家事によくある「物を運ぶ動作」が実は難しい?ASD息子の「できること」に合わせてスモールステップで練習中。嬉しい副産物も...!

2020/07/20 更新
家事によくある「物を運ぶ動作」が実は難しい?ASD息子の「できること」に合わせてスモールステップで練習中。嬉しい副産物も...!のタイトル画像

生活している限り発生し続ける“家事”という身近な作業は、子どもの内は「お手伝いをしてエライね」と褒められ、大人になれば突然「できて当たり前」になるスキルでもあります。

必ずしも自分で行えなくてはならないものではありませんが、子どもの頃から少しずつ関わっていくことで“自分の生活を支えている作業”に気付けたら良いかな?と考えています。

丸山さとこさんのアイコン
丸山さとこ
11679 View

“お手伝い”ではなく“家事の分担”として家事をすること

家事は「皆、各々ができることをする」というシステムの丸山家
Upload By 丸山さとこ
お手伝いというものをどう扱うかは、各家庭によって色々あるかと思います。我が家では「お手伝い」とは“親を手伝うこと”であるとしており、一般的にはお手伝いに分類されるであろう家事は「お手伝い」ではなく単なる「家事」として扱われます。

そのため、「お手伝いしていることがある」というよりは、「練習中の家事・担当している家事」があるという感じかもしれません。

(学校の課題としての“お手伝い”に家事が含まれていることはコウに説明しています)

生きている限り家事は現れる!

子どもの頃は「スゴイね」「エライね」と言われていたのに…?
Upload By 丸山さとこ

子どもの頃は「偉いね」でも、大人になったら「当たり前」に!?

子どもの頃は「する子もしない子もあり、できればした方が良いが、しないこともまた子どもらしい」とされる家事ですが、大人になると「必要性に迫られてすること」になるのも珍しくありません。

必ずしも自分で行わないといけないわけではなく、外注することもできますが、全てを外注するとなると費用もかさみます。

練習するなら今の内?

コウには“家事は生きている限り発生するものである”と説明した上で、「大人になった時に突然『大人なんだからできて当たり前』とされるのと、今の内から少しずつ練習しておくの、どっちがいい?」と聞きました。

「必要に迫られることで身が入ることもあるし、今の内からしておいた方が楽だとも言えるし、どっちもアリだと思う」と伝えると、コウは「僕は今の内から練習した方が楽なタイプだな」と答えたので、家事を少しずつ教えていくことになりました。

できることを少しずつ増やしていこう

「できたよ」とぐしゃぐしゃのタオルを渡されても、カゴ収納なら問題なし!
Upload By 丸山さとこ

家事はスモールステップで習得しやすい

家事という作業の良いところは、スモールステップで関わっていくことができるところかなと思います。

とはいえ、比較的簡単なタオルたたみであっても“布をつまんで畳む”という微細運動が苦手な場合は難しいだろうと思います。空間や布のボリュームを把握する必要もありますし、畳むことはできてもぐちゃぐちゃかもしれません。

けれど、ぐちゃぐちゃなタオルであっても使う上では問題ありません。もしそのままでは収納場所に入らないのであれば、問題を共有してから「一緒に練習しよう」と言うこともできますし、収納の仕方を変えることで対応することもできます。

“できること”に合わせていけばOK!

もしタオル畳みは簡単にできるのであれば、靴下や下着→ズボン→シャツと少しずつ畳むものを複雑にしていくこともできます。

もしそれらの物を畳むことがいつまでたっても難しかったとしても「自分の服はハンガーにかけて管理することもできるよ」という選択肢を提示することでプレッシャー無く取り組むことができました。

家事によくある“物を運ぶ動作”は、簡単なこと?

物を運ぶのが苦手なコウ。手に持っている物を傾けてしまったり、家具や壁にぶつかったり…。
Upload By 丸山さとこ

“手に持った物”と“動線”の両方を意識するのは難しかったコウ

コウは、食べ物を盛った食器や数冊積んだ本などを運ぶのが苦手な子でした。“手に持ったものを意識しながら歩く”ことが難しく、持っている物を意識すれば壁や家具にぶつかり、歩くことを意識すれば食器が傾いたり本を落としたりしてしまうのです。

食器が傾けば食べ物がこぼれますし、本を落とせば本や床が傷むため、コウもショックを受けたりパニックになったりします。

一度そうなるとコウのケアをしながら事後処理をすることになり、親の負担も増えがちです。
少しずつ「物を運ぶこと」が上達していくコウ
Upload By 丸山さとこ

タオルなら落としても安心!片付けも簡単!

ですが、タオルであれば落としても安全ですし、落ちたタオルをただ拾うだけでOKです。落ちた衝撃で畳んだタオルが開いたとしても、もう一度畳めば良いだけです。

それでもコウにとってはストレスになりますが、経験を重ねていく内に「落としても拾えば大丈夫なんだ」「開いちゃったけど、もう一回畳めばいいね」と思えるようになっていき、パニックにならずに対応できるようになりました。

一度に手に持って運べる量が分かってきたら、「これはカゴで運んだ方がいいな」「このくらいならカゴを使わなくてもいいな」と判断できるようにもなってきました。すごい進歩です。

家事をすることで、思わぬ副産物も?

「お母さん、タオル畳むの早くてキレイだね!」
Upload By 丸山さとこ
思わぬ副産物として、「お母さん、タオル畳むの早くて上手だね。流石だね」「お母さんは一度にたくさんタオルを運べて凄いね」と、私のことを褒めてくれるようにもなりました。

「そう?ありがとう」「コウも、きっとこれから上手になって、お母さんくらいできるようになると思うよ。もっと上手になっちゃうかも。」と言うと、「そうかなぁ」と言いながら嬉しそうにニコニコしています。

今の時間も将来の為の備えも、どちらも大事にしていきたいなと思いながら、時々一緒にタオルを畳んでいます。その時間が、コウにとってただ面倒なだけでなく、少しでも温かなものであったらうれしいなと思います。
「おかあさん、みえて」…?会話ができるようになっても難しい、言葉の使い分け。伝えたい気持ちは人一倍のASD息子を見守りながらのタイトル画像

関連記事

「おかあさん、みえて」…?会話ができるようになっても難しい、言葉の使い分け。伝えたい気持ちは人一倍のASD息子を見守りながら

セリフ集をもって学校へ!オウム返しだったASD息子との「言いたいことを伝える」ための会話練習とは?のタイトル画像

関連記事

セリフ集をもって学校へ!オウム返しだったASD息子との「言いたいことを伝える」ための会話練習とは?

保育園・幼稚園のちょっと気になる子
中川信子 (著)
ぶどう社
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

丸山さとこ さんが書いた記事

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害のタイトル画像

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害

幼児期のコウは”発達障害あるある”とされる行動をよくしていましたが、私は「発達障害がある可能性によるもの」とは考えずに「そういう性格なんだ...
発達障害のこと
9727 view
2021/11/18 更新
衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

ASD・ADHDの息子コウは、理屈では理解していることでも「ついやっちゃった」「何となく」と衝動性で動いてしまうことがしばしばあります。 ...
発達障害のこと
8952 view
2021/11/04 更新
ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくてのタイトル画像

ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくて

ゲームが大好きな息子のコウは、日々攻略本を読み込み動画サイトを視聴し、熱心に新しい技を練習しています。「動画撮ったよ!」とコウが自分のゲー...
遊び・お出かけ
13297 view
2021/10/20 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。