって、10mの長さのロール紙に自由に絵を描きます。筆を使っても、身体に絵の具がついても平気なお子さまは手足を使ってもOK!自宅ではなかなか体験できない大胆な創作活動を思いっきり楽しむことができます。

活動は事前申し込み制で、応募多数の場合は抽選となりますが、6月以降も毎月内容を変えながら開催予定。今後の活動内容もホームページにて確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

なお、この活動にはきょうだいや保護者も一緒に参加することができます。また当日は企画展「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」の開催期間となっているので、家族で訪れて、アートに触れる一日を楽しむことができますね。

【日程】2019年5月18日(土)14:00~15:00(1時間程度)
【内容】みんなで大きな絵を描こう
【場所】横須賀美術館ワークショップ(神奈川県横須賀市鴨居4-1)
【定員】10組程度
【参加費】無料
【参加方法】ハガキもしくはメールによる事前申込制。締切は活動の10日前。申し込み方法などの詳細はホームページをご確認ください。

【セミナー】今年も開催!2019年夏のセミナー「自閉症スペクトラムの理解と支援」(東京都)

アート、動物園から学びの情報まで!この季節にぴったりのイベントや、専門家によるセミナーをご紹介の画像
Upload By 発達ナビニュース
自閉症スペクトラムのある人たちが日々を安心して過ごせるように、そして自己肯定感をもって有意義な人生を送れるように。よこはま発達クリニックとよこはま発達相談室が毎年行っている夏のセミナー「自閉症スペクトラムの理解と支援」が今年も開催されます。

セミナーは3日間にわたり開催されます。内容はそれぞれ、2日(金)『改めて基本特性から考える:理解と評価』、3日(土)『支援の原則と実際:構造化とコミュニケーション支援』、4日(日)『問題行動とそれへの対応』と、自閉症スペクトラムの基本特性を踏まえた支援や関わり方のアイディアから、問題行動への対応方法までを総合的に学べる内容になっています。

講義は児童精神科医や公認心理師、言語聴覚士等が講師として行います。専門家から話が聞ける貴重な3日間。保護者、現在療育や支援に関わっている方はもちろん、これから発達障害の領域で仕事をしたいと思っている方も参加できます。

【日程】2019年8月2日(金),3日(土),4日(日) 10:00-16:45
【会場】AP東京八重洲通り 東京都中央区京橋1-10-7 KPP八重洲ビル
【対象】保護者、実際に療育・支援に携わっている方、発達障害の領域で仕事をしたいと思っている学生などどなたでも
【費用】各日10,000円(税込)※賛助会員の方は合計金額から2000円割引
【定員】120名(先着順)
【お問い合わせ先】一般社団法人発達精神医学・心理学研究会セミナールーム seminar@ypdc.net

【イベント】障害のあるお子さんとそのご家族をご招待!井の頭自然文化園「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」(東京都)

アート、動物園から学びの情報まで!この季節にぴったりのイベントや、専門家によるセミナーをご紹介の画像
Upload By 発達ナビニュース
2019年6月8日(土)、東京の井の頭自然文化園で閉園後の時間に「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」が開催されます!ドリームナイト・アット・ザ・ズーとは、障害のあるお子さんとそのご家族を閉園後の動物園に招待し、 楽しいひとときを過ごしてもらう趣旨で開催されている国際的な取り組みで、1996年にオランダのロッテルダム動物園から始まり、現在では世界中で実施されています。

井の頭自然文化園では当日、特別ガイド「飼育係にきいてみよう」、ヒツジと一緒に記念撮影、いろいろな動物たちに大接近、フェネックの着ぐるみと記念撮影など、さまざまな企画を実施します。視覚障害者向けプログラムや、聴覚障害者への手話対応なども行われるので、いつも以上に動物園を楽しむことができますね。

【日時】2019年6月8日(土) 17:30~19:30
【場所】井の頭自然文化園 動物園(本園)
【対象】「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」「小児慢性特定疾病の受給者証」をお持ちの方とそのご家族 ※申請中の方を含みます。
【参加方法】事前申込不要 ※手話対応をご希望の方は、5月8日(水)までにご連絡ください。
【問い合わせ】井の頭自然文化園 教育普及係(9時~17時) 電話:0422-46-1100 FAX:0422-46-1906 Eメール:idream@tokyo-zoo.net

【ニュース】日本各地でさまざまなイベントも開催!5月5日から11日は「児童福祉週間」

厚生労働省が定める児童福祉週間についてご存知でしょうか。子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を児童福祉週間と定めています。

子どもたち自身が理想の社会や新しい未来を築く取り組みを進めていくことや、それを応援する環境を整備していくことも大切だという考えのもと、子どもたちから事前に児童福祉週間の標語を募集するなど、子どもも大人もいっしょに児童福祉について考える機会となっています。

児童福祉週間の期間中に行われる運動には、「障害のある子ども等に対する理解の促進」も項目として含まれており、「障害のある子ども等に対する地域住民一人ひとりの理解を促進するとともに、障害のある子どもも障害のない子どもも日々の生活や遊びを通じて、共に育ち合うことが大切であり、障害のある子ども等があらゆる活動に参加できるように努める」と実施要領に記されています。

期間中には、全国各地の国営公園等の入園が無料になるほか、各地でさまざまな子ども向けイベントが行われるので、近隣の情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。
2019年夏『自閉症スペクトラムの理解と支援』セミナー開催に寄せて――児童精神科医・内山登紀夫先生のタイトル画像

関連記事

2019年夏『自閉症スペクトラムの理解と支援』セミナー開催に寄せて――児童精神科医・内山登紀夫先生

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

関連記事

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達ナビニュース さんが書いた記事

発達障害フレンドリーなサッカー観戦、霞が関おしごと体験、震災時の障害者支援がテーマの映画など――夏休みのお出かけや自由研究にも!?ぴったりのイベント情報をお届けのタイトル画像

発達障害フレンドリーなサッカー観戦、霞が関おしごと体験、震災時の障害者支援がテーマの映画など――夏休みのお出かけや自由研究にも!?ぴったりのイベント情報をお届け

いよいよ夏休みが始まりますね。長い夏休み、何をして過ごしたらいいのか悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。今月のニュースでは、映画上映...
発達障害のこと
8024 view
2019/07/11 更新
ディスレクシア支援、当事者が参加する催し、プログラミング教室などイベントがずらり――新しい発見や学びにでかけようのタイトル画像

ディスレクシア支援、当事者が参加する催し、プログラミング教室などイベントがずらり――新しい発見や学びにでかけよう

【6月の発達障害ニュース】ゴールデンウィークの大型連休から日常生活に戻り、少しずつ生活が落ち着き始める時期でしょうか。 雨の季節は、調子...
発達障害のこと
11636 view
2019/06/13 更新
イラストやデザインの力で、障害のない社会へ――。「ろってちゃん」がモチーフの車いすワッペンや、「風景」をテーマにした美術展、チャリティTシャツまで!のタイトル画像

イラストやデザインの力で、障害のない社会へ――。「ろってちゃん」がモチーフの車いすワッペンや、「風景」をテーマにした美術展、チャリティTシャツまで!

【4月の発達障害ニュース】今回のニュースでは、子ども用車いすへの理解を促進するディック・ブルーナのキャラクター「ろってちゃん」をモチーフに...
発達障害のこと
5227 view
2019/04/16 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。