3年連続最下位の持久走大会。走ることが大嫌いなはずの娘が立てた目標と涙のワケ

2021/01/13 更新
3年連続最下位の持久走大会。走ることが大嫌いなはずの娘が立てた目標と涙のワケのタイトル画像

広汎性発達障害の娘(小4)は、走るのが苦手。小学校で行われる持久走大会は、毎年最下位。
毎年、練習から憂鬱になっていた娘ですが、今年はなぜか、ひと味違いました!

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
7369 View

持久走大会が苦手な娘。

広汎性発達障害の娘は、幼稚園のころから走るのが苦手です。

速く走ることも苦手ですが、長い距離走ることも大嫌い。小学生になってから、毎年のイベントである持久走大会では、毎回練習だけで憂鬱な気分になるようでした。
持久走練習のつらさを父に訴える娘あーさん。
Upload By SAKURA
私たちも毎回、「ちゃんと最後まで走れるだろうか」と、胃がキリキリする思いで見守ってきました。

持久走大会も今回で4回目。

学年ごとに少しずつ距離が増えていくシステムで、1年生と2年生は距離も短くなんとか完走してきましたが、3年生は「完走できないのでは!?」と思うくらいギリギリの走りでした。
母は、今年は持久走を走りきれるだろうかと心配する。
Upload By SAKURA

始まった持久走大会の練習。

そして、今年度もやってきた持久走大会の練習。

しかし、今年の娘は違いました。
母が持久走大会の練習について尋ねると、あーさんは「楽しいよ!」と答える。
Upload By SAKURA
毎年、練習であんなにひーひー言っていたのに...
そんな娘の口から、『楽しい』という言葉が出るなんて!

娘の目標は…

私たちは、毎年娘が完走することしか考えておらず、娘がいつも一番最後にゴールすることを指摘したことはなかったのですが…
母が「最後まで走ってくれればそれでいい」と伝えると、あーさんは「一番になりたい」「練習のとき、前の人を抜かそうと思って走るのに、全然追いつけない」と話す。
Upload By SAKURA
今まで、練習のきつさばかり言っていた娘から出た言葉とは思えないぐらい、前向きな発言でした。
「最後まで頑張ればマイペースでいいんだよ」と母に言われ、「マイペースを目標にする」と答えるあーさん。
Upload By SAKURA
目標を高く持つのはすばらしいことですが、娘の場合、目標通りにいかなかったときにパニックを起こすことがあります

学校でそうなるのは避けたいと思った私は、自分なりの目標でいいと話しました。

それから娘は『今日も最後まで頑張ったよ。マイペースに走ったよ!』と、練習の報告をしてくれるようになりました。

楽しみにしていた、持久走大会当日!しかし…

そして、ついにやってきた持久走大会の当日

応援に行くね~!と見送ったのですが、天気が悪くなり、運動場の地面の状態が悪いことから、持久走大会は延期になりました。
「悪天候のため持久走大会は延期」という連絡を受け取る母。
Upload By SAKURA
帰宅した娘に、「今日、持久走大会なかったね。」と声をかけると…
帰宅した娘が、持久走大会が延期になったことで「泣いちゃったの」と話す。
Upload By SAKURA
持久走大会の延期が原因で、泣いてしまったというのです。

突然の延期!そのとき娘は…

娘の話と、先生の連絡帳から整理した話はこうでした。

持久走大会の準備で、体操服に着替えていた子どもたち。

そこへ先生がやってきて、持久走大会がないことが伝えられました。
持久走大会のために体操服に着替えていると、先生が入ってきて「今日は持久走大会はありません」と伝える。それを聞いてあーさんは泣き出す。
Upload By SAKURA
半分着替えていた娘は、みんなの前で号泣。

通常学級の先生は、突然泣き出した娘に驚いたそうです。おそらく娘は、あると思っていた持久走大会がなくなった...突然の予定変更にパニックを起こしたのでしょう。

結局、持久走大会がなくなったことで、娘は通常授業を受けるため特別支援学級に移動。そこでも泣いていた娘に、特別支援学級の担任の先生から、延期になったことを説明され、ようやく泣き止んだそうです。
特別支援学級の先生が、持久走大会が延期になったことを説明すると、あーさんは納得する。
Upload By SAKURA
後日、持久走大会は行われ、娘は目標通りマイペースに完走してくれました
後日行われた持久走大会で、完走するあーさん。
Upload By SAKURA

他からはわかりにくい、娘の成長。

毎年、きつくて練習を嫌がるんじゃないか...完走できるか...走りながら泣かないか...いろいろな心配をしていたのですが、今回はそのへんの心配は必要ありませんでした。

3年生まであんなに走ることを嫌がっていた娘が、なぜ今回はこんなに前向きになれたのでしょう
走ること自体、好きにはなっていませんし、体力も走りを見た感じ、特別ついてはいません(笑)
なぜ今年の持久走大会はやる気があったのか尋ねる母。あーさんは「ただ頑張ろうかなと思っただけ」と答える。
Upload By SAKURA
私が思うに、何事にも「やだなー」から入ってたところが、「がんばるぞー!」に変わったところが大きいと思います。
姿勢が前向きになったのかな?と感じます。
順位は4年連続最下位ですし、走るのが速くなったというような目に見えてわかる大きな変化ではありませんが、私は、娘の劇的な成長だと感じました。

前向きに頑張ろうと張り切るその姿に感動したのですが、その代わり、予想外のところで泣いてしまった娘。

しかし、それもやる気の現れ!

当日天気が微妙だったときは「今日はないかもしれないよ」という声かけをした方がいいと、私も一つ勉強になりました。

のんびりマイペースな娘は、ゆっくりではありますが、一歩一歩進んでいます。5年生はどんな成長を見せてくれるのでしょうか。他の子と比べず、自分の中の目標を少しずつクリアしていってほしいと思っています。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column

このコラムをかいた人の著書

うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?のタイトル画像

関連記事

発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?

春から5年生になる娘、今年の目標は?心理テストを真に受ける娘がかわいい!のタイトル画像

関連記事

春から5年生になる娘、今年の目標は?心理テストを真に受ける娘がかわいい!

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。