慣れない地で発達障害娘のワンオペ育児。孤独な私たちを救ったのは「お互いさま」の心だった――コロナ禍に思い出す15年前の日々、大変なときこそ恩を送りたい

2020/05/08 更新
慣れない地で発達障害娘のワンオペ育児。孤独な私たちを救ったのは「お互いさま」の心だった――コロナ禍に思い出す15年前の日々、大変なときこそ恩を送りたいのタイトル画像

コロナ禍で先行きが不透明な状況にストレスを抱えがちな昨今。
「見通しが立たないと不安が増す」「ルーチンが崩れるとパニックを起こす」「家の中でじっとしていることが難しい」などといった特性を持つお子さんの親御さんは、なおさら大変だと思います。

そんな今、私が思う事は…。

荒木まち子さんのアイコン
荒木まち子
7800 View

大好きな彼の地

以前のコラムでも書きましたが、私は娘が未就学時代を過ごした関西が大好きです。
【障害年金申請への道 最終話】子育て振り返りの旅も終わりに――15年前の発達検査報告書を見て感じた後悔と感謝。そして少しずつ親離れする二十歳の娘への想いのタイトル画像

関連記事

【障害年金申請への道 最終話】子育て振り返りの旅も終わりに――15年前の発達検査報告書を見て感じた後悔と感謝。そして少しずつ親離れする二十歳の娘への想い

主人の転勤に伴って初めて訪れた土地での初めての子育て(当然障害児育児も初めて)には、確かに様々な苦労がありました。

でも15年以上経った今も“出来たらまたあの土地に戻って暮らしたい”と思うほど、そこで出会った人たちは、皆温かく、私達親子に優しく接してくれました。

6年間過ごしたその土地での思い出。お昼ごはんに誘ってくれた近所のおばあさん

娘が3才~5才の頃、主人が単身赴任になり、私は自閉症の娘と二人きりで暮らしていました。

近くに親戚もいなかったので、週末は家族で過ごす親子が多い中、私と娘はいつも二人で公園で遊んでいました。遊ぶと言っても当時の娘はほとんど独り遊びしかせず、会話も十分にできませんでした。反応がなかったり、会話が一方通行な相手に話しかけ続けるのはとても虚しいものです。

そんなある日、近所に住む顔見知りのおばあさんが「うちにお昼ごはんを食べに来ない?」と声をかけてくれました。

おばあさんの「子どもが小さかった頃、私の夫も単身赴任してたのよ。うちには娘さんと同じ年頃の孫もいるし、一緒にお昼を食べましょうよ」との誘いに、私は(図々しすぎないかしら?)思いつつもお宅にお邪魔をしました。

娘とお孫さんが仲良く遊ぶことは当然ありませんでしたが、それでもおばあさんと同居している娘さん、お孫さんと一緒に食べた“ぶっかけそうめん”はとても美味しく、私はその味が今でも忘れられません。

またあるときは...ママ友たちが助けてくれて

娘のインフルエンザが私にうつり、娘と二人で寝込んでいたときには、幼稚園のママ友が食事を作って玄関先に届けてくれました。
子どものインフルエンザがうつり高熱で二人並んで寝込む様子
Upload By 荒木まち子
夕方に男の人の声で『外から見ているよ』といういたずら電話が何度もあったときには、「怖かったらうちに泊まりにおいで」と誘ってくれたママ友もいました。
娘が便器にトイレットペーパーを詰まらせ水が溢れてしまったときにはご近所のママ友がラバーカップを貸してくれました。
ご近所さんに借りたラバーカップを手にダッシュで自宅に戻る様子
Upload By 荒木まち子
次の転勤で関東に引越した後、東日本大震災が起こりました。

そのときは私からお願いしたわけでもないのに、幼稚園時代の友達が関西から水や食料を送ってきてくれました。どれも当時は入手困難なものだったので、とても有難く思いました。

その優しさは『土地柄』だけではなかった!

私はそれらの優しさやおおらかさはずっと関西という土地柄ゆえと思っていました。でも後にそれだけではないとわかりました。

私が暮らしていたのは阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた地域でした。

辛い経験したことがある人たちだからこそ、困っている人に対して自分ができる範囲で精いっぱい手助けをする精神が根付いている。そしてさらりと「困ったときはお互いさま」と言えるのだと気がついたのです。

今住んでいる地域でも広がった、困ったときの助け合い

東日本大震災の後、今住んでいる地域でもおむつやおしりふきなどが手に入りづらかった時期には、ママ友同士でシェアをしたり、ホームベーカリーを持っている人が手作りパンを配ったりとお互いに助け合いをしていました。

そして今

COVID-19が猛威を振るうなか、私達は様々な不便を強いられています。

小さい子どもや障害児・者がいる家庭、病気や介護が必要な人がいる家庭、妊婦や高齢者がいる家庭、受験生がいる家庭、収入が減った家庭、などなど、それぞれの悩みと苦労があると思います。

特例子会社に勤めて3年目の娘も、自粛要請の影響で出勤日数の調整が行われ自宅で過ごす時間が増えてきています。
数年かかってやっと定着した生活のリズムも乱れ始めています。

「自分が今できること」をして、恩を送りたい

もしかしたら今後、行政の支援や取り組みなどが鈍ってくることもあるかもしれません。

でも、もしもそうなったとしてもお互いに助け合いの気持ちを持って支え合いながらこの困難を乗りきることを願いながら、微力ながら私も「自分が今できること」をしていこうと思っています。

かつて私達親子を支え助けてくれた人たちに直接恩返しをすることはできないかもしれませんが、私も「困ったときはお互いさま」と笑顔で言える人になって、恩を送っていきたいです。

最後に

私が今このサイトを通してできることは自分の障害児育児体験談を書くことや、読んだ方のガス抜きになるような漫画を描くことぐらいしかありませんが、様々なストレスを抱える発達ナビユーザーの皆さんの「生き抜くための息抜き」のお手伝いが少しでもできたなら幸いです。
6人6色のカラフルレンジャー現る!特性が違えば、反応もそれぞれ...!?【荒木まち子オリジナル漫画連載開始】のタイトル画像

関連記事

6人6色のカラフルレンジャー現る!特性が違えば、反応もそれぞれ...!?【荒木まち子オリジナル漫画連載開始】

【早割でお得】専門家監修の特別支援教材が使い放題!個別相談やオンライン勉強会も。月々2,980円「発達ナビPLUS」申込開始!【5/15まで90%OFFキャンペーン】のタイトル画像

関連記事

【早割でお得】専門家監修の特別支援教材が使い放題!個別相談やオンライン勉強会も。月々2,980円「発達ナビPLUS」申込開始!【5/15まで90%OFFキャンペーン】

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

荒木まち子 さんが書いた記事

カラフルレンジャーの個性さく裂!?みんなで昆虫採集、それぞれの楽しみ方は...【荒木まち子オリジナル漫画第2話】のタイトル画像

カラフルレンジャーの個性さく裂!?みんなで昆虫採集、それぞれの楽しみ方は...【荒木まち子オリジナル漫画第2話】

6人6色、個性豊かなカラフルレンジャーが登場するオリジナル漫画第2話。レンジャーたちはレジャーの楽しみ方もそれぞれなようです。みんな揃って...
発達障害のこと
3702 view
2020/05/18 更新
6人6色のカラフルレンジャー現る!特性が違えば、反応もそれぞれ...!?【荒木まち子オリジナル漫画連載開始】のタイトル画像

6人6色のカラフルレンジャー現る!特性が違えば、反応もそれぞれ...!?【荒木まち子オリジナル漫画連載開始】

昨年の夏、タイムラインに載せたレンジャーが漫画になって再登場! 第一話ではレンジャーたちの特徴をご紹介します。他の人のお菓子を無断で食べた...
発達障害のこと
7525 view
2020/04/30 更新
【障害年金申請への道 最終話】子育て振り返りの旅も終わりに――15年前の発達検査報告書を見て感じた後悔と感謝。そして少しずつ親離れする二十歳の娘への想いのタイトル画像

【障害年金申請への道 最終話】子育て振り返りの旅も終わりに――15年前の発達検査報告書を見て感じた後悔と感謝。そして少しずつ親離れする二十歳の娘への想い

娘の障害年金申請手続きをしてきた中で、必要な書類を準備する際に連絡を取ったある施設。今回連絡をとったことで、15年ほど前の当時の状況を知る...
発達障害のこと
5185 view
2020/04/09 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。