重ね着もシャツインも苦手!感覚過敏なASD息子のために、母が買いそろえているものとは…!?

2020/02/05 更新
重ね着もシャツインも苦手!感覚過敏なASD息子のために、母が買いそろえているものとは…!?のタイトル画像

まだまだ朝は冷え込むことも多いこの季節。息子のコウには重ね着で暖かく過ごしてほしいと思っているのですが、どうも彼はその”重ね着”が苦手なようです。

「苦手」さの理由には、感覚過敏による違和感だけでなく、もうひとつ問題があって…

丸山さとこさんのアイコン
丸山さとこ
12422 View

今日は寒い?暖かい?重ね着で調節したい季節だけど…

朝家を出て1分後、手袋を取りに戻ってくるコウ。
Upload By 丸山さとこ
まだまだ寒さの続く2月ですが、日差しは日に日に暖かさを増してきました。風の少ない日は日向にいればポカポカと暖かいこともあります。

息子の話によれば、朝の登校時はキーンと冷えていても日中の教室は暑い日もあるようなので、「今日はこれでいいの?暑すぎ?寒すぎ?」と衣類の用意に迷うこの頃です。
朝は寒くても教室内は?
Upload By 丸山さとこ
暑さ寒さを自覚しにくいコウとはいえ、汗をかけば「あっつい!」と言って服を脱ぐことはあります。一日の中での寒暖差が激しい季節の変わり目には重ね着をして対応するようにしています。

ですが、”重ね着”はどうやらコウにとっては難しく苦手なもののようでした。

いくつかある重ね着の「苦手」。ひとつは"布がよれる"こと!

「ソデがねじれてる…」
Upload By 丸山さとこ
「これなら快適!」
Upload By 丸山さとこ
苦手なポイントの一つは、重ね着によって起こる違和感です。

「もこもこ感」や「布がよれる感じ」が苦手なコウ。重ね着によって腕周りの布がよれるのが特に気になるようなので、上着は裏地がツルツルしているものか腕周りに余裕のあるものを選ぶようにしています。
布地が擦れにくい上着であれば、シャツやトレーナーの袖口をつかんで上着を着るようにすることで袖が巻き上がったりねじれたりするのを防ぐことができます。

インナーは「なんか違和感がある…」

「タンクトップならいいよ!」
Upload By 丸山さとこ
冬でもインナーは袖のないものしか着れないコウ。なぜ着れないのか聞くと、「もぞもぞして…なんか違和感がある」と言います。シャツやトレーナーに比べてインナーはタイトな作りのものが多いため、シワやよれができやすい上に”まとわりつく感じ”があって、どうにもダメなようです。

半袖のインナーを着ても「肩がモゾモゾする~!」と言うコウは、氷が張るような寒い日もインナーは頑なにタンクトップオンリーです。そんな彼が少しでも暖かく過ごせるように、冬は毎日裏起毛のトレーナーを着ています。

裏起毛の服は肌が乾燥していると刺激があるようなので、クリームなどで保湿を心掛けるようにしています。

はみ出てしまう“インナーすそ問題”

「完璧!」「すそが出てる!」
Upload By 丸山さとこ
感覚以外にも、コウには重ね着に対してもうひとつ「苦手」があります。それは…インナーのすそをボトムの中にしまうこと!

園児の頃は目立たなかったそれも、小学生になると、それこそ”違和感のある”光景になってきました。

「”重ね着によるモゾモゾの違和感”だけではなく”インナーが出ている見た目の違和感”にも気を配ってくれ…!」という母の願いもどこ吹く風。コウ本人は何も気にしていないようで、「気がついたら出ちゃってるんだよねー」とニコニコしながらタンクトップのすそを出しっぱなしにしています。
学校用はこい色、自宅用は白色のタンクトップ
Upload By 丸山さとこ
「学校でインナーのすそが出ていても、せめて目立たないように!」と思い、ネイビーやカーキなどの”濃い色のインナー”を学校用にしています。ホワイトやグレーなどの淡い色のインナーはすそのはみ出しが目立つので、家庭では気付きやすくて丁度いいかな?と思っています。
タンクトップ出てないね!とほめている様子
Upload By 丸山さとこ
一応「タンクトップしまってー」と言えば「あ、出てるね!」としまってくれるので、頻繁になり過ぎないよう気を付けながら時々指摘しています。最近では、たまーに「今日はタンクトップ出てないね!バッチリしまっているね!」と言える日も見られるようになりました。

今後、少しずつでも「しまってある日」が増えることを願いながら、今日も濃い色のタンクトップを用意する私でした。
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

丸山さとこ さんが書いた記事

無関心、一人遊び、ブリッジで怒り表現...?小5ASD息子が放課後に友達と遊べるようになるまで。「こんなとき、どうする?」を親子で具体的にシミュレーションのタイトル画像

無関心、一人遊び、ブリッジで怒り表現...?小5ASD息子が放課後に友達と遊べるようになるまで。「こんなとき、どうする?」を親子で具体的にシミュレーション

コミュニケーションが苦手ではあるものの人と過ごすことも大好きなコウは、自分なりのペースで友人関係を築いているようで、授業後に友人と遊ぶこと...
遊び・お出かけ
2124 view
2020/09/08 更新
父と母の役割分担で「宿題問題」に対処!ASDコウの、忘れ物をして「パニック」から「嘘をつく」成長に、親も四苦八苦のタイトル画像

父と母の役割分担で「宿題問題」に対処!ASDコウの、忘れ物をして「パニック」から「嘘をつく」成長に、親も四苦八苦

“新入生はまだ小学校に不慣れだから”ということで手厚いバックアップがあった1年生でしたが、2年生ではそうもいきません。 「1年生の時より...
進学・学校生活
10130 view
2020/08/24 更新
ASD息子の特性の変遷――並べる、クレーン、オウム返し。「ASDあるある」が目立つが対応しやすかった頃【幼児期~1年生編】のタイトル画像

ASD息子の特性の変遷――並べる、クレーン、オウム返し。「ASDあるある」が目立つが対応しやすかった頃【幼児期~1年生編】

ASDとADHDの診断を受けているコウですが、成長に伴い特性の出方は少しずつ変わっているなと感じます。 保育園では集団行動から外れること...
発達障害のこと
22649 view
2020/08/07 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。